沖縄でオススメな郷⼟料理は何︖

沖縄は日本、中国、東南アジアの文化が混じり合った土地柄。食文化も、長い歴史の中でこれら地域の影響を受けて独自の発達を遂げました。

沖縄へ行ったら郷土料理を堪能しない手はありません。代表的なおすすめ郷土料理を見ていきましょう。

沖縄でオススメな郷⼟料理

豚と山羊

沖縄で最も消費量の多い食肉は豚肉と言われています。「鳴き声以外は全て食べる」といわれるほど、豚一頭を余すところなく食べ尽くします(ひづめは食べないそうですが)。

ラフテー

琉球王朝時代に中国の東坡肉(トンポーロー)の作り方を取り入れて宮廷料理として完成させたものだそうで、現在では、沖縄の伝統料理ランキングで不動の上位をしめるほどになりました。

レシピは、豚の三枚肉ブロックを皮のまま下ゆでし、適当な大きさに切り分けてから煮込みます。煮汁は、鰹や昆布の出汁に醤油、砂糖、泡盛を加えます。

いったん冷ますと、油が固まるので取り除いてまた煮込むと、とろけるほど柔らかなラフテーが出来上がります。

ソーキ

「ソーキ」は、ラフテーの材料を三枚肉からあばら肉(要するにスペアリブ)に変えたものです。

ミミガー

「ミミガー」は豚の耳。ゆでるか蒸して細切りにし、ポン酢、辛子みそでいただきます。コリコリとした軟骨の食感が酒のつまみに最適で、泡盛が進みます。

テビチー

じっくり煮込んだ豚足はテビチーといい、脂肪分が抜けてコラーゲンたっぷりのプルプルになり、お肌に良いとされています。

次は山羊です。

沖縄では山羊のことをヒージャーといいます。山羊料理の専門店もあるほどポピュラーなお肉です。主に汁と刺身で食べます。

ヒージャー汁

山羊肉と野菜を塩味で煮込んだ郷土料理です。山羊肉には特有の臭みがあるので、ショウガやフーチバー(ヨモギの一種)を入れて臭みを消します。

滋養強壮効果が優れているといわれ、薬としても珍重されています。クセのある匂いも、慣れると病みつきになるのだそうです。

沖縄そば

こちらも沖縄の人気料理ランキング上位の常連です。そばと言っても中華麺の一種で、蕎麦粉は使われていません。麺は太め。スープは豚骨ベースの鰹出汁です。ソーキをのせればソーキそば(写真)。テビチーをのせればテビチーそばです。

乾燥させた島唐辛子を泡盛に漬けこんだコーレーグス(高麗薬)という薬味が欠かせません。

炒め物

沖縄の伝統郷土料理では、炒め物を外すことがはきません。代表的なのがチャンプルーとイリチー。大雑把にいうと、チャンプルーは炒め物でイリチーは炒め煮。

もともとチャンプルーには「混ぜこぜにしたもの」という味があり、今では、いろいろな食材を炒めた料理の総称として用いられるようになりました。

チャンプルー

チャンプルーに使う材料は野菜、肉、豆腐、はてはそうめんまで何でもあり。沖縄特産の島豆腐を入れるのがチャンプルーの決まり、とも言われていますが、島豆腐が入らないチャンプルーもあって、そのあたりは曖昧です。

ゴーヤーを使った「ゴーヤーチャンプルー」は全国に知られるようになりました。

クーブイリチー

豚肉と昆布を炒め煮にした素朴な料理がクーブイリチー。クーブとは昆布のこと。出汁を取って残った昆布が最後まで有効利用されます。残った昆布を細く刻んで、豚肉、こんにゃく等を加え、塩、醤油、砂糖で炒め煮にします。

スイーツ

おしまいはスイーツです。

ちんすこう

沖縄の伝統的な菓子で、昔は、蒸した米粉にラードと砂糖を加えて練り、型に取ったものでしたが、今では小麦を使います。

琉球王朝時代は、王族や貴族でもめったに口にすることができないほど貴重なものだったそうですが、今ではすっかり沖縄土産の定番になりました。

サーターアンダーギー

サーターは砂糖のこと、アンダは油、アギは揚げる。アンダとアギの語尾をのばしてくっつけるとサーターアンダーギーとなります。

砂糖を油で揚げたものということですが、要するに丸いドーナツです。表面はサクサクで中はしっとりという独特の食感があり、砂糖を用いるために昔は贅沢品とされ、今でも縁起物のお菓子です。

まとめ

沖縄の郷土料理の中から万人向けのものをいくつかピックアップしてみました。沖縄以外でも食べられるようになりましたが、やはり本場で味わうのが一番です。

お目当ての一品をどこで食べるか、専門店がよいか居酒屋にするか、あれこれ迷うのも旅の楽しみの一つですね。

(画像は写真ACより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP