一般参加OK!タイマツで感謝の火を神様に捧げよう千本タイマツ@阿寒

一般参加OK!タイマツで感謝の火を神様に捧げよう千本タイマツ@阿寒

神へ捧げる感謝の火

9月1日(木)から10月28日にかけて、阿寒湖畔周辺では、アイヌ民族の火の神・アペカムイと北の大地に感謝のタイマツを捧げる「千本タイマツ」のイベントが開催されている。

参加者は、タイマツの光に照らされた道を歩き、祈りの火をアイヌの神に捧げる。

そうして多数のタイマツの明かりに照らされた夜の阿寒湖畔が、幻想的な雰囲気を醸し出す。

イベント概要

このイベントは、一般からの参加も可能だ。湖岸駐車場に20時20分集合となっているが、タイマツの数に限りがあるため、参加する場合は早めの集合を心がけたい。

駐車場での点灯式の後、20時30分から行進が始まり、観光客や地元住民が列を見守る中、商店街を抜けアイヌコタン広場まで歩く。

目的地のアイヌコタン広場では、ミニセレモニーも予定されている。

なお、10月9日(日)は「まりも祭り」が開催されているため、この日は開催されない。

アイヌの火神・アペカムイ

「アペカムイ」はアイヌ民族における火を司る神で、女性とされている。「アペ」が「火」、「カムイ」が「神」を意味する。

火は日々の生活に欠かせないものであり、「アペカムイ」もアイヌ民族にとっては重要な神とされている。この「千本タイマツ」はその神に感謝を捧げるため、毎年この時期に行われているセレモニーである。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

阿寒湖観光ナビ

http://www.lake-akan.com/news/?p=235

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP