×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

高知の観光スポット8選|旅行会社スタッフおすすめの人気観光地情報♪

四国の南部に位置する高知県は、高知城を中心として栄えた城下町を有し、歴史を感じるスポットを多く有する場所。そんな歴史スポットだけではなく、日本最後の清流とされる「四万十川」や「足摺岬」など雄大な自然を感じられる場所も多数あり、実は見どころ満載!
そんな高知県の中でも是非行ってほしい、人気観光地をご紹介♪次に高知旅行をする際に備えて、是非参考にしてみてください!

ひろめ市場

ひろめ

高知県を訪れたら必ず行きたい、定番人気スポットが「ひろめ市場」。高地市内の中心部にあり、高知城からもほど近く市内観光で立ち寄りたいスポットです。
ひろめ市場は飲食店約40軒、物販店約20軒が集まった巨大な屋台村!気に入った店で好きな食べ物を買い、好きな席で食べることができる、まさに高知の食を楽しむにはもってこいの観光地となっています。

遠方からもたくさんの人が訪れて、いつも賑わっています!テーブル&イスが400席分もあるので、座れなくて待ちぼうけ...などということもないので安心です♪

そして気になるお食事ですが、肉巻きおにぎりや鳥の唐揚げなど気軽に食べられるB級グルメや、うつぼの唐揚げ、かつおのタタキなどの高知名物料理を中心にとにかく種類が豊富!おすすめは土佐和牛専門店メンチカツ&ひろめコロッケ!
お美味すぎてお腹いっぱいなのにおかわりしちゃいました。お酒を軽く飲みながら昼間から普段の疲れをリフレシュ♪

ひろめ市場
住所:〒780-0841 高知県高知市帯屋町2-3-1
TEL:088-822-5287

沈下橋

沈下橋

豊かな自然も高知県の魅力。四国の中で一番長い、大きな川ですが、『最後の清流』と呼ばれとっても愛されています。最後の清流と呼ばれる理由は、大きなダムがないため自然に近い状態で残されていて、今でも伝統的な漁などが行われているからなんです。

四万十川では観光遊覧船やカヌーなどで川下りを楽しむのがオススメです。ちなみにオシャレで今どきな、SUP(スタンドアップパドル)体験をすることもできます♪川下りをしながら周りの大自然を眺めたり、観光名所として有名な「沈下橋」を間近で見ることができますよ。

☆ここで沈下橋の紹介も少し・・・
高知と言えば台風など、雨が多い県ですが、雨で川の水量が増えってしまった時に橋が壊れてしまうのを防ぐために、わざと水中にそのまま沈んでしまうような造りになっている橋です。欄干がなく、平らな橋はなかなか見られないので貴重ですよ。

四万十はご当地グルメもおすすめ!
まず、高知と言えばやっぱり鰹。高知では鰹のタタキをポン酢ではなく、塩で食べる「塩タタキ」が人気なんです!新鮮だからこそ、塩で食べても臭みが少なくとっても美味しいんですよ~。この「塩タタキ」は四万十が発祥と言われているので、四万十まで行ったら絶対食べなきゃですね!
そして、私が一番食べたいのは四万十の清流で育った「天然うなぎ」。天然うなぎなんてなかなか食べられませんよ!想像するだけでもうお腹が空いてきますね・・・。

高知に行ったら四万十!そしてグルメ!ですよ♪

佐田沈下橋
住所:〒787-1106 高知県四万十市佐田
TEL:0880-34-1111

土佐の日曜市

日曜市

高知旅行の際、タイミングが合ったら是非行って頂きたいのが高知・土佐の日曜市!高知の日曜市って知ってますか?なんとその歴史は古く300年以上続いているっていうから驚きですね!

ひろーい道路に露店がずらーっと高知城まで、野菜や日用品、古着、骨とう、植木、庭石などジャンル問わずたくさん並んでます。

高知といえば、小夏、土佐文旦、トマトが名産なので、そのままたべられるように小売りしてたり、まとめ売りされてたりたくさんの露店なのでどこが安く手に入るかなーなんて見てまわるのもたのしいですね♪昔から露店を出してるんだろうなと感じられる老舗感があるとこと、小夏やみかんなどおしゃれにゼリーやしぼりたてジュースにしてたり若者向けな露店もあったり、朝のお散歩をしながら高知感を存分に楽しみましょう♪
もちろん、食べ歩きができる露店もあるので、是非朝食は控え目にして露天で食べ歩きを楽しんでみてください!

日曜市
住所: 〒780-0842 高知県高知市追手筋
TEL:088-823-9456

高知城

高知城

高知城は、高知市内の中心部に建ち、JR高知駅からも徒歩20分と観光にも便利な立地が嬉しい人気観光地!
白壁と天守が美しく、高知の市内を見下ろす様が優美なまさに高知のシンボルともいえる建築物。
実は、日本国内でも唯一本丸が現存するお城という事もあり、お城好きな人からも人気が高いんです♪高知城のすぐそばには「高知歴史博物館」もあり、中では様々な歴史的資料などの展示が行われています。高知城も高知歴史博物館も、どちらも観光したいという人にはオトクなセット入場券も販売されているので、お見逃しなく!

高知城
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1-2-1
TEL:088-824-5701

桂浜

桂浜

高知を代表する人気観光地「桂浜」!高知市街地から車で約30分、太平洋にひらけた青い海と白い砂浜が美しい高知県の景勝地です。
桂浜は高知の民謡である「よさこい節」の中でも歌われるお月見の名所としても人気のスポット。
桂浜を見下ろし、太平洋へ向かって建つのが高知を代表する偉人「坂本龍馬」の銅像です。キリっとした表情で太平洋の広い海原を見つめる様は日本開国への力強さが感じられます。
桂浜観光でもう一つ、忘れちゃならないのが浜に建つ「桂浜水族館」!
実はここ、ユニークな水族館としてひっそり人気なスポットなんです。水族館と言いながらもカピバラが多数展示されていたり、土佐の妖怪達について学べるエリアがあったり!普通の水族館にはないようなちょっと変わった展示物が多いところが多いのが特徴です。
桂浜を訪れる際には、是非桂浜水族館にも立ち寄ってみて下さい。

桂浜
住所: 〒781-0262 高知県高知市浦戸桂浜
TEL:088-823-9457

足摺岬

足摺岬

四国最南端、高知県の先端にある岬で展望台からはなんと270度以上の開けた視界を楽しむ事が出来ます。
断崖絶壁の岬は波のしぶきが激しく、ダイナミックな光景。眼前にはさえぎるもののない太平洋の海が広がり、自然の雄大さ・自分のちっぽけさを感じてしまいます。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では足摺岬と足摺岬からの眺望で2つ星の評価もされている絶景スポット!高知ドライブの際に一歩足を伸ばして立ち寄って欲しいスポットです。

足摺岬
住所: 〒787-0315 高知県土佐清水市足摺岬1349 観光案内所
TEL:0880-82-1212

栢島

栢島

透明度抜群の海が「絶景すぎる!」とSNSでも話題になっているのが、ここ「栢島」。エメラルドグリーンの海は透明度抜群で、まるで船が浮いているかのように見える風景が広がります。栢島は実はダイバーにとっても人気のスポット!サンゴ礁が多数見られる海の中には、熱帯魚などカラフルなお魚を多数見る事が出来ます。特に海の透明度が高くなる6月~10月が、ダイビングには絶好の時期なんだとか!
高知市内からは車で約2時間半と決して手軽に行ける場所ではないのですが、お天気が良い日ならば記念に残る絶景写真が撮れること間違い無し♪シュノーケリングやカヤックなどお子様でも楽しめる手軽なマリンアクティビティを扱っているところも周辺には多数ありますので、是非一度訪れて欲しい高知の人気観光スポットのひとつです。

栢島
住所: 〒788-0343 高知県幡多郡大月町柏島TEL:0880-62-8133(大月町観光協会)

にこ淵

にこ淵

四国の愛媛から高知を流れる一級河川「仁淀川」の上流にあるのが「にこ淵」。仁淀川は日本最後の清流・水質国内NO.1と言われており、透明度が高く青く澄んだ水が特徴になっています。そんな仁淀川の中でも上流に位置するにこ淵は特別青く、その青さから「仁淀ブルー」と評される絶景スポット。日光が水面にあたり光がきらめくと息を呑む程の美しさの光景が広がります。にこ淵へは近くの駐車場まで車で行くか、バス停「程野入り口」まで行った後に30分程歩く必要があります。かなり急な階段を下る必要がある為、歩きやすく履きなれた靴で行くことをおすすめします。また、帰りは階段をずっと登って戻る必要があるので、足に自信がない人にはちょっとハードかもしれません...!

にこ淵
住所: 〒781-2511 高知県吾川郡いの町清水上分1278

高知へのツアーはコチラ

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP