【離島編】沖縄のパワースポットはどこ?

沖縄の離島のパワースポットへ行こう

神とともに生き、その信仰を守り続ける人々が住む沖縄では、離島にもさまざまなパワースポットがあります。その神秘の力を感じに、離島へ出掛けてみませんか。沖縄の離島の中でも特に行ってみたいスポットをご紹介します。

沖縄のパワースポット

神の島・久高島

沖縄本島から高速船で15分で行くことが出来る久高島。死後の世界といわれるニライカナイの途中にある神聖な場所として、ありのままの姿で守られている島には、足を踏み入れてはいけない聖地が多くあります。

久高島の北にあるカベール岬は、琉球を作ったとされるアマミキヨが降り立った場所として知られていますが、ここに「生まれ変わりの岩」と呼ばれるパワースポットがあります。中が空洞になっており、ここに潜って出ることは胎内から赤ちゃんが生まれ出る瞬間と同じ、自分自身の生まれ変わりのパワーをもらうことが出来るとされています。

子宝のパワー・浜比嘉島

琉球を作ったとされるアマミキヨがシネリキヨとともに住んだとされる島、浜比嘉島。二人が住まいを構えたとされる洞窟、「シルミチュー」は子宝祈願で訪れる人が絶えないパワースポットです。洞窟の中にある石は、霊石とされ、大切に守られています。

生きるパワーを与えてくれる島・宮城島

沖縄本島から車で行くことの出来る宮城島。島内のぬちうなーで作られる「ぬちまーす」は命の塩として注目されています。さらに島には3つのパワースポットがあり、その中の1つ、「龍神風道」は、海の神様である龍宮神のエネルギーを分けてもらえる場所です。

現状に悩んでいる、病後の体を元に戻したい、そんなときにきっと力になる場所です。

自然がありのまま残る島・西表島

沖縄の次に大きな島、西表島。亜熱帯の原生林に覆われたこの島には、ありのままの自然が守られています。大小30もの滝があり、その水しぶきにも癒やされますが、その中でもカンビレーの滝は「神の座」の名前を持つ聖地となっています。岩の上を走る水の迫力に心が洗われるはず。

日本最南端の島・宮古島

沖縄本島から南へ約290kmのところにある宮古島。ここは島全体がパワースポットであるといわれていて、幸運を授かる場所として知られています。その宮古島にある日本で最も南にある神社、宮古神社は、金運を上げてくれるパワースポットとして今注目を集めています。

金運だけでなく、商売繁盛や厄除けの御利益もある宮古神社は、高台にあるので島を見渡せる絶景ポイントでもあります。宮古島の幸せパワーと一緒に、ぜひ素敵な運を引き寄せたいですね。

宮古神社

住所:沖縄県宮古島市平良字西里5−1

電話番号:0980-72-6137

アクセス:宮古空港から車で15分

宮古神社

神様に愛される島・大神島

宮古島の北、約4kmのところにある大神島は、神が宿る島、また神が住む島ともいわれています。宮古島から、船でしか行けない場所にあります。

長く島民以外の立ち入りを禁じ、古くからのしきたりが守られてきた島であることから、無断で足を踏み入れてはいけない場所が多くあります。島を見渡せる遠見台にある神様の岩で、ぜひ神様からのパワーを分けてもらいましょう。

美しい海の島・石垣島

シュノーケリングなど美しい海のイメージがある石垣島にも、もちろんパワースポットがあります。なかでも注目されているのが川平湾です。満潮と干潮では違う顔を見せる川平湾には、龍王の伝説が残っているのだとか。

八重山地域の中心に位置する石垣島には、多くの御獄があり、今も古き風習としきたりが守られている、島そのものがパワースポットなのです。

自然がくれるパワーがあふれる沖縄

自然の神とともにある沖縄では、自然そのものの力を取り入れることが出来るパワースポットが多くあります。沖縄の自然を感じながら、新しい自分を見つけに離島を訪れてみませんか。

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP