本場で存分に味わいたい!沖縄限定の食べ物まとめ

異国情緒が感じられる沖縄は、本土と異なる歴史や文化を有していることもあり、食文化も沖縄独特のものとなっています。沖縄ならではの食べ物としては、沖縄そばや、タコライスがあるほか、お酒では泡盛が有名です。

そのほか、沖縄らしさを感じさせるお菓子として、紅芋タルトなどがあり、お土産に沖縄の限定品を買って帰ると喜ばれます。それでは、沖縄限定の食べ物について見ていくことにしましょう。

沖縄限定の食べ物まとめ

画像引用元:写真AC

あっさりした味わい「沖縄そば」

沖縄の食べ物として真っ先に思いつくものは「沖縄そば」ではないでしょうか。

沖縄そばには、「そば」という名前がついていますが、そば粉は使われておらず、小麦粉だけを使用して作られています。麺は太めで、食感はうどんに近い味わいとなっています。

沖縄そばのスープは豚骨とかつお節ベースの塩味で、スープの色合いは薄めに仕上がっています。具材は、三枚肉や沖縄かまぼこなどが乗っているほか、薬味としてネギと紅ショウガが添えられています。

なお、沖縄そばと似た名前のそばに「ソーキそば」がありますが、違いは、沖縄そばには三枚肉が載っていること、ソーキそばには骨付き肉が載っていることで、麺やスープなどは同じものとなっています。

じっくりコトコト煮込んだ「ラフテー」

ラフテーとは、皮付きの三枚肉を煮込んだ料理のことです。煮込む時には、泡盛と醤油、砂糖を使い、数時間かけてじっくりと煮込みます。

ラフテーは厚みのある肉ですが、長時間にわたってじっくりと煮込んでいることから、しっかりと味がしみており、また、柔らかい食感が楽しめます。

ラフテーは、一見すると豚の角煮に似ていますが、豚の角煮は皮なしの肉を使用すること、そして、ラフテーは皮付きの肉を使用する点に違いがあります。

また、煮込む時には、豚の角煮はみりんや日本酒などを使用しますが、ラフテーは泡盛を使って煮込みます。

ボリューム満点!「タコライス」

タコライスとは、ひき肉やチーズ、レタスやトマトなど、メキシコ料理のタコスの具材を、皿に盛ったご飯の上にのせた料理のことです。

タコライスは、米軍の軍人向けに安くてボリューム感のある食事を提供したい、という思いがきっかけで生まれたとされています。そのほかにも、まかない食がメニューとして登場した、という説もあります。

沖縄県内では、タコライスは一般的な料理となっており、県内各地で食べることができますが、発祥の地は、那覇市から車で約1時間の金武(きん)町です。金武町では、アメリカのような雰囲気が感じられるお店で、本場のタコライスを味わうことができます。

ほくほく美味しい「サーターアンダーギー」

沖縄ならではのお菓子として「サーターアンダーギー」があります。サーターアンダーギーの意味は、「砂糖を使い、油を使って揚げたもの」となります。

小麦粉と砂糖、卵黄を使用したシンプルなものもありますが、中には、紅芋を使用したものもあります。サーターアンダーギーは日持ちするので、お土産にも最適です。

サーターアンダーギーの形は丸っぽくなっていますが、四角い形に作ると、「三月のお菓子」という意味の「サングァチグァーシ」となり、縁起物のお菓子となります。

お土産に買うと喜ばれる!「紅芋タルト」

沖縄のお土産に最適なお菓子といえば、沖縄名産の紅芋を使用した「紅芋タルト」があります。

タルト生地は、しっとりとした食感で、タルト生地の内側には、紅芋ならではの紫色のペーストが詰められています。全体的に甘さ控えめで、スイートポテトのような味わいです。

お茶うけに最適なお菓子で、お土産に買っていくと喜ばれます。

限定品を手に入れよう!沖縄の蒸留酒「泡盛」

沖縄ならではのお酒といえば、「泡盛」です。

泡盛は、米こうじを用いて作られた蒸留酒で、沖縄ではアルコール度数30%のものが一般的となっています。本土で販売される泡盛は25%のものが大半であることから、沖縄を訪れたら、30%の泡盛を手に入れてみましょう。

そのほか、沖縄限定の泡盛も販売されている場合があるので、お店で限定品探しをしてみるのも良いでしょう。

また、泡盛を3年以降寝かせると「古酒(クースー)」と呼ばれ、上質な香りやまろやかさが感じられるようになります。

沖縄の独自性が感じられる食べ物やお菓子、そして、泡盛について見てきましたが、本土ではお目にかからないものばかりで、いずれも物珍しさが感じられます。沖縄を旅行したら、沖縄ならではの限定品を存分に味わってみてみましょう。

沖縄旅行はこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP