新発見!仁川空港でできちゃうこんなこと

新発見!仁川空港でできちゃうこんなこと

旅を満喫してさぁ帰ろう!でも日本へ帰る前にもう少し旅行を楽しみたい・・・
そんな風に感じたことはありませんか?
特に韓国は短期滞在や弾丸旅行で行かれる方も多いはず。
そんな方にピッタリの出国間際まで韓国を楽しめる仁川空港ならではのオススメポイントをご案内します。

1. 空港チェックインがもっと便利に!「セルフバッグドロップ」

空港について、いざチェックイン!と思ったら長蛇の列・・・
重い荷物を転がして長~い列に並ぶのって一苦労ですよね。
または、荷物も少ないし預け荷物もないのに長い時間並ばなくてはいけないのも苦痛だったりします。
仁川空港では、そんな人にオススメのセルフチェックインサービスや、カウンターに並ばずに荷物を預けられるサービスがあるんです。
それがこちらの「セルフチェックイン」と「セルフバッグドロップ」

  • セルフチェックイン
  • セルフバッグドロップ

まず手前の「セルフチェックイン機」。関空や成田空港にもあるので、馴染みの方も多いと思います。
預け荷物がない方は、こちらでパスポートをかざせば搭乗券が出てくるので便利ですよ!

そして後方に見える「セルフバッグドロップ」。
上のセルフチェックインや、予めウェブサイト等でチェックインをした後、ベルトコンベアーに荷物を乗せて、パスポートをかざし、画面表示に従ってボタンを押して進めるだけ!最後にタグステッカーが出てくるのでスーツケースに張り付けてお終いです。
もちろん日本語表示もありますし、周りで空港スタッフが見守ってくれてたり、いざとなれば助けてくれるので初めての方でも安心ですよ!

【注意事項】
1. 大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空のみ利用可能
2. コードシェア航空券 (他社航空会社との共同運航便)の方は利用不可
3. 荷物は1つ23キロ以内
4. 出発の1時間前まで利用可能

仁川空港にこの設備が出来てから、平均10分以上もチェックイン手続きが短縮されたそうです!
空港で時間を有効に利用したいなら、是非お勧めしたいサービスです。

2. 韓国伝統文化センターで伝統芸能を体験しよう!

美味しいものは食べたけど、韓国ならではの体験はしてないな・・・
そんな人にオススメなのが、仁川空港にある「伝統文化センター」。
韓国を訪問や乗り継ぎで訪れる外国人観光客へ韓国固有の伝統文化を紹介する場所なんです!

  • 伝統文化センター
  • 伝統文化センター

伝統工芸品を作ってみたり、伝統芸術公演を鑑賞したり、チマチョゴリを着てみたり・・・
空港での待ち時間に文化体験が出来るなんて!しかもタダで!(笑)。
年間50万人が訪れるのも納得です!

文化センターは旅客ターミナル免税エリア3階に2つ (東館25番ゲート、西館29番ゲート付近)、搭乗棟3階エリアに1つ (122番ゲート付近)にあります。
(アシアナ、大韓航空を除く外国航空会社(日本航空・全日空・ユナイテッド空港など)はこちらから離着陸します。)


韓紙

私が体験したのは、「韓紙」を使ったオリジナル器作り。糊でペタペタ貼っていくだけなので小さなお子様にもオススメですよ~♪
多言語(日本語含む)でのモニターに図面で分かりやすく説明してくれます!


伝統楽器での演奏鑑賞

衣装体験が出来るのは搭乗棟のみなので、体験は出来ませんでしたが・・・
伝統楽器での演奏鑑賞は出来たので満足♪♪

【注意事項】
1. 工芸体験及び衣装体験は外国人旅行客のみご利用可能です。
2. 体験に30分以上かかるものがほとんどなので、体験前に搭乗券の提示を求められます。時間に余裕を持って行くこと。

工芸体験は時期によって色々変わるので、ソウルに行く度に違う体験が出来そうですね!

3. シメの食事は空港で!仁川空港のお気軽ごはん

旅の最後はやっぱり食でしめたい!なんて方も多いのでは!?
広~い空港の中で彷徨うことがないように(笑)、オススメのレストランをご案内します。

❶ 王道料理なら 「bibigo」

bibigo

bibigoは韓国で有名なビビンバの専門店です。お好みの米の種類・トッピング・ソースを自由に選べるんです♪ビビンバ以外にもスンドゥブやサムゲタンなんかもありますよ!

ヌルンジテンジャング

私が食べたのは「ヌルンジテンジャング」。(8,500ウォン)テンジャンチゲに、お豆腐、ヌルンジ(ご飯のおこげ)、うどんが入ったオリジナルメニューです。

【場所】
仁川空港入国店・・・旅客ターミナル1F (入国ロビー中央付近)
仁川空港出国店・・・旅客ターミナル3F (Gカウンター付近)

❷ ガッツリ食べたい方には焼肉専門店「本平壌 (ボンピヤン)」

  • 本平壌 (ボンピヤン)
    ボンピヤンはソウル江南で有名な高級焼肉店「ピョクチェ(碧帝)カルビ」のサブブランド。焼肉はもちろん、冷麺や定食メニューもあるので、少人数でも入れますよね!
  • プルコギ定食
    写真はプルコギ定食 (12,000ウォン)。 長ネギがどっさり入っていて、運ばれてきた瞬間から食欲をそそりました!友人2人で行ったので、あとは冷麺をシェアし、到着早々ガッツリ堪能しました(笑)

【場所】
仁川国際空港地下1階交通センター西側
空港鉄道で市内へ出ようとするときに通るのが「交通センター」。到着ロビーから鉄道への案内板を目印に歩けば到着です

❸ 仁川空港の代表的スイーツといえば!「昭福 (ソボッ)」

  • 昭福 (ソボッ)
    こちらのお店のアイスクリーム、人工的な化学物質を使わず、無添加・無着色でカロリーも低めに作られているんです。韓国の食べ物は高カロリーのものが多いので、甘いものをカロリー低めで食べれるのは嬉しいですよね。
  • 昭福アイス・コグマアイス
    人気の昭福アイス (左、5,200ウォン)とコグマアイス (右、5,500ウォン)。コーンの部分が、サツマイモをくり抜いたものになっていて甘くて美味しかったです!

【場所】
仁川国際空港本館ターミナルの4F
4階のグルメエリアの一番端にある「グルメデザート」の中にあります

さぁ、いかがだったでしょうか?
仁川空港はとっても広いので、まだまだ新しい発見があるかもしれません。
何度も訪ねてみて、自分にピッタリの過ごし方を探してみてくださいね♪

ハッピーホリデーの
ソウルツアーはこちら

海外旅行・海外ツアーのハッピーホリデーのTOP