×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

最北の地での初日の出「初日の出inてっぺん」

最北の地での初日の出参り

元旦には、その年最初の夜明けはめでたいとされ、日本各地で初日の出参りが行われる。初日の出にその年の願い事を祈るのだ。

宗谷岬にも初日の出参りに多くの人が訪れる。最北の地での初日の出参りは、きっと願い事がかなうに違いない。

イベント「初日の出inてっぺん」は、初日の出参りをする人々を温かく迎えるため、1988年から宗谷岬で開催されている。2016年の元旦は、あいにくの天候にもかかわらず1500人もの人々が訪れたという。

最北端の地、正面にサハリンの島影

宗谷岬には日本最北端の地の記念碑が立っている。北極星をイメージした三角錐に、中央には北を表すN、平和と協調を表す円形の台座がある。

近くには、日本から初めてサハリンに渡り、サハリンが島である事を確認した間宮林蔵の立像もある。海に向かうと正面にサハリンの島影が見え、日本の最北端であることを実感でき感慨深い。一度は訪れてみたい場所である。

2017年「初日の出inてっぺん」開催

2017年の元旦も、5時30分~8時まで、日本最北端の地の碑の周辺で「初日の出inてっぺん」は開催される。

当日は、かがり火がたかれ、花火の打ち上げや記念品の配布が行われる予定。元旦の宗谷岬の日の出予想時刻は午前7時13分頃。アクセスは、JR稚内駅より車で約40分。

外部リンク

初日の出inてっぺん

http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP