エメラルドに輝く沖縄離島のおすすめビーチ

離島のビーチ

沖縄の離島は、美しいビーチの宝庫だ。同じ場所でも時間や天候などによって海の色は様々に変化する。海水浴やシュノーケルをしなくとも、移ろいゆく海の色を眺めているだけでも十分に楽しめる。

また、その他の楽しみ方として、バーベキューやビーチパーティーをしてみるというのも旅の思い出としていいのではないだろうか。

ビーチパーティー

夏場には至る所でビーチパーティーが行われている。沖縄の夏の風物詩と言ってもいいだろう。ビーチによってはバーベキューセットから食材まですべて用意してくれるというところもあるため、手ぶらで行けるというのも魅力だ。

ホテルのプールサイドでバーベキューができるところもあり、リゾートを満喫するにはおすすめだ。沖縄のビーチは泳ぐだけでなく様々な楽しみ方ができる。今回はそんな沖縄の離島のおすすめビーチをご紹介したいと思う。

沖縄離島のおすすめビーチ

波照間島「ニシ浜」

波照間島の「ニシ浜」は日本一と謳われるほどの美しいビーチだ。波照間島へは石垣島の離島ターミナルから高速船でおよそ1時間。有人島としては日本の最南端に位置する波照間島は、未だ手つかずの自然が残る小さな島で、この島へ訪れる観光客の多くはニシ浜を目当てにやってくる。

本州ではお目にかかれない真っ白な砂浜と、エメラルドグリーンに輝く海は、1度見たら忘れられない景色だ。石垣島から少し足を伸ばしてでも行く価値のあるビーチである。

久米島「イーフビーチ」

那覇空港から飛行機で約30分の場所にある久米島。フェリーでも那覇から3時間ほどで行くことができる。そんな久米島にあるイーフビーチもおすすめだ。日本の渚100選にも選ばれたイーフビーチは、白く美しい砂浜が2kmも続く天然ビーチである。

遠浅のため、子供連れでも安心して遊ぶことができるのも魅力だ。しかし、遠浅な分、潮の満ち引きに影響されるため、事前に確認しておく必要がある。

バラス島

バラス島は、厳密に言えばビーチではない。もっと言えば、島でもない。西表島と鳩間島の間にあるバラス島は、サンゴのかけらが集まってできた、いわば中州のようなもの。そのため、地図にも載っていない。

そんな世にも珍しいバラス島だが、ダイバーたちの間では有名なシュノーケリングスポットである。地図にない島へ色鮮やかな熱帯魚たちに会いに行くというのもロマンティックだ。

宮古島「保良泉ビーチパーク」

宮古島の南東部に位置する保良泉(ほらがー)ビーチは、周りを断崖に囲まれた穴場ビーチである。保良泉ビーチパークでは、プールからカヤックまで幅広くマリンレジャーを楽しむことができる。

さらにここには鍾乳洞があり、事前にツアーに申し込めば鍾乳洞探検ツアーに参加することができる。海に面した入り口は、潮が引いた時にしか入れないため、ツアーの時間が限られているのが難点だが、もし予定が合うようなら是非参加してみて欲しい。

沖縄旅行・沖縄ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP