×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

【2021年最新版】20代旅行好き女子が選ぶ!大注目の高知おすすめ観光スポット5選★

タイトル画像

高知に行ってみたいな~だけど、どこにいけば楽しめるんだろう...。
高知といえば、『高知城・はりまや橋・ひろめ市場』などなど...
有名な観光スポットにももちろん行くけど、他にもきれいな場所やあまり知られていない場所ないのかな~そんな風に思っているあなた!

「どこに行ったの~?おしえて~✧˖°」と、友達に聞かれること間違いなし!!

20代女子、とにかく旅行に行くのが好きな私が、写真映え抜群!楽しさ満点!最新おすすめの高知観光スポットをご紹介しちゃいます♪

1. まるで海の上!?絶景レストラン「SEA HOUSE」

高知県絶景レストラン/seahouse

国道55号線を太平洋沿いに運転していると、突如現れる謎の四角い建物。
ガラス張りで、崖から飛びだすように設計されたこの四角い建物が「SEA HOUSE」。

一見、なにかのアート作品かと思わせるような素敵な建物ですが、レストランの中に入るとこれまたビックリ!!!

高知県絶景レストラン/seahouse店内イメージ

「きれぇぇ~い°˖✧♪」

ガラス張りの建物からは、180度の青空とオーシャンビュー!!
テンションが上がり、「キレイ!キレイ!」と連呼しながら、注文をする前に写真をたくさん撮っちゃいました...(笑)

料理はパスタ・ハンバーグ・オムライスなどの洋食から、唐揚げ御膳など高知のお米をつかったお料理が楽しめます♪

グルメサイト「食べログ」では星3.4と評価も高め!
それまで海を眺めていた私ですが、注文した料理が出てきてからは景色を見ることなく、もぐもぐ食べ続けました(笑)
味もGOODで文句なし!美味しく頂きました~♡
※食べログ評価は2021年2月現在の情報です。

私はランチで訪れましたが、かわいいパンケーキやフレンチトーストもあり、カフェ利用も◎!
おしゃれな料理と絶景で写真映えすること間違いないでしょう!!

建物は1階が座敷、2階がテーブルになっていて、個人的には2階からの景色のほうが綺麗でおすすめ★!
土日は特に混みあうことが多いみたいなので予約必須!予約時に2階の席をリクエストしてみるのもいいかもしれませんね。

ランチの時間帯も海がキラキラとしていて綺麗だったけど、夕日が落ちる時間帯も絶対素敵だからまた行きたいな~!!

電車では少しアクセスの悪い場所にあるので、車で行くのがベストです!
カフェの前には無料駐車場も完備!駐車場がない~!!と探し回る必要もなくて安心♪

写真映えカフェとしては、断トツNo1でおすすめの観光スポットなので是非行ってみて下さい!


■ SEA HOUSE
  • 住所 〒781-6441 高知県安芸郡芸西村西分乙54-1
  • 営業時間 平日 11:00-20:30 / 休日 11:00-20:30
  • 定休日 無休
  • 予約TEL 050-5571-4011
  • ※2021年2月時点での情報です。

2.美しい庭園で癒される「モネの庭 マルモッタン」

日本の高知県には、あの有名な『モネの庭』が存在することを知っていますか?
高知県東部 北川村にある「モネの庭 マルモッタン」です。

「モネの庭 マルモッタン」では、画家のクロード・モネが愛した庭を忠実に再現。
なんと、モネが咲かせることを熱望したと言われる『青い睡蓮』を咲かせることに成功しているのです!庭の美しさと忠実な再現度で、本場フランスからも公式にモネの庭と認められていることにもビックリ!!

マルモッタンは、①水の庭 ②ボルディゲラの庭 ③花の庭の3つのエリアに分かれています。
私が実際に訪れた時は、じっくり回って1時間30分ほどで楽しめましたよ♪

■水の庭 

モネの庭マルモッタン/水の庭

モネの代表作でもある、睡蓮の絵を知っている人も多いですよね♪
水の庭では、池に沢山に睡蓮が咲いていて、まさにモネの絵画から出てきたかのような景色!

モネの絵画では、睡蓮の葉っぱが円形に集まっていて、水面に映る美しい景色も描かれています。睡蓮の葉っぱは生命力が強く、ほうっておけば一面葉っぱで埋め尽くされてしまうそうです。

そうならないために、毎週1回スタッフが腰くらいまで池につかり、葉っぱを取り除いています。
そんなスタッフの細かな手入れがあるおかげで、色鮮やかで美しいお庭が楽しめるんだなぁと感心。

モネの庭マルモッタン/水の庭お手入れ風景

ちょうど私が訪れたその日が、池のメンテナンス日!
レアな場面が見れた気がしてちょっぴりうれしい気持ちで、しっかり写真に収めてきました!(笑)

睡蓮の全盛期は8月です。
花数も色の種類も一番多い時期で、青い睡蓮も見ることが出来るのでおすすめです!ぜひベストシーズンに訪れてみてください!

■ボルディゲラの庭

モネの庭マルモッタン/ボルディゲラの庭

ボルディゲラの庭は、2020年に新しくリニューアルされたエリアです。

モネが40代の時に訪れ、魅了され、沢山の作品を描いたとされる地中海のボルディゲラ。
そんな、モネが魅了されたボルディゲラ地区を見事に再現しています。
ヤシの木やオリーブ、トロピカルな植物と、奥に見える海が一体となり、高知県にいることを忘れてしまったくらい。

モネの庭マルモッタン/ボルディゲラの庭/リヴィエラの小屋

ボルディゲラの庭の中には、1つだけポツンとかわいらしい「リヴィエラの小屋」があります。
小高い丘に建つ小屋の中から見る景色は、モネの作品を再現した風景で、これがまた素敵♡♡!

この「リヴィエラの小屋」では、イベント時に地中海をイメージしたカフェメニューを提供しているようです。
こんな素敵な空間でカフェが楽しめるなんで理想~♡♡
次訪れるときは、絶対イベントしている時に行くと決めています。(笑)

■花の庭

モネの庭マルモッタン/花の庭

こちらのエリアは、モネが住んでいたお家と花の庭を忠実に再現しています。

花の庭では、綺麗に整列して植物を植えるのではなく、庭を引きで見た際にどこに色を加えることで美しい庭にできるかを意識しています。
モネが花の庭を作り上げる際に意識した色彩を、マルモッタンのスタッフさんも常に心掛けているようです。
この心掛けが、本場フランスからも認められる素敵なお庭を作り上げているんだなあ~と感動°˖✧!
まさにモネの描いた絵画のように、温かく癒される空間でした。

私が訪れた時期は10月で、深い色合いの秋の花々が綺麗に咲いていました!
春になると色鮮やかなパステルカラーの花が咲きほこり、夏には緑が茂りオレンジや黄色い花が多くなります。
個人的にはバラやチューリップが見られる春に、また来たいな~なんて考え中です♪

「モネの庭 マルモッタン」では、時代と国までも超えた美しい自然に出会えます。
訪れる時期によって、咲いている花の種類が違ったり、睡蓮の咲く時間帯が違ったりと、1年を通して表情の変わる庭を楽しめるので、何度でも行きたくなるのが魅力です♪


■モネの庭 マルモッタン
  • 住所 〒781-6441 高知県安芸郡北川村野友甲1100番地
  • 開園時間 9:00-17:00(最終入園時間16:00)
  • 休園日 火曜日(4-6月は無休/12-2月は冬期メンテナンスで休館)
  • 料金 大人/1,000円 小中学生/500円
  • URLhttps://www.kjmonet.jp/ ※2021年2月時点での情報です。

3.2020年リニューアルオープン!新・足摺海洋館「SATOUMI」

足摺海洋館satoumi外観

高知県左下の足摺エリアに位置する足摺海洋館「SATOUMI」
老朽化のため閉館した足摺海洋館が、新・足摺海洋館「SATOUMI」として2020年にリニューオープン!!!
足摺や竜串湾の生き物をメインに15,000点もの生き物が展示されています。

展示方法にもこだわっていて、山から始まり、川を流れ、海へたどり着くという自然の流れを再現しているみたいです。
水槽の形も様々で、魚眼ガラスや円柱の水槽、L字型の水槽など、目で見るのも写真で撮るのも楽しめました。

足摺海洋館satoumi/クラゲ

ウミウシの展示エリアがあるのも珍しい!
ウミウシエリアでは、ウミウシをイメージした椅子もあるので小さいお子さんと一緒にも楽しめます♪
中には黄色と黒色のピカチュウウミウシといわれる変わった生き物もいましたよ。大人の私でもテンション上がってしまい、他のお客さんもピカチュウウミウシに集まってました。(笑)

なにせウミウシがちっさいこと!!
写真がうまく撮れず残念ですが、実際に訪れて楽しんください~♪

足摺海洋館satoumi/イワシ

※出典先:足摺海洋館「SATOUMI」公式サイトより
この大迫力のイワシにはビックリ!

群れて移動するイワシの習性を利用して円柱の水槽で展示されています。
水槽一面にイワシの大群が泳いでいて、まるでイワシハリケーンのようでした!

足摺海洋館satoumi/ウミガメ

ウミガメが展示されているコーナーでは、水槽の背景に竜串の空と海が見えて、ウミガメが空に浮かんでいるように見えます。
自然と海の生き物の展示を組み合わせているなんて珍しいですよね~★

展示されている生き物のなかには、足摺地区で生息している生き物も多くいます。
実際に海洋館のスタッフが、近くの海に潜って採取している生き物も多いのだとか。

SATOUMIではほかにも、館長によるガイドツアーやえさやり体験、夜の水族館などのイベントも行われています。
海洋館SATOUMIの目の前に広がる桜浜で、星空観察イベントなんかも行われていて面白いですね♪自然豊かな高知だからこそ実現するイベントや、SATOUMIならではの珍しい生き物に会いに行ってみて下さい♪
※コロナウイルスの影響で、2021年2月現在参加型プログラムは中止されています。


■足摺海洋館 SATOUMI
  • 住所 〒787-0450 高知県土佐清水市三崎字今芝4032
  • 営業時間 9:00-17:00
  • 料金 大人/1,200円 小人/600円
  • URLhttps://kaiyoukan.jp/
  • ※2021年2月時点での情報です。

4.大自然を遊覧飛行♪「四万十川 ジップライン」

四万十川風景

次におすすめしたいのは、2020年6月に新しくスタートしたアトラクション「四万十川ジップライン」!!

四国でジップラインができる場所は他にはなく、四万十川のような大自然の中を横断するジップラインは珍しい。
さらに!ワイヤーが2本並んで設置されているので、お友達や彼氏と並んで一緒にスタートできるのも楽しめるポイント♪

天気がいい日は、ジップラインのスタート地点まで川舟を使って移動します。この地点での四万十川の川幅はそんなに広くなく、流れは結構早いため、川舟で渡るのにはかなりの技術がいるみたい!

ジップラインと同じくらい川舟を楽しみにしていた私ですが、みごとに雨女を発揮...
やっぱり天気が少し悪く、ぽつりぽつりと雨が降っていました。
(大雨の土砂降りじゃなかっただけ幸運♪幸運♪笑)

雨の場合、対岸のスタート地点までは車を使っての移動。
カッパはレンタルできるので、雨の日でもずぶ濡れになることなく体験可能で安心です♪
※小雨の場合は運行しますが、天候によっては中止になるので注意

スタート地点に付くと、想像していたよりも結構高い場所からのスタート。
踏み出す瞬間はドキドキしましたが、踏み出してしまえば怖さは一切なし!
マタタビになった気分でした♪

「ひゃ~~」
「わ~!すご~い°˖✧」

とカメラを構えながら騒いでいると、あっという間にゴール地点に到着。
30秒近く飛んでいたようですが、体感では15秒ほどかな~。
ゴール地点は、けがをしないように、ふかふかのチップが敷き詰められているので小さい子も安心。

飛行中もスマホで動画が取れるようにと、首から下げる携帯用ポーチを貸してくれました。飛ぶまでには装着装備の説明や、飛び方をしっかりレクチャーしてくれるので安心!

アクティブな体験をしたいと思っている方にはほんとにおすすめ★!
皆さんは是非!天気がいい日に体験してみて下さい。


■四万十 ジップライン
  • 住所 〒786-0535 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9 道の駅四万十とおわ
  • 営業時間 9:00-17:00
  • 定休日 木曜日
  • 料金 大人/2,500円 小人/1,800円
  • 予約:完全予約制(TEL:0880-28-5554)
  • ※2021年2月時点での情報です。

5.「かつお船 土佐タタキ道場」で大盛り上がりのかつお藁タタキ体験!

高知といえば『かつおのタタキ』ですよね~♪

高知県では、いたるところでかつおのタタキが食べられるのですが、私がおすすめしたいのはここ!!
「かつお船 土佐タタキ道場」でのかつおの藁タタキ体験★★★!

出来上がっているかつおのタタキはどこでも食べられますが、生の状態から自分で藁焼きする体験はなかなか出来ないからおすすめ!

かつお船/かつおの藁タタキ体験風景

「はい、ではかつおをいれてくださ~い」
そう言われ、藁が入った四角い箱の中にかつおを突っ込む。
藁に火が付くと瞬く間に燃え上がり、身長150㎝の私の頭上くらいまで炎が暴れました。

3分くらいで真っ赤だったかつおの表面が、真っ黒になりかつおのタタキ完成!
※結構、灰が衣服に付いたりするので注意!

今さっき自分で焼いたばかりのかつおを目の前で切ってくれて、そのまま食べる!
なんて贅沢~♡♡

かつお船/かつおのタタキ

自分で焼いたかつおのタタキをメインに、定食を頂きました。

自分で藁焼き体験をすることで、楽しさもおいしさも倍増♪
既に出来上がっているかつおのタタキももちろんいいけど、せっかく高知にきたなら、藁タタキ体験しとくべき!!


■かつお船 土佐タタキ道場
  • 住所 〒781-0112  高知県高知市仁井201-2
  • 営業時間 10:30-15:00
  • 定休日 木曜日
  • URLhttps://www.tataki.co.jp/tenpo.htm
  • ※2021年2月時点での情報です。
 

6. 終わりに

いかがでしたか?
2021年最新の高知おすすめ観光スポットを紹介しました♪

今回おすすめした場所は全て、私が実際に訪れた場所で、ほんとにおすすめしたい5つに絞ったので、楽しめること間違いありません!
女子旅、カップル、ファミリーでも楽しめる、高知県おすすめ観光スポットに、是非みなさん訪れてみてください♪

四国ツアーはこちら

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP