氷のオブジェの世界へ「千歳・支笏湖氷濤まつり」

第39回千歳・支笏湖氷濤まつり

新千歳空港から車で約40分の支笏湖は、約32,000年前の火山活動で生じたカルデラ湖で、国内有数の透明度を誇る。支笏湖畔の支笏湖温泉では、2017年1月27日(金)~2月19日(日)まで、千歳・支笏湖氷濤まつりが開催される。

開場時間は9時~22時で、ライトアップは16時半~22時。湖水をスプリンクラーで吹き付けて凍らせた氷のオブジェが立ち並ぶ祭典で、幻想的な世界を見ることが出来る。

氷濤まつり

イベント予定

期間中の土・日18時半~は、「支笏湖花火の世界」が開催され、夜の会場が花火で彩られる。

1月29日(日)13時~は、カップルが氷上で愛を誓う「氷濤ウェディング」が、2月12日(日)17時~は、和太鼓の演奏「氷濤ダイナミックナイト」が開かれる。

氷の遊びも

会場内には、氷で作った滑り台「アイススライダー」があり、防寒着のままで楽しめる。子ども用のスケートリンク「チャイルドリンク」は、ヘルメットを借り、履いてきた靴のまま滑ることが出来る。

期間中の11時~17時には、1周700円で引き馬乗馬体験もある。

他にも、氷切りゲーム大会「氷濤アイスカット大会」など、イベントが多数用意されている。

問い合わせは、支笏湖まつり実行委員会(TEL:0123-23-8288)まで。

(画像は支笏湖氷濤まつりホームページより)

外部リンク

支笏湖氷濤まつりホームページ

http://hyoutou-special.asia/#p00

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP