香川観光情報_おすすめ観光スポット

香川観光情報_おすすめ観光スポット

こんにちは!中四国チームがオススメする観光スポットをご紹介していきます!

今回は日本で一番小さい県!香川県をご紹介致します。

香川県とは瀬戸内海に面し、日本で最も小さい県として有名ですが、
その小さい中に魅力がたっぷりつまっているのです。

ではどんな魅力か?

災害が少ないおかげて豊かな自然や歴史ある建築物が残っております。
その豊かな自然から生まれる自然の恵みを味わえるのも魅力の1つです!

アクセスは船や橋などが発達し、都心の利便性が良くなりました。
そして景色は美しく、心落ち着く県となっております。

そんな魅力ある香川県の観光スポットをご紹介します♪

丸亀城

丸亀城

こんにちは~こばじろうの時間がやってきました~!
今回は香川県のオススメ観光スポットを紹介します!

香川の代表的観光スポットだと栗林公園、直島、小豆島、金比羅山などが有名ですね!
ですが香川のほんとの顔が見える所ってないとおもいませんか?

自分はその顔の見える観光地を皆様に紹介します。
その名は丸亀城です!

丸亀城は高さ日本一の石垣を誇る、別名(石の城)とも形容されており、
400年の時を経た今日でも決して色あせることなく、
自然と調和した独自の様式美をはっきり現在に残しています。

日本の100名城にも選ばれ、散歩などで地元の憩いの場として親しまれています。

時期によって花見ができ、ソメイヨシノ700本が咲き乱れ、美しい石垣をピンク色に染めます。
(扇の勾配)とも称されています。

またある時は城がカラフルにライトアップされたり、約400個ものボンボリを点灯したりなど、
とても個性が強い城なのです!
さまざまなフォトスポットもありますので、SNSに投稿して人気物に!?
実際丸亀城を目の前にしたら、その壮大差には感動すること間違いなしです!

凄いのはわかったけどなぜ香川県の顔なのか?
そろそろ思われた方が多いかと思います。

それは歴史が関係しております。
丸亀市は丸亀城の城下町として発展、日本一の石垣を巧みに使い、
戦災に合うことなく香川県の古い町並みを今に伝える城下町だからです!

香川県に訪れた時は是非足を運んで頂きたい。
きっとなにか感じる事があると思います。
何を感じるかは自分自身で体感してみてください。

丸亀城
住所:〒763-0025 香川県丸亀市一番丁
TEL:0877-22-0331

栗林公園(りつりんこうえん)

栗林公園

高松市内の観光は、栗林公園がオススメです!

栗林公園は、松をメインとした日本庭園です。
国の特別名勝にも指定されていて、広さは東京ドーム16個分もあり日本一の規模を誇っています。
名前だけ聞くと「栗がたくさんあるの?」と思いそうですが、実際には栗の木はほとんどありません。
名前の由来は、昔は栗が群生していたとか、この場所の旧地名だったとか・・・諸説ありますがハッキリしていないそうですよ。

園内に足を踏み入れると、綺麗に手入れがされた松、広大な敷地内にある6つの池、観賞用として人工的に作った築山(つきやま)の配置から生み出される美しい日本庭園ならではの景観がご覧いただけます。松の枝ぶりが見どころの一つですが、ほかにも桜・梅・イチョウや、季節ごとの花もたくさん植えられているので、四季ごとに違った景色となり一年中楽しめるんです。
こういった栗林公園の美しさは、国内だけでなく海外でも評価されています。
フランスの有名ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星スポットとして紹介されているほど!最高ランクの☆三つは「わざわざ訪れる価値がある観光地」として富士山や屋久島とならんでいるんですよ♪
せっかく香川に行ったなら、日本人としては世界に自慢できる観光地を見ておきたいですね!

観光のタイミングですが、ぜひ早朝に行くことをおすすめします!
日の出とともに開園すると言われるように、4~9月までは朝5時半から入園できます。早朝だと人が少なくゆっくり鑑賞することができますし、朝の澄んだ空気によって一段と景観が美しく見えますよ。
そして、朝早く庭園をご覧いただいた後は、ぜひ園内の「花園亭」にて朝粥を食べてください♪ 
日本庭園の茶屋でいただく朝粥は風情満点。
高松に来たら是非食べていただきたい絶品朝食です!
旅行に行ったらグルメを楽しみたいという方には、その後のうどん屋さん巡りもおすすめ。
美味しいうどん屋さんは午前中で閉まってしまうお店が多いので、高松の朝はいつもよりちょっと早起きして満喫してくださいね~!

栗林公園
住所:〒760-0073 香川県高松市栗林町1丁目20番16号
TEL:087-833-7411

醤の郷

醤の郷

みんなお元気ですか!ほっちゃんです!
今回ご紹介できるのは【香川】ということで!いつもよりテンションが上がってます。
それも仕方ないと笑っていただければ幸いですが、
個人的に好きな場所が【小豆島】なんです。
全力で魅力をお伝えしたいと思いますが
小豆島はまず大きく4つに分けられると思ってます。
土庄港、池田港、草壁港、リゾートホテルオリビアン小豆島!
土庄港はいわずもがなエンジェルロードや宿泊施設の多く隣接する小豆島の玄関口!
池田港は、観光体験ができるふるさと村や、井上誠耕園があったり、
山を越えると田園があり、美味しいお米の田舎ごはんが有名なこまめ食堂があります!
そして草壁港は、オリーブの島の別名であるオリーブ園、オリーブ公園が隣接しており
二十四の瞳や醤の郷や寒霞渓など観光地が凝縮して集まってます。

さてさて、今回ご紹介するのは!
ノスタルジックな雰囲気がインスタ映えまちがいない「醤の郷」です。

小豆島は醤油の文化が根付いている街並みで
金両醤油の蔵がわーっと並んでいて、瓦も灰色がカビで黒くなったという逸話です。
醤油の歴史を感じながら散策していくと
瀬戸内国際芸術祭の作品のリーゼントのオリーブだったりフォトスポットがたくさんです。
また、小豆島で唯一の酒蔵【森国酒造】にも立ち寄って、
貴重な【生】の日本酒の試飲をしつつお気に入りを見つけましょう。
お隣には、パン屋さんもあるのでぜひこっぺぱんを買いましょう!
むかいには【京宝亭】があるので、醤油アイスを一度たべてみましょう!
食べ歩き・街並み散策で写真をとりつつ歴史を深めるノスタルジックな
醤の郷に満足いくこと間違いなし!

京宝亭
住所: 香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2211番地28
TEL:0879-82-1441

  • こばこば


    ニックネーム:こばじろう
    性別: 男
    好きな食べ物:食べ物全般
    出身:横浜
    趣味:運動、ウエイトトレーニング、散歩、海、海水浴

  • えりちゃん


    ニックネーム:ふくちゃん
    性別: 女
    好きな食べ物:アイス、焼き肉
    出身:青森
    趣味:プール、旅行、音楽聴く

  • 堀田


    ニックネーム:ほっちゃん
    性別: 女
    好きな食べ物:じゃがいも、やきそば、貝
    出身:東京
    趣味:旅行、読書、おさけ♡

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP