×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

世界最長!港珠澳大橋を使ってマカオへの行き方をご案内!

マカオ旅行に今だけ使える2,000円OFFクーポン

クーポンコード:RanVYn

※対象出発日:2019年10月01日(火)~2020年3月31日(火)出発まで

※マカオツアー商品

※先着1,000名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

詳しい条件を確認する

対象予約期間:
2019年10月01日(火)~2020年3月20日(金)
※先着1,000名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

対象出発日:
2020年3月31日(火)出発まで

対象ツアー:
マカオツアー商品

注意事項:
・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき2,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
・ご旅行代金の総額が50,000円以上のツアーに適用となります。
・予約後のご利用はできません。予めご了承ください。
・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。
・他のクーポン、割引とは併用できません。(※ポイントとの併用のみ可能です)

対象ツアー一覧へGo!!

マカオ航路

2018年10月に開通した「港珠澳大橋」。これまでフェリーでしか行けなかったマカオや珠海にバスで行けるようになったんです!移動方法やチケットの買い方、料金など体験記を含めて詳しくご案内♪

2018年10月に開通した「港珠澳大橋 (こうじゅおう・おおはし)」。
これまでマカオと珠海への行き方は基本的に香港から約1時間かけてフェリーで行くルートがメインでしたが、陸路という新しい行き方が増えました!

今回は実際に私が乗車した際の体験記を含め、チケットの買い方や乗車方法、事前の注意事項などを詳しく解説いたします!

1.港珠澳大橋って何?

マカオ航路

香港・マカオ (澳門)・中国の珠海を結ぶ世界最長の橋で、国を跨いだ地域開発の為に2009年に着工開始。
当初は2017年開通を目指していましたが、橋上での規制を統一させるのに時間がかかり、2018年10月にようやく開通となりました!

先述した通り、開通前はフェリーで約1時間かけて移動するしかありませんでしたが、この港珠澳大橋が出来たことで新たな移動手段が増え、より簡単に・より早くマカオへ行くことが可能になりました♪

この港珠澳大橋の全長は55km!
日本最長の橋「東京湾アクアブリッジ」のほぼ13倍です。

そのうち海上を走っているのは香港側 (香港接線: Hong Kong Link Road) が約12キロ、海底トンネルが約7キロ、メインともいえるマカオ側の海上橋が約23キロとなっています。

建設のために使ったスチールは42万トン (エッフェル塔60個分)、
道路表面の面積は70万平方メートル (サッカーフィールド98個分)というまさに巨大建築物!!

香港⇒マカオへ行く際の大まかな流れとしては、
イミグレーション施設がある人工島・香港口岸にて出国手続き後、橋を渡るためのバスに乗車、
約40分でマカオ側のイミグレーション施設がある人工島・マカオ口岸に到着し入国手続きを行います。

2019年5月現在、港珠澳大橋を使ってマカオへ行く方法としては、
①香港口岸⇔マカオ口岸を走行するバス (通称: 金バス)と
②香港市内⇔マカオ大型ホテルを走行するバス (通称: 緑バス、赤バス)
の2通りがあります。

橋を使って移動するメリットとしては、①フェリーと違って24時間バスの運行がある!
②フェリーより料金が安い!どちらも旅行者には嬉しい内容。

早速詳しい内容を案内していきましょう!

2.香港口岸への行き方は?

2-1.香港国際空港⇒香港口岸

香港空港統到着後、入国審査・荷物のピックアップを終えると香港口岸までの循環バス乗り場まで向かいます。

B出口を出たあと到着ロビー1階端にあるカフェの裏側のエレベーターを使って3階まで移動します。

この際、到着ロビー内に「MAINLAND MACAO TRANSPORT」というバスのマークの矢印看板がありますが、
こちらは香港口岸には向かわないバス乗り場になりますので表示に惑わされないように必ずエレベーターに乗り3階まで向かってください。

エレベーターで3階へ上がるとすぐに香港口岸行きの循環バス乗り場「B4」に到着となります。

  • B4バス時刻表
  • B4バス

香港空港から香港口岸行きの循環バスはこの「B4」バスのみとわかりやすく、香港口岸が終点となるのでバスに乗ってしまえば降りる場所も気にしなくて大丈夫!

香港からマカオ行きのバスが24時間運行なのでこちらの循環バスももちろん24時間運行となっています。

料金は深夜になっても変わりませんが、運行間隔が変わってくるので深夜着の方は要注意ですね!

詳しい時間や料金は下記の通りです。

時間 路線番号 料金 乗車時間 運行間隔
午前5時30分~午前0時29分 B4 HK$6
(約85円)
約10分 10~15分間隔
午前0時30分~午前5時29分 30分間隔(深夜)

※2019年6月現在の情報となります。

こちらの循環バスはおつりが出ないので注意が必要です!
事前にぴったりの香港通貨を用意するか、もしくはオクトパスカードを準備していくのもいいですね!

2-2.香港市内⇒香港口岸

エアポートバス

香港の中心部から数多くでている、A系統のエアポートバス。
下記路線のエアポートバスは港珠澳大橋が完成してから香港空港ではなく香港口岸が終着点になっています。

路線番号 出発地 主な停車地 料金 出発地からの所要時間
A11 North Point Ferry Pier
(北角渡輪碼頭)
上環・中環・金鐘・
灣仔・銅鑼灣
HK$40 約75分
A21 Hung Hom Station
(紅磡站)
西九龍・旺角・油麻地
佐敦・尖沙咀
HK$33 約75分
A22 Lam Tin Station
(藍田站)
觀塘・九龍城・佐敦 HK$39 約80分
A31 Tsuen Wan Station
(荃湾站)
青衣・Panda Hotel HK19 約50分

2019年6月現在の情報となります。

最寄りのバス停からご乗車ください。

2. 港珠澳大橋を渡る際の注意点

①香港空港から香港口岸までのバスはおつりがでない

後述しますが、香港空港からイミグレーションがある香港口岸までのバスは運賃HK$6 (※2019年5月時点)がかかります。
香港に着いて細かいお金を用意しないままバスに乗ってしまうと大変なことに!必ず事前に細かいお金を準備しておきましょう!

②自販機での購入には、オクトパスカード/マカオパスが必要

オクトパスカードは、日本でいうSuicaのようなICカード。初めて香港やマカオに行かれる方は持ってない方も多いはず。
また、香港で購入の際はマカオパスは使えず、反対にマカオで購入の際にはオクトパスカードは利用出来ないため、カードを持っていない方は有人カウンターで購入しましょう。

③1台に乗り切れない場合は次のバスの到着を待つ

2019年5月現在、座席の事前指定が出来ない為、乗ったもの順に座っていく形です。
1台のバスに40~50人が乗れるのですが、週末は混雑することも・・・

緑バスと赤バスはチケットに出発時間が書かれていますが、金バスは出発時間も決められていないません。
家族や友人と一緒に座りたい!という方は余裕を持ってバス乗り場で待機するようにしておきましょう!

3.香港口岸に到着!香港を出国しよう!

香港口岸

到着すると荷物を持って建物の中へ!

建物の中に入るとすぐに出国審査になります。

有人カウンターレーン、自動ゲート専用レーンと分かれています。

「日本のパスポートだからカウンター側に並ばなきゃ!」と思った矢先・・・
なんと日本国籍のパスポートでも自動ゲートを使えるらしい!(あくまで香港出国時のみ。入国時はカウンターに並ばないとダメ)

混雑もなくスイスイと進み出国審査を抜けると、もう出発ロビー!実はこの施設、出発階と到着階しかないので、エスカレーターや階段で上り下りする必要はないのです。

なので施設内で迷う必要も一切なし!土地慣れしていない観光客にはありがたいですよねー!

イミグレーション

出国ロビーにはバスチケット券売機がズラリ。

左側にはカウンターもあります。チケットを購入していない方はこちらで買いましょう!

料金は下記の通りです!

時間 大人 *子供/**特例者 運行間隔
午前6時~午後23時59分 HK$65
(約1,000円)
HK$33
(約500円)
通常は10~15分間隔
(ピーク時間は5~10分間隔)
午前0時~午前5時59分 HK$70
(約1,050)
HK$35
(約525円)
15~30分間隔

* 子供・・・12歳以下で身長120㎝以下の方
**特例者・・・65歳以上、身体障害者の方

出国ロビーには他にもコンビニエンスストア (サークルK)や、お手洗いもありますので、
長距離の走行に備えて準備しておきましょう。

出国ロビー

マカオ (澳門)、珠海と行き先の看板が分かれているので、マカオ側の出口を通ります。

出てすぐの電光掲示板でどのバス停にバスが止まっているかすぐに分かります。
(大体みんな同じバスに乗っていくので、人の流れについていけばOKです)

バスのトランクに荷物を入れ、バスに乗っていきましょう。

※注意※

① 2019年5月現在、座席の事前指定が出来ない為、乗ったもの順に座っていく形です。
週末は混雑したり、座席が埋まり次第出発することも。

家族や友人と一緒に座りたい!という方は
余裕を持ってバス乗り場で待機するようにしておきましょう!

② トランクに積める荷物は1人1個、高さ64cm×横41cm×奥行23cm以内となっています。
現状厳格な制限はされていないようですが、大きな荷物を持ち込む場合は超過料金が発生することもあります。

また、バスの種類によっては荷物が積み込めない場合もあるので、スーツケース等をお持ちの場合は、積み込めるタイプのバスに乗りましょう。

4. 港珠澳大橋を走行!乗り心地は?

大橋

バスは日本の長距離バスみたいでエンジン音も気にならない程快適!
各座席にはモニターが付いており、音楽・映画・TV等が楽しめます。
(残念ながら中国語・広東語のみでの対応ばかりだったので、見渡す限り海!の時間を楽しみました♪)

※注意※

香港やマカオで数年に1度問題になる台風ですが、フェリーと同じように悪天候の時は運航中止となります!

【番外編: 香港市内⇒マカオホテルへの行き方 (直通バス利用)】


わざわざ香港市内から空港エリアまで移動するのは面倒!と思った方に朗報です!

この港珠澳大橋が出来たことにより、香港市内からマカオの大型ホテルまで直行で行けるバスの運行も始まりました♪

九龍・Elements (エレメンツ)ショッピングモールや佐敦から出発する「港澳一號 (通称: ワンバス)」、

そして同じく九龍・Elements (エレメンツ)ショッピングモールや太子上海街から出発する「港澳快線 (通称: 赤バス)」の2種類。

それぞれのバスの料金・立ち寄りホテルは以下の通りです。

港澳一號 (ワンバス)

≪港澳一號 (ワンバス)≫

料金 平日 (7時~19時) 平日 (19時~2時) 土・日・祝
大人 HK$160
(約2,400円)
HK$180
(約2,700円)
HK$180
(約2,700円)
子供 (3歳未満) HK$60
(約900円)
HK$80
(約1,200円)
HK$80
(約1,200円)

※片道運賃となります。
※日中は30分に1本、早朝・夕方は1時間に1本の運行となります。
※九龍~サンズマカオまで約110分、ヴェネチアン・マカオまで約125分、
 パリジャン・マカオまで約130分かかります。

図表

港澳快線 (赤バス)

≪港澳快線 (赤バス)≫

料金 平日 (7時~19時) 平日 (19時~2時) 土・日・祝
大人 HK$160
(約2,400円)
HK$180
(約2,700円)
HK$180
(約2,700円)
子供 (3歳未満) HK$60
(約900円)
HK$80
(約1,200円)
HK$80
(約1,200円)

※2019年6月現在の情報となります。

※片道運賃となります。
※日中は30分に1本、早朝・夕方は1時間に1本の運行となります。
※九龍~ギャラクシーマカオまで約120分

港澳快線では、マカオ半島側ホテルにはグランド・リスボア、MGMマカオ、サンズマカオ、スターワールドホテルへ止まり、コタイ側のホテルはヴェネチアンマカオ、ギャラクシーマカオ、MGMコタイホテルに止まります。

ただ、出発時間によって経由ホテルや終点ホテルが変わるため、
事前に時刻表にて確認することをオススメします。
(例: 10時に九龍出発のバスはマカオ半島側ホテルのみ止まり、11時に九龍出発のバスはコタイ側ホテルにのみ止まる、等)

チケットはそれぞれのバス会社ホームページから購入可能。港澳一號は出発の2週間前から、港澳快線は1か月前から予約できます。

ただ、残念ながら日本語ページはありません。
英語もしくは広東語のみの対応となるのでご注意ください。

≪利用方法≫

港澳一號 (ワンバス)

  • バス乗り場
  • チケット

2つのバスの出発地になっている九龍・Elementsショッピングモールは、MTR九龍駅直結なので移動も楽ちん!

九龍駅到着後、エスカレーターで1階へ上がり向かって左に進んでいくと「Mainland Coaches」というエリアがあるので、
こちらでチケット購入が可能です。

チケットカウンターの向かいには待合用スペースや電光掲示板で
バスのスケジュールを確認することも出来ます!

バス乗り場

チケットカウンター奥にあるエスカレーターでグランド・フロアへ。通路を進んでいくとバス乗り場です。出発時間の15分程前にはバスが止まっているので、チケットに書いてあるバス乗り場へ!座席は決まっていないのでお好きな席に座りましょう♪

バス乗り場2

香港口岸に到着すると、同じように荷物を全て持って出国審査へ。

手続きを終えたら、すぐにシャトルバス乗り場へ移動します。迷子になるかも、と心配な方も大丈夫!
チケット購入時にもらったシールを乗客はカバンや服に着けているので、
同じシールを付けている人についていくと安心です。

港澳一號もしくは港澳快線のバス乗り場から改めて乗車をし直して出発です♪

(※バスは約20分間シャトルバス乗り場で待機しています。
乗り過ごしてしまった場合は、別途新しいチケットを購入する必要がありますのでご注意ください。)

1.マカオ口岸に到着!いよいよマカオに入国!

バス乗り場2

香港口岸を出発してきっかり40分後、港珠澳大橋のマカオ側の入口にあたる終点の「澳門口岸」に到着!

こちらも新たに造成された人工島の中にあり、
バスはマカオ側のイミグレーション施設の前に到着します。

バスを降りる際、預けていた荷物をピックアップすることを忘れずに!

エスカレーターで2階に上がり、マカオへの入国審査 (パスポートのみ、出入国カードは不要)を受けます。

税関を通って到着ホールへ。

因みに筆者は、香港・九龍を朝10時くらいに出発したので、香港口岸に着いたのが11時過ぎ、マカオに到着したのは12時少し前くらいでした。
市内からだとフェリーを使う方が早く着くかもしれませんね・・・(笑)

ただ、船酔いが心配な方や深夜に香港に到着する方などは安心して使える交通手段だと思います!

6. マカオ口岸から市内までの移動方法は?

マカオ口岸から市内まで行く方法としては
①市内行き公共バス
②フェリーターミナル行き無料シャトルバス
③タクシーの3つあります。

【★市内行き公共バス利用の場合】

マカオ口岸到着後、建物を出て左手に公共バスのバス停があります。

「101X」もしくは「102X」のバスに乗ればマカオ市内に向かうことができます!
「101X」はマカオ半島内を循環しており、セナド広場や新馬路を通りホテルリスボアまで向かいます。

「102X」はマカオの南のほうへ向かうルートとなるので、
筆者のように旅行の場合は「101X」に乗ればマカオ観光地メインの場所まで向かうことができます♪

路線番号 料金 運行間隔 運行時間
101X HK$6
(約85円)
15~20分
25~30分
午前6:00~午前0:00
午前0:00~午後5:30
102X 15~20分 午前7:00~午後11:00

※2019年6月現在の情報となります。

  • 101x時刻表
  • 102x時刻表

【★フェリーターミナルを経由での各ホテルへ向かう場合】

2019年6月現在、マカオ口岸から直接各ホテル行きのシャトルバスは運行されていません。

そのため、各ホテルまで行くには一度マカオ半島フェリーターミナル
またはタイパ島フェリーターミナル行きのシャトルバスに乗る必要があります。

一度フェリーターミナルにてバスを乗り換えないといけないという煩わしさは多少ありますが、
無料でホテルまで向かうことができるのでお勧めです!

マカオ口岸到着後、建物を出てまっすぐ「H5」にて無料シャトルバスが停車しています。

下の写真のような白いバスが目印ですが、マカオ半島フェリーターミナル行きもタイパ島フェリーターミナル行きも同じ白いバスになるので行き先は要チェックです!

  • バス案内板
  • 白バス
  • フェリーターミナル到着後、各ホテルの無料シャトルバスがずらっと並んでいるので間違えないように利用するホテルのバスに乗りましょう。

    各ホテルが利用しているバスは、基本的にこれでもかというほどホテル名を主張しているのですぐに見つけれると思います。

    無料のシャトルバスを用意しているホテルを下記の一覧にしてみました!

    ※2019年6月現在の情報となります。

    フェリーターミナルから無料シャトルバスのあるホテル
    ヴェネチアン、パリジャン、スタジオシティ、シェラトン、ギャラクシー 、ホテルリスボア、グランドリスボア、グランドハイアット、グランドラパ、ホリデイイン(マカオ/コタイ)、MGM(マカオ/コタイ)、

    上手に無料のシャトルバスを乗りこなすことができればお得にマカオ旅行が楽しめそうですね♪

    【★タクシー利用の場合】

    マカオ口岸到着後、建物を出て右手にタクシー乗り場があります。

    上記のマカオ口岸バスターミナル地図で見ると「I1.I2.I3」でタクシーが停車しています。

    一番手っ取り早く目的地にたどり着きたいとのことであれば、
    日本と比べタクシー料金も安いのでタクシー利用がお勧めです!

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    2018年に開通した港珠澳大橋の利用方法を詳しく紹介してみました♪

    フェリーを利用するのに比べて安い!早い!深夜でも利用ができる!とメリットがいっぱいの港珠澳大橋。

    世界遺産はもちろん、カジノやショー、グルメが溢れるマカオへより便利に行けるようになるのは嬉しいですよね♪

    海上橋としては世界最長の港珠澳大橋を使って是非マカオへ訪れてみては!!

    《香港マカオ2都市周遊ツアーを探す》

    マカオ旅行に今だけ使える2,000円OFFクーポン

    クーポンコード:RanVYn

    ※対象出発日:2019年10月01日(火)~2020年3月31日(火)出発まで

    ※マカオツアー商品

    ※先着1,000名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

    詳しい条件を確認する

    対象予約期間:
    2019年10月01日(火)~2020年3月20日(金)
    ※先着1,000名様限定!定員に達し次第締め切らせていただきます。

    対象出発日:
    2020年3月31日(火)出発まで

    対象ツアー:
    マカオツアー商品

    注意事項:
    ・1回のご予約で1グループ・大人2名様以上のお申込につき2,000円、1クーポンのみご利用いただけます。
    ・ご旅行代金の総額が50,000円以上のツアーに適用となります。
    ・予約後のご利用はできません。予めご了承ください。
    ・クーポンをお取消料金などに充当することはできません。
    ・パッケージツアー購入後に変更し、上記対象のツアー以外となった場合はクーポンは無効となります。
    ・他のクーポン、割引とは併用できません。(※ポイントとの併用のみ可能です)

    対象ツアー一覧へGo!!

    国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP