×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

香川・高知・徳島・愛媛4県を全制覇!JRで行く四国周遊プランのご紹介

JRで行く四国周遊プラン

モデルコースルート

1日目
2日目
  • 高知駅
  • JR土讃線・特急しまんと(約1時間10分)-〈窪川駅乗換〉JR予土線(約2時間40分)-〈宇和島駅乗換〉JR予讃線/内子線・特急宇和海(約1時間20分)
  • 松山駅
  • (約20分)又は
  • (約5分)
  • 松山城
  • (約20分)又は
  • (約5分)
  • 松山駅
  • JR予讃線(約50分)
  • 下灘駅
  • JR予讃線(約50分)-〈松山駅乗換〉伊予鉄道(約30分)
  • 道後温泉駅
  • (約5分)
  • 道後温泉本館
  • 道後温泉
3日目
  • 松山駅
  • JR予讃線・特急しおかぜ(約1時間45分)-〈観音寺駅乗換〉JR予讃線・快速サンポート南風リレー(約30分)
  • 詫間駅
  • (約20分)又は
  • (約10分)
  • 父母ヶ浜
  • (約20分)又は
  • (約10分)
  • 詫間駅
  • JR予讃線(約10分)-〈多度津駅乗換〉JR土讃線(約15分)
  • 琴平駅
  • こんぴらさん
  • 琴平温泉
4日目
  • 琴平駅
  • JR土讃線(約60分)
  • 高松駅
  • 高知市内観光
  • 高松駅
  • 飛行機の時間に合わせて高松空港へ
  • 高松空港

日本に浮かぶ島「四国」。
西日本や九州地方の方は比較的近いため行ったことある方も多いかと思いますが、東日本の方からは、なかなか足を運びにくい!行ってみたいけど行ったこと無い...、あと四国に行けば47都道府県全制覇できる!などの声も多く聞きます。

そのため、せっかく四国に行くなら一度に4県全部周りたい!って方も多いはず!!
今回は、「運転免許持ってないよ」「ペーパーだから知らない土地での運転は不安」って方も安心!JR四国で周る四国4県の旅のモデルコースをご紹介します。

電車だからこそ味わえる四国の魅力に迫ります。普段は車派の方も必見です!

旅の準備1:JR四国で周る四国旅行。何日必要?

JR四国は、路線によっては東京や大阪みたいに一日に何本も電車が運行されている訳ではないので、四国4県を周るとなると、ゆっくり周るなら最低でも5日間は欲しいところ。

しかし、今回は、そんなに仕事や学校が休めない、家を空けられないって方に向けて、3泊4日間で四国を周るモデルコースをご紹介します。

各県のオススメ観光地にも立ち寄りますが、ちょっと駆け足になっちゃいます。もし気に入ったらまた再訪する。そんな気持ちで出発してみてもいいかもしれません。四国旅行のプラン立ての参考にしてみてください!!

旅の準備2:JRで旅する魅力とお得な切符をゲットしよう!

▶ 電車の旅の魅力
なんといっても移動しながら好きなことができること。
車窓からの景色を眺めたり、本を読んだり、眠ったり、一緒に行った友達と他愛のない話をしたりと贅沢に時間を過ごせます。

魅力ある駅弁を見つければ食事をしながら外の景色を見て移動!も魅力のひとつ。
また、普段、車で旅行する方は夜まで我慢しているお酒も朝から飲みながら電車で移動なんてこともできちゃいます。SNSの普及もあって秘境駅やめずらしい駅舎などの人気も急上昇!!忘れられない時間をお楽しみください。

▶ JR四国フリーきっぷ
JR四国より販売されている特別企画乗車券で、販売額は16,440円。JR四国の普通列車はもちろんのこと、特急列車にも連続3日間乗車可能です。JR四国の主要な駅やみどりの窓口などで購入可能です。今回ご紹介するコースは4日間の為、移動の少ない最終はご利用分の切符を購入すればかなりオトク!

また、旅行会社などでのキャンペーンで2日間チケットや3日間チケット付きのツアーが販売されるケースも。キャンペーン内容によっては、土佐くろしお鉄道線やJR路線バスが使えないなどチケットの利用条件が異なることもあるので計画の際はご注意ください!

いずれにしても四国4県を周りたいなら、かなりオトクなチケット!
今回は、どのくらいオトクかも交えてご紹介したいと思います。

1日目:四国の雄大な自然に触れ合える1日。

徳島から高知まで観光しながら移動するなら、ほぼ丸1日必要になるので、午前8~9時頃には徳島空港へ到着する便がおすすめです!

鳴門海峡や大歩危峡はもちろんのこと、JR徳島線やJR土讃線は、徳島の市街地からどんどん山の中に進んで行き自然を堪能できます。

特に土讃線は、秘境駅にも認定される駅も多数!但し、特急列車は止まらないため、車窓から雰囲気だけでもお見逃しなく★秘境駅で降りてみたいという方は、各駅停車でも移動は可能ですが、本数が少ないことと車窓を楽しむためには日が暮れる前の移動がおすすめなのでご注意ください!

※また、昼食は、車内で駅弁を楽しむが電車の旅の醍醐味ですが、徳島駅では残念ながら駅弁が販売されていないため、キヨスクやお土産屋さんなどで購入しておく必要アリです!

1鳴門に来たら外せない!鳴門海峡で大迫力「渦」を感じる!

鳴門海峡

鳴門の渦潮で有名な徳島を代表する観光地のひとつ。世界三大潮流のひとつとも言われ、徳島に行くならぜひ一度は足を運んでいただきたいです。渦潮は、鳴門海峡での満潮・干潮時の潮流最速時の前後一時間半頃が見ごろと言われています。渦潮が見られる時間帯は、日によってまちまちなので、運よく午前中に見られればラッキーですが、午後にしか渦潮が見られない場合もあります。着いてからガッカリって事のないよう事前に渦潮の時間をチェックしておくことをおすすめします。遊歩道で海上散歩もスリル満点ですが、時間があれば観光船に乗って間近で渦潮の迫力を堪能するのもありです!

スポット名
大鳴門橋遊歩道 渦の道
所在地
〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
営業時間
夏季(3月~9月)9:00~18:00、冬季(10月~2月)9:00~17:00、GWと夏休み期間は8:00~19:00
定休日
3月、6月、9月、12月の第2月曜日

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

約2時間40分

約5分

2徳島の大秘境「大歩危峡」で癒される

大歩危峡

大歩危峡とは、徳島県と高知県に流れる吉野川の激流によって作られた約8キロにわたる渓谷のことで大歩危・小歩危とセットで呼ばれることもあります。観光遊覧船が出ていて、まるで大理石の彫刻のようだと言われている大歩危峡の綺麗な渓谷をゆったりと堪能できます。また、妖怪村とも呼ばれていて、こなきじじいの発祥の地だとか。道の駅には妖怪屋敷もあり、時間があれば足を延ばしてみてください。2日目の愛媛到着が遅くなっても問題なければ、大歩危に宿泊してゆっくり観光することもできます。

スポット名
大歩危遊覧船
所在地
〒779-5451 徳島県三好市山城町西宇1520
営業時間
9:00~17:00(現在時短中/9:00~16:00)
定休日
年中無休

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

約5分

約1時間

約20分

3高知の台所「ひろめ市場」

ひろめ市場

高知駅から路面電車「大橋通」下車すぐの高知市内にある高知の「食」が集まる場所。高知の鮮魚・精肉店はもちろんのこと、居酒屋、お土産屋などの60以上もの店舗が入っていて高知を丸ごと楽しめます。高知名物のカツオのたたきを販売している店もあるので、ぶらっと場内を見歩きながら自分好みの高知食を探してみてください。

スポット名
ひろめ市場
所在地
〒780-0841 高知県高知市帯屋町2丁目3番1号
営業時間
平日・土曜・祝日 午前9時~午後11時
        日曜日 午前7時~午後11時
定休日
未定

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

2日目:電車旅を満喫!夕方は道後温泉で癒され旅を!

   

かなり長時間電車に乗りっぱなしの一日!
窪川→宇和島駅までの予土線は、本数が少ないため乗り遅れに要注意です。

本数が少ないという不便さはあるものの「しまんとグリーンライン」とも呼ばれる予土線は、四万十川を右や左へと楽しめ、車窓から高知の雄大な自然を満喫できます。

予讃線に入ってからは、西大洲と伊予大洲駅間の「大洲城と肱川橋梁」は人気の写真スポット!今回のスケジュールだと車窓になるのでお見逃しなく!

宿泊は、温泉好きな方は道後温泉へ。長旅の凝り固まった疲れを癒してあげてください。
予算を下げたい方は、松山市内ホテルがおすすめです。道後温泉は、日帰り温泉として利用することも可能です。

4松山のシンボル・松山城

松山城

松山駅から伊予鉄道「大街道」駅より歩いて行ける「現存12天守」のひとつで松山のシンボル。標高約132メートルの天守へはロープウェイやリフトで行くことができるので足腰に自信のない方もラクラク登ることができます。天守から見る景色は絶景で日本夜景遺産にも認定されています。

スポット名
松山城・本丸広場
所在地
〒790-0004 愛媛県松山市大街道3丁目2-46
営業時間
5:00~21:00(11月〜3月 5:30〜21:00)
定休日
年中無休

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

約5分

約50分

5一度は降りてみたい駅・下灘駅

下灘駅

青春18切符のポスターやドラマやCMなどにも使われ、一度は降りてみたい駅と人気の「下灘駅」。「しずむ夕日が立ちどまる町」の夕焼けは必見!ただ、運行本数が少ないため、時間をしっかりチェックして出発する必要があります。夕暮れにあわせて行くなら、季節にもよりますが、下灘に16時37分着、17時51分発の電車がオススメ。ポスターのアングルで写真を撮ったり、周辺を散策したりして過ごせます。

スポット名
JR予讃線「下灘駅」
所在地
〒799-3311 愛媛県伊予市双海町大久保

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

約1時間20分

約5分

6道後温泉 本館

道後温泉 本館

松山駅から路面電車で約30分ほどで行ける道後温泉。日本最古の温泉として有名です。その道後温泉のシンボル「道後温泉本館」は、坊ちゃんの湯としても人気で連日多くの人で賑わう公衆浴場。趣きのある建物は必見です。道後温泉本館が混雑している際は、近くに「椿の湯」、「飛鳥の湯泉」もあるのでそちらも利用できます。これらの湯の他に、至ることに足湯ができる場所などもあり、気楽に道後温泉を楽しむことができます。湯上りには、道後の商店街「はいから通り」を散策して、旅のお土産や食べ歩きなどが楽しめます。

スポット名
道後温泉本館
所在地
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5番6号
営業時間
6:00〜23:00
定休日
未定(現在、工事中)

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

3日目:絶景スポットと人気スポット「こんぴらさん」を訪れる!

ひたすら予讃線を進む一日になります。
インスタ映えスポットとして人気の「父母ヶ浜」へはバスの時間が合えば「観音寺駅」からも行けます。
もし時間がある場合や父母ヶ浜に行ったことある方は、詫間駅からコミュニティバスで行ける「紫雲出山(しうでやま)」も絶景として人気スポット!登山口から山頂までは徒歩約1時間くらいかかるので時間配分は要注意です。

その日の宿泊は、予讃線からちょっと土讃線に入ったところの「琴平」で温泉に入って旅の疲れを癒します。または、市街地で夜まで楽しみたいって方は、3日間のフリーきっぷが切れる前に高松市内まで移動すればさらにオトク感アップです。

7父母ヶ浜

父母ヶ浜

香川にある海水浴場。近年、水面が鏡のように映るため「日本のウユニ塩湖」とSNSを中心に人気が急上昇。干潮時に条件が揃えば砂浜にできる水たまりに空が映り鏡のような光景が見られます。絶景フォトを撮りたいとなると干潮と夕暮れの重なる期間が必須条件なので、実際行くタイミングで見られるかどうか行く前にチェックが必要です。

スポット名
父母ヶ浜
所在地
香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

約20分

約25分

8こんぴらさん

こんぴらさん

香川の琴平町にある神社「金刀比羅宮」のことを愛称で「こんぴらさん」と呼ばれています。金刀比羅宮は、山の中腹にあり、本宮までは785段、奥宮までは1368段も階段を上らないとたどりつけないんです。(足腰に自信がない方は石段かごに乗ってラクラク登ることもできます。)階段の両脇には、お店や石碑などが建ち並んでいるので疲れたらちょっと足を止めながらマイペースに登ることをオススメします。本宮まででも登った達成感を上からの景色を楽しむことができるので、余力がある方は奥宮までチェレンジしてみるのもありかも!?階段は登らないでいいやって方は、表参道にも讃岐うどん屋はもちろん、骨付鳥や甘味処などの香川名物が食べられるところやお土産屋いっぱいなので要チェック!

スポット名
金刀比羅宮
所在地
〒766-8501 香川県仲多度郡琴平町892-1
営業時間
境内の安全護持のため、夜6時~翌朝6時まで大門を閉門(=境内立入禁止)

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

4日目:最終日はゆとりをもって、讃岐うどんの食べ納め!

最終日は、飛行機の時間にあわせて観光しましょう。
帰りは高松空港から。飛行機の時間にあわせて高松観光でも丸亀観光でも可能です。 まだまだJRに乗り足りないって方は、土讃線で高知方面の「坪尻駅」は秘境駅として人気。足を延ばしてみてもいいかもしれません。

また、香川県内には、至るところに讃岐うどん屋さんがあります。手頃でつるっと食べられるので、観光地だけではなく食も一緒に楽しむことをおすすめします!

9栗林公園

栗林公園

JR高徳線「栗林公園北口駅」より徒歩約3分のところにある広大な敷地を誇る庭園。自然豊かな静かな空間で癒されます。四季折々の姿を見せてくれ、園内には茶店もありゆっくり和を楽しませてくれます。

スポット名
栗林公園
所在地
〒760-0073 香川県高松市栗林町1丁目20番16号
営業時間
ほぼ日の出から日没まで
定休日
年中無休

※2021年3月時点の情報です。予告なく変更になる場合がございます。

いかがでしたでしょうか。
今回4日間で移動したJR代金は約22,000円でした!3日間のフリー切符で移動すればおよそ5,000円もオトクに四国を周ることができますね。
電車の旅は、路線によっては本数が限られているのでなかなか予定が組みにくいなんてこともあるかもしれません。

しかし、電車の旅だからこそ見つけられる時間・景色もいっぱいあります。ぜひ時間に余裕をもって行程を組んでみてください。
四国は、自然・食・観光などなど魅力が沢山。様々な違った魅力がある四国4県。四国の魅力を見つける旅のヒントになれば嬉しいです。

(掲載されている電車の時刻や観光地情報は2021年3月現在のものとなります。また、電車の所要時間・金額は乗車電車により異なるため、目安となります。)

このモデルコースでおすすめのホテル・旅館

高知パレスホテル

高知パレスホテル

エリア:高知市内(高知)

ホテル詳細

ホテル駅より徒歩約5分ほどのところにあるビジネスホテル。駅近なのでさくっと高知市内観光や食事に行くのに便利。地元・高知の食をふんだんに使った朝食が人気です。

道後hakuro

道後hakuro

エリア:道後温泉(愛媛)

ホテル詳細

道後温泉にある一名様からでも宿泊可能なモダンでスタイリッシュな温泉ホテル。道後温泉本館にも近く、道後温泉散策にも出かけやすい立地です。ホテル1階にあるオシャレなフリーラウンジも人気。

ことひら温泉 琴参閣

ことひら温泉 琴参閣

エリア:琴平温泉(香川)

ホテル詳細

こんぴらさん表参道まで徒歩約5分ほどのところにある温泉旅館。「讃水館」と「飛天館」の二棟に分かれ多彩な客室が用意されています。飛天館には飛天館に宿泊の方専用の展望風呂も有り!

このモデルコースの最適ツアー!
空港&ホテルが選べるJRで行く四国周遊プランはこちら

その他おすすめのモデルコース

香川・高知・徳島・愛媛四国ドライブ周遊2泊3日

香川・高知・徳島・愛媛四国4県イッキ見!2泊3日~ドライブ編~

レンタカーを借りれば、行きたいところを効率よく時間短縮できてとっても便利!忙しい人や週末しか休みがとれないという人にもプランが組みやすい!4県の人気観光スポットをぎゅっと詰め合わせた2泊3日間モデルコースをご紹介!

巡るエリア:香川・高知・徳島・愛媛

日程:2泊3日

このモデルコースの詳細を見る

四国ツアーはこちら

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP