×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

初めてのバリ島旅行指南!「バリ島旅行のみかた」のホリさんに徹底インタビュー!

バリ島旅行に今だけ使える3,000円OFFクーポン

クーポンコード:mV3QjY

※バリ島ツアー商品(2名様以上のお申込みに限り)

※先着30名様までの新規ご予約のお客様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

詳しい条件を確認する

対象予約期間:
2018年09月15日(土)~
※先着30名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

対象出発日:
~2018年12月31日(月)出発まで

対象ツアー:
バリ島ツアー商品

注意事項:
・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき3,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
・予約完了後のご利用はできません。予めご了承ください。
・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。
・他のクーポン、割引とは併用できません。(※ポイントとの併用のみ可能です)

対象ツアー一覧へGo!!

画像22

卒業旅行や家族旅行、ハネムーンの旅行先としても人気の高いインドネシア、バリ島。
そんなバリ島から日々リアルな観光情報を発信し続け、注目を集めているメディアがあるのをご存知でしょうか?

今回はそんな大注目メディア'バリ島旅行のみかた'のメインライターの1人、ホリさんにお越しいただき、初めてバリ島に行く方のためにアレコレと聞いてみました!
バリ島旅行を検討中の方はぜひ要チェックです!

1.バリ島の○○について聞いてみた!

ー 某日、ホワイト・ベアーファミリー東京支店 ー

画像1

ぬん......

画像2

ちらり......

画像3

ちらり......

画像4

ホリ:あのー、本日お呼びがかかったとのことで、編集部に言われてバリ島から来たホリですけども......

画像5

スズキ:あ、どうもこんにちは!!お待ちしておりました!

画像6

ホリ:二ホンサムイネェ。

■登場人物①ホリ
今最注目メディア'バリ島旅行のみかた'ライターのひとり。
2015年にバリ島に移住してから、メインライターとしてリアルな観光情報を発信し続けている。
Facebook、Youtube、Twitter、InstagramなどSNSでも活躍中。

■登場人物②スズキ
株式会社 ホワイト・ベアーファミリー 海外旅行部企画担当のスズキ。
業界歴は5年目。バリ島への渡航歴は2回。

画像7

スズキ:今回はバリ島に初めて行く方向けに旅行全般についてお伺いしていきたいと思います!

画像8

ホリ:よろしくお願いします!
多分今まで1,000人くらいのバリ島旅行者のご質問には答えてきたので、ベストアンサーを返せる割合は良い方だと思います。
野球でいうと元近鉄のブライアントくらいかな。
いや、もっとだな、たしかにブライアントはパワフルで凄かったけど、割合でみると...

画像9

スズキ:ちょっとなに言っているかわからないので、早速進めさせていただきますね!

1-1.バリ島の'ことば'について聞いてみた!

画像11

スズキ:まずはバリ島でのことばについてお聞きしたいのですが、英語は通じますでしょうか?

ホリ:日本人観光客が行くようなレストランやホテルであれば、英語はほぼ100%通じます!
あとは日本人に人気のお店やホテルであれば、日本語も通じるスタッフがいる場合がありますね。
アニメのナルトで日本語を覚えたというツワモノも友達にはいます!

スズキ:へぇ!インドネシアで放送されているんですね!ではちょっと質問の仕方を変えて、英語ができないとバリ島に旅行に行けませんか?

ホリ:んー、僕はそんなことはないと思います。
理由はたくさんありますが、主に2点だけご説明しましょう。
まず、対面の会話においては、電話ではないので、言語はあくまでコミュニケーションツールの1つで、身振り手振りや表情である程度のことは伝わるという点。
インドネシア人だって母国語はインドネシア語なわけで、お互いそこまで英語が上手なわけではないので、知っている単語ベースで話をしても成立すると思います。
こちらが伝えようとするとバリ島の人はなんとか理解しようとしてくれますよ!

もう1つは、先ほども言った通り日本語が通じる人もいるということ。
それこそペラペラの人は少ないかもしれませんが、こちらが簡単な日本語で話せば、大まかな意図を理解できるという人は、日本でインドネシア語ができる人を探すより圧倒的に簡単だと思います。

スズキ:そうなんですね!初めての海外旅行でも安心できそうですね!では、これだけは覚えていった方がいいインドネシア語はありますか??

ホリ:んー...ありがとうを意味する「テリマカシ(terima kasih)」と美味しいを意味する「エナッ(enak)」は覚えた方がいいですね!
もちろん、「Thank you」でも「It tastes good」でも伝わる内容は同じですが、カタコトの母国語で言われた方が嬉しさは増しますよね!

1-2.バリ島の'治安'について聞いてみた!

スズキ:では次にバリ島の治安についてお伺いしていきます。世界の中で見るとバリ島の治安は良い方なのでしょうか?
やはり初めてバリ島に行く方の中でバリ島の治安を心配される方も多くいらっしゃいます。

ホリ:個人的には軽犯罪が多く、重犯罪は少ないというイメージがありますね。
例えば街中でのスリやひったくりはたまに聞く話で、住んでいる僕ですら注意をして歩きますが、「誰でもよかった」的な猟奇的な殺人事件や、腕時計を盗むために腕ごと切断されるみたいなことはありません。現地の目線としても観光客が来ないと経済が潤わないので、観光客は大切にしてみんなで守るという印象を持っています。

スズキ:なるほど。具体的にいうとどんな感じでしょうか?例えば、女性二人の場合は夜の街を歩かない方がいいですか?

ホリ:んー、判断が難しいですね!
日本人女性の二人組が夜歩いている姿は見かけますが、深夜の繁華街、特にナイトクラブが多いレギャン通りは避けた方がいいでしょう。ただ、その他の明るい通りで、例えば21時過ぎて歩いているからといって、いきなり襲われるなんてことは滅多にないかと思います!
あとは「南の島でバカンス♪」という言葉に浮かれて、お酒を飲み過ぎないことです。
日本に帰ってくると毎回思うのですが、歩けなくなるほどの酔っ払いが多い...。
海外ならどこも同じだとは思いますが、夜の繫華街でフラフラと歩いていれば何かしらの悪い人に狙われはしますよね。

スズキ:たしかにそうですね!あくまで海外ということを意識しつつ、お酒は飲み過ぎない...ということですね!ちなみに夜のタクシーは安全でしょうか?

ホリ:夜・日本人・女性となると完全メーター制のブルーバードタクシーに乗ることをオススメします。交渉型のタクシーで問題になる例はたくさんありますが、ブルーバードならまず安心。

しかしながら、夜、23時とか24時になってしまうと流しのブルーバードタクシーがいなくなってしまうので注意が必要です。
そんな場合は、安心できそうな飲食店のスタッフに電話で呼んでもらうか、専用のアプリを使うかです。

ブルーバードタクシー公式のアプリは「My Blue Bird」という名前でダウンロードができ、事前の電話番号認証が必要ですが、現在地と目的地の入力だけで近くにいるブルーバードタクシーを24時間呼ぶことができますし、またマップ上で空車の現在位置をみることもできます。
これはマスト!初めてバリ島旅行する際にはかなり役に立つかと思います!

スズキ:おー、これは初めて知りました!ダウンロードしておきます!!

1-3.バリ島の'治安'について聞いてみた!

画像12

スズキ:次は気になるお金のコトを聞いていきますね!
初めてバリ島に行く方がやっぱり観光で気になるのは両替だと思うのですが、日本で両替していった方がいい、逆に日本では両替しない方がいい等はありますか?

ホリ:インドネシアルピアに限って言えば、日本では両替しない方がいいですね。
レートが全然違うのでかなり損をしてしまいます!また数年前までは観光ビザの料金($20)を空港で払う必要がありましたが、今はそれも免除になっているので、全てバリ島に着いてからの両替で問題ありません。

スズキ:ではバリ島で両替するとして、オススメの両替所やタイミングはありますか?

ホリ:バリ島内であればレートは「バリ島の空港<ホテル併設<街中」の順で良くなっていきますので、空港までお迎えが来ている人に関しては、街中で替えた方がお得です!自分でタクシーを使ってホテルまで行く場合はルピアが必要になってくるので、数千円程度空港で両替する必要があるかと思います!

スズキ:街中が一番レートがいいですね!街中での両替に関しては何か注意した方がいいことはありますか?

ホリ:あります、あります!バリ島の街中には、高額レートで観光客をおびき寄せて、渡す金額を誤魔化す両替所もかなり多く存在するので、街中で両替する場合はレートよりもお店のキレイさや監視カメラ・警備員の有無で選ぶようにしてください。以前Youtube動画の企画で悪質両替所に突撃したのですが、何をどうしてもキチンと両替することはできませんでした。金額的には半分くらいになっていたのかな...

スズキ:えええ、そうなんですね。それはかなり注意しないといけないですね。

1-4.バリ島の'気候と天気'について聞いてみた!

スズキ:ちなみにバリ島旅行に初めて行く際におすすめの時期はありますか?
なんとなく乾季が良くて、雨季はジメジメしているイメージを持っていますが...

ホリ:はい!まず、バリ島は日本の四季と違い、乾季と雨季に分かれています。
時期で見てみると、大体「乾季が4月~10月、雨季が11月~3月」といったイメージでしょうか。
その年によって1カ月単位で変わることがあるので少し注意が必要です!
そんでもって、乾季は降水量が減り、湿度が低いのでカラッとした空気が流れており、観光客に人気のシーズンとなっています。特に日本のお盆の時期は乾季の過ごしやすい時期ど真ん中なので、バリ島は人気の観光エリアですよね!
ただ、雨季も個人的には好きです。というのも雨季と聞くと日本の梅雨のイメージを思い浮かべがちですが、その二つは全く別物なんです。
雨季だからといって、連日雨続きになることはほとんどなく、基本はまだ寝ている朝方と夕方に1時間程度雨が降り、お昼頃は晴れていることが多いです。

スズキ:いいじゃないですか、雨季!でも雨季にバリ島の天気予報を見ると雷雨マークが並んでいますが...

ホリ:そうなんですよね!
そもそも天気予報が日本ほど正確ではないのはありますが、バリ島という大きな括りでみてしまうと、北部の山岳地帯で降る場合にも全体では雷雨にされてしまうので、そんなことになっているのでしょう。
雷雨マークをスマホに表示させながら何度日光浴したことか...!
湿度の問題はあるので、乾季よりはモワッとしていますが、乾季のハイシーズンと比べると航空券も安くなりますし、雨季はオススメです!

スズキ:なるほど!では気温の方はどうでしょうか?
初めてバリ島に行った際に私もすごく迷いました。実際、半袖だけで過ごせますか?

ホリ:半袖だけでも過ごすことはできますが、羽織るものが1枚あるといいかなと思います。特に乾季は夜や朝方は冷えることが多いので、パーカーやカーディガンを持ってくるとベストです!

1-5.バリ島の'食べもの'について聞いてみた!

画像13

スズキ:では次はバリ島の食べものについて教えてください!まずバリ島って水道水は...

ホリ:飲めないです!ローカルでも飲み水はコンビニやスーパーで買いますね!

スズキ:そうですよね、そういう場合ってうがいとかも水道水は止めた方がいいでしょうか?

ホリ:んーうがいは在住者の中でもちょうど意見が分かれるラインですね。
ただ、ある程度のホテルになれば洗面台にうがい用の飲料水がペットボトルで置いてあるので、それを使ったらいいと思います!

スズキ:通常、観光で行くとご飯はレストランがメインになると思うのですが、ホリさんはいつもどういった場所でご飯を食べていますか?

ホリ:僕はほとんどローカルワルンですね。
ワルンとは屋台という意味で、広い意味では小さなお店もワルンと呼ばれています。
なんといっても値段が安く1食100円程度で食べられるワルンもあるので、ぜひ観光の人にもチャレンジしてみてほしいですね!
ワルンは「バッソ(肉団子スープ)のワルン」「揚げ物系ワルン」「バビグリン(豚の丸焼き料理)のワルン」といった形で、特定の料理の専門店として存在するので、食べたいものから人気ワルンを探すといいかもしれません!

スズキ:なるほど!ワルン、今度ぜひ行ってみます!!
初めてバリ島旅行に行くお客様にもお勧めしてみます!

1-6.バリ島の'おみやげ'について聞いてみた!

画像14

スズキ:ここまで「ことば」「治安」「両替」「気候と天気」「ごはん」と伺ってきましたが、在住者ならではの視点もあって非常に面白いですね!

ホリ:ありがとうございます!日々多くの方からご質問を頂くので、自分では躓かないポイントについても答えられるようになっていますね!

スズキ:ではこの流れで次はバリ島のおみやげについて!どんなものがバリ島のお土産としては人気が高いですか??

ホリ:バリ島は観光の島として世界で見ても人気が高い場所なので、お土産も本当にたくさんあります。
中でも人気が高いのは、バリ島で生産加工されたカシューナッツやチョコレート、ヘアトリートメントやココナッツオイルなどの女性向けコスメ、アタという植物を使ったカゴバックや国内で取れた銀をバリ島で加工したシルバーアクセサリー等でしょうか。

スズキ:ガイドブック等にもたくさん載っていますよね!おみやげを買う場所としてオススメなのはどこでしょうか??

ホリ:んー、初めてバリ島を訪れるのであればまずはスーパーマーケットですね!
バリ島のスーパーマーケットは日本と違い、観光客向けのブースが用意されていたり、お土産品もかなり充実しているので一度は足を運んだ方がいいスポットの1つです!
あとは空港近く24時間営業のクリシュナという大型雑貨店も、コテコテのバリ島雑貨やI♡BALIのTシャツが安く売っているのでオススメですね!

1-7.バリ島の'交通手段'について聞いてみた!

スズキ:次にバリ島での交通手段についてお伺いしていきます。バリ島には公共の交通手段はどのようなものがあるのでしょうか?

ホリ:バリ島の公共交通手段はほぼ無いと思ってもらって構いません。
電車や地下鉄はなく、トランスサルバギータという公共バスがあるのですが、タイムスケジュールが用意されていないローカル向け路線。観光客が主に利用しているのはタクシーやホテルの送迎、シャトルバス、ドライバー付きのカーチャーターが多いかな...

スズキ:んーたしかに、電車がないとそうなっちゃいますよね!バリ島はかなり渋滞しそうですし...

ホリ:確かに渋滞問題はありますね。
特に大型バスで団体行動をする中国人がバリ島に急激に増えていて、狭い道路にバスが突っ込んで渋滞している光景はよく見ます。
あとは観光客に影響があるとすれば、ホテルから空港までが混んでいる場合ですね。
バリ島から日本直行便のフライトが夜になるので、バリ島随一のナイトスポットレギャン通りにホテルがある場合には早めに出ることをオススメしています!

1-8.バリ島の'オススメスポット'について聞いてみた!

画像15

スズキ:では最後にバリ島のオススメスポットについてお伺いさせてください!まず大きなところからいくと、今オススメのエリアはどこになりますか?

ホリ:個人的なオススメはチャングーというエリアですね。
バリ島南部の観光エリアはクタから始まり、レギャン、スミニャックと北上する形で瞬く間に発展していきましたが、スミニャックのさらに北部にあるのがチャングーです。
2017年現在は開発真っ只中で、田んぼと外国人オーナーのオシャレなお店が多く、バリ島の中でもチャングー独特な雰囲気を醸し出しています。日本人はまだあまりいませんが、若い欧米系のツーリストは口を揃えてチャングーがアツいよね!って言ってます!

スズキ:へぇー!そうなんですね!ぜひチェックしたいと思います!
次にバリ島といえばやっぱり南国のビーチリゾートなので海のイメージが強いのですが、やっぱりキレイなビーチは多いのでしょうか?

ホリ:それがそうとも限らないんですよ!
バリ島ってサーフィンも有名で、サーファーに好まれる海は波が高く、砂を巻き上げるので、定番のクタビーチやレギャンビーチ等の透明度は高くないんです。白い砂に真っ青な海を求めてクタビーチに行くと、ちょっとがっかりするかもしれません...

スズキ:おー、それは意外な情報ですね!ではエリアとしてはどのあたりに綺麗なビーチは存在するんでしょうか?

ホリ:まずは大型ホテルの多いヌサドゥア方面のビーチが定番ですね!
ホワイトサンドと青い海で、思い描く南国のビーチが広がっているかと思います。
あとは小さなシークレットビーチが多いウルワツ方面もチャレンジャーには行ってほしい!
バリ島にあるシークレットビーチは何かと崖の下にあることが多くて、長い階段をヘロヘロになりながら降りた先に広がるビーチを目の当たりにした瞬間は、感動ものです!

スズキ:それはぜひ見てみたいですね!寺院や世界遺産についてはどうでしょうか?

ホリ:もちろん寺院やパワースポットもバリ島には多く存在します!
僕も2年間で数多くの観光名所に行きましたが、印象的だった寺院はティルタエンプルですかね!
ティルタエンプル寺院では観光客でも沐浴体験ができるのですが、あれはもう修行です。レベルアップした気がします。
世界遺産についていえば、「ペクリサン川流域のスバック景観」というのがありますが、その中ではテガララン村のライステラスが有名ですね!一面緑の風景をカフェでゆっくりと眺めることができます!

スズキ:修行!!でもやってみたいかもしれないです!!

ホリ:ぜひやってみてください!!!!

インタビューを追えて・・・

画像16

スズキ:いやー、本日はありがとうございました。
これで大まかにバリ島について分かった気がします。
やっぱり現地の視点と観光客の視点の両方を持ち合わせているからこそ、でてくる答えが非常に興味深かったです!

画像17

ホリ:ありがとうございました。
途中のこう、ぐあーっとなって、敵のボスと味方のボスが、まさかあんなことになるなんて思いもよらなかったですよね!!僕もびっくりです!

画像18

スズキ:??

画像19

ホリ:??

画像20

スズキ:え??

画像21

ホリ:大丈夫、僕も意味はわかってないですから♪

画像22

ぜひ皆さんも一度バリ島に遊びに来てくださいね!

バリ島旅行はこちらから

バリ島旅行に今だけ使える3,000円OFFクーポン

クーポンコード:mV3QjY

※バリ島ツアー商品(2名様以上のお申込みに限り)

※先着30名様までの新規ご予約のお客様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

詳しい条件を確認する

対象予約期間:
2018年09月15日(土)~
※先着30名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

対象出発日:
~2018年12月31日(月)出発まで

対象ツアー:
バリ島ツアー商品

注意事項:
・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき3,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
・予約完了後のご利用はできません。予めご了承ください。
・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。
・他のクーポン、割引とは併用できません。(※ポイントとの併用のみ可能です)

対象ツアー一覧へGo!!

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP