海の恵みを引き出した新メニュー「はこだてチャウダー」販売開始!

函館ならではの西洋風煮込み料理

古くから西洋料理が市民に親しまれてきた函館で、魚介をたっぷりと使用した函館ならではの西洋風煮込み料理として開発された「はこだてチャウダー」が、平成29年2月22日(水)より販売が開始された。

はこだてチャウダー

道南産の魚介類を使用

「はこだてチャウダー」は、4つのルールを元に参加店がオリジナルのチャウダーを提供する物で、1つ目のルールは「メイン食材は貝類や甲殻類を含む魚介類3種類以上とし、最低1種類は道南産を入れる」とのことだ。

2つ目は「出汁に函館産昆布を使用するとなお良し」、3つ目は「サブ食材の肉や季節の野菜はできるだけ道南産を使用する」、4つ目は「提供する際に必ずパンを添える」となっている。

「はこだてチャウダー」の提供店は「海のダイニング shirokuma(しろくま)」「函館空港 レストラン ポルックス」「函館蔦屋書店 レストランFUSU」「函館ビヤホール」「みなとの森」「彩・食 すいしょう」「函館国際ホテル アゼリア(4月からの月替わりメニュー)」の7店だ。

いずれの店も函館市にあり、詳しい場所や営業時間などは、はこだて雇用創造推進協議会の新商品開発情報にある「はこだてチャウダーMAP」より確認することができる。

また、はこだて雇用創造推進協議会では「はこだてチャウダー」参加店の募集を受け付けている。

(画像ははこだて雇用創造推進協議会 新商品開発情報より)

外部リンク

はこだて雇用創造推進協議会 新商品開発情報

http://hakodatekoyo.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP