小豆島観光情報_おすすめ観光スポット

小豆島観光情報_おすすめ観光スポット

こんにちはまっちゃんです!
いま、大注目の離島といえば、香川県の小豆島!
インスタ映えする絶景スポットや、おいしい食べ物がい~っぱい!
離島とはいえ、高松港から高速船ならなんと40分弱で着いちゃうんです!
お友達、ご家族と一緒に、気軽だけど、ちょっと贅沢な離島ステイを体験してみませんか。
今回は初めての方向けに、絶対見て頂きたい!
そんな超定番★観光スポットを少しだけご紹介します♪

《小豆島ってどんなところ?》

高松港

★小豆島にはどうやっていくの?★
小豆島は、高松の北東、四国と本州の間に浮かぶ島です。
瀬戸内海国立公園に指定されています。
すごく大きな島、というわけではありませんが、人口は3万人弱。
離島ですが、高松港からフェリーなら約60分、高速船なら35~40分ほどで到着。
実はとっても近いんです。

フェリー

▲フェリーに揺られ高松から1時間!

★小豆島はどんなものが有名なの?★
弥生時代から塩の生産が盛んに行われていましたが、江戸時代以降はそうめんの産地としても有名になりました。
香川といえば讃岐うどんですが、実は小豆島のこのそうめんがルーツとなっているそう。
現代では日本三大そうめん(!)の1つとされています。

また、小豆島は、瀬戸内海の温暖な気候で、降水量も少ない地域です。
そんな土地にぴったりマッチしたのが、オリーブでした。
日光を好み、乾燥にも強いオリーブ。オリーブが小豆島にやってきたのは、明治41年のこと。
他県も含め、当時の農商務省がアメリカ産の苗木で施策をおこないましたが、不思議と小豆島に植えたオリーブだけが順調に成長したそうです。
時代の流れとともに、たくさんの農家の方が栽培するようになり、いまでは香川県の県花・県木もこのオリーブになっています。
オリーブオイルだけではなく、ハンドクリームや、オリーブそうめん、ソフトクリームなど、オリーブを使ったたくさんのお土産が生まれています。

《道の駅小豆島オリーブ公園》

オリーブ公園

島の玄関口・土庄港から、バスに乗って25分。
緑豊かな、小豆島オリーブ公園に到着です。
オリーブのことを学べる記念館、ハーブガーデンもあり、景色を楽しみながら、ゆっくり散歩するのがおすすめ。
週末には、オリーブやハーブを使ったクラフト教室も開催されています。

オリーブの樹

瀬戸内海を見渡せる丘の上に、なんと約2,000本のオリーブの木が植えられています。
よ~く見ると、オリーブの葉っぱの中に、ハート型の葉っぱがあることが・・・
運よく見つけると、幸せになれる!と言われています。見つけたら摘んでOK!
残念、見つけられなかった!そんな人も大丈夫。
園内のオリーブ記念館で、しおりやお守りを販売しています。記念にぜひどうぞ!

コリコ

公園内には、実写版「魔女の宅急便」の撮影で使われたセットが移設されています。
クッキーやコスメ、アクセサリーなどを扱うお土産屋さんとして営業しています!
それにちなんで、ほうきのレンタルもあるので、みんなで魔女になりきって、丘の上で写真撮影してみてはいかがでしょうか。

雑貨ハーブカフェ・コリコ(小豆島オリーブ公園内)
→ホームページはこちら
〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

風車

草原の中にたたずむ風車も、非日常感たっぷり!インスタ映えも間違いなしです。

小豆島オリーブ公園
ホームページはこちら
〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

《エンジェルロード》

エンジェルロード

小豆島随一のロマンチックスポットがこちらです。
潮の満ち干きで砂の道が現れたり消えたりする不思議なスポット、エンジェルロード。
一日の中で2回訪れる、引き潮のときだけ対岸の島に渡れます。
現れた道で手をつないだ二人は将来結ばれる...という噂があり、恋人たちの聖地となっているんです。
下記から、道の現れる引き潮の時間を必ず調べてから行って下さいね!
→干潮時刻はこちら

時期により時間は異なりますが、まっちゃんが訪れたときはちょうど夕方。
夕方の引き潮が起きると、こんなロマンチックな景色に出会えます!

エンジェルロード

大切な人と一緒にぜひ、訪れてみて下さいね!

《寒霞渓》

小豆島でゆったり時間が取れる方は、ぜひ寒霞渓へ!
小豆島の自然が一望できます。
寒霞渓は四国屈指の景勝地として知られ、この複雑で美しい地形は、なんとはるか1,300万年も昔の火山活動でできたそうです。
なんといってもおすすめのシーズンは紅葉の美しい秋!

片道1時間程度のハイキングコースもありますが、ロープウェイでの空中散歩もおすすめ。
島のロープウェイだから、わずか5分の間に、空も海も森林もぜ~んぶ見れます!なんとも贅沢ですね!!
山頂の展望台からは、季節折々の景色をお楽しみください。

例えば、行きはハイキングでは草木にふれながら、帰りはロープウェイで地形や自然の優美さを楽しみながら。
往復のコースを変えれば、より大自然を満喫できますよ!

国立寒霞渓公園
ホームページはこちら
〒761-4434 香川県小豆郡小豆島町神懸通乙327-1

《小豆島に泊まろう!》

小豆島は夕日の美しい場所として知られ、あちこちに夕日のスポットがあります。
高松から日帰りも十分可能ですが、島時間のなかでのんびりと宿泊をしての滞在をおすすめします!
海と空と夕日が混ざり合うような、最高のこんな絶景に出会えるかも!
ぜひ、小豆島で最高の島時間をお過ごしください♪

夕景


さっそく、しろくまツアーで小豆島旅行をチェックチェック!

東京発・小豆島行きツアーの一覧へ




それではまた!

  • まっちゃん


    ニックネーム:まっちゃん
    性別: 女
    好きな食べ物:お寿司
    出身:東京
    趣味:散歩、カメラ、カラオケ

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP