九州旅行おすすめ観光情報一覧

産業革命を知る 九州の世界文化遺産を巡る

産業革命を知る 九州の世界文化遺産を巡る

世界遺産は屋久島が有名ですが、2015年に登録された、「明治日本の産業革命遺産」とは、幕末の西洋技術の導入から国家が推し進めた製鉄、製鋼、造船、石炭産業の近代工業化を示す資産のことです。岩手県から鹿児島県までに所在する23遺産のうち、九州では5県が資産を有していることでも注目されました。日本における産業革命の歴史を垣間見ることのできる、九州の世界遺産をご紹介します。

詳しくはこちら

佐賀にある歴史的観光地は何があるの?

佐賀にある歴史的観光地は何があるの?

佐賀を訪れた際には、温泉や食べ歩きなども良いですが、忘れてはいけないのが歴史的観光地巡り!今回は佐賀の歴史的観光地を紹介します。

詳しくはこちら

世界遺産に登録された軍艦島の魅力は?

世界遺産に登録された軍艦島の魅力は?

近年の"廃墟ブーム"の先駆け、そして最高峰ともいえる長崎の端島(はしま)、通称"軍艦島"は廃墟ファンでなくてもその名前を知っている方は多いでしょう。今回はその"軍艦島"の魅力をご紹介します。

詳しくはこちら

地元民だけが知る、九州ソウルフード食べ歩きのススメ

地元民だけが知る、九州ソウルフード食べ歩きのススメ

九州旅行を計画中の方へ、楽しさが倍増しそうな、地元でしか手に入らないソウルフードを現地で食べてみるという企画はいかがでしょう。九州のソウルフードと言えば、「辛子明太子」や「もつ鍋」、インスタントラーメンの「うまかっちゃん」や「マルタイ棒ラーメン」などがありますが、既に九州以外でも味わえるおなじみの味となっていますね。そこで今回は、九州でしか味わうことができない"超ソウルフード"をご紹介します。

詳しくはこちら

晩秋の九州で紅葉を楽しもう!九州のオススメ紅葉スポット

晩秋の九州で紅葉を楽しもう!九州のオススメ紅葉スポット

九州では、夏の余韻が秋にかけても残りますが、晩秋を迎えた頃、いよいよ木々の葉が黄色や赤に色づき始めます。緑豊かなイメージが強い九州ですが、赤々と染まった木々や山々を眺めるのも格別です。九州各県の代表的な紅葉スポットを集めてみました。深まりゆく秋に、ゆったりと散策しながら紅葉を楽しんでみませんか。

詳しくはこちら

一足早く、春を先取り!九州でオススメの桜の名所

一足早く、春を先取り!九州でオススメの桜の名所

春の訪れを告げる花である「桜」。九州各地には、桜の名所が数多くあります。公園内で咲き乱れる桜や、お城を背景に咲く風情ある桜など、見所がたくさんです。桜の花の色を眺めていると、心が温まる感じがしますよね。一足早く春が訪れる九州で、お花見をしながら春を先取りしてみませんか。

詳しくはこちら

与論島の人気沸騰の秘密は、美しすぎる「サンドバー」!!

与論島の人気沸騰の秘密は、美しすぎる「サンドバー」!!

与論島は最近ジワリジワリと注目されつつあります。人気の背景には、1冊の旅行書が異例の大人気となったためと言われています。トラベルフォトブック「死ぬまでに行きたい世界の絶景~日本編」。同書の中で紹介された絶景の1つに「鹿児島県・与論島」。その中で特に目を惹くのが「サンドバー」の美しさです。某テレビ番組でも同書と与論島が紹介され、人気沸騰に拍車をかけたのです。日本とは思えないような美しさで、訪れる人を魅了する与論島の「サンドバー」をご紹介いたします。

詳しくはこちら

長崎旅行で絶対に訪れたいおすすめスポットは?

長崎旅行で絶対に訪れたいおすすめスポットは?

長崎の特徴を簡単にまとめると異国情緒と歴史、そして風光明媚であること。長崎にはちゃんぽんという代表的な料理がありますが、ちゃんぽんが象徴するように、長崎には和の文化のほかに中国や西洋の文化が混在しています。そんな魅力的な長崎のおすすめスポットをご紹介いたします。

詳しくはこちら

佐賀県で見逃せない、選りすぐりの歴史的建造物

佐賀県で見逃せない、選りすぐりの歴史的建造物

佐賀県は戦災をまぬがれた地区が多く、歴史的に重要な建造物がたくさん残されています。佐賀の文化を現代に伝える、歴史的建造物を観光してみませんか。佐賀観光で是非訪れたい、おすすめの歴史的建造物をご紹介します。

詳しくはこちら

種子島の魅力を知ってしまったら虜になること間違いなし!

種子島の魅力を知ってしまったら虜になること間違いなし!

ここ最近、日本の離島に興味を持つ人が増えています。離島と言うと海外のリゾート地をイメージする人もあるでしょう。しかし、日本にはたくさんの離島があるんですよ。今回焦点を当てるのは鹿児島県の離島、種子島です。種子島と言えば歴史の授業で習った「ポルトガルから鉄砲が伝来したところ」という印象しかない人もあるかもしれませんが、今の種子島はそれだけではありません。早速、種子島の魅力をご紹介していきましょう。<

詳しくはこちら

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP