×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

日本最北の水族館!ノシャップ寒流水族館へ行こう!

ノシャップ寒流水族館は、日本で100番目の水族館としてノシャップ岬に建設されました。道北でも美しい夕日が見られる場所で、北の海で生きている魚やアザラシなど、普段見ることができない海洋生物も展示しています。今回は、日本最北にある水族館(ノシャップ寒流水族館)の見どころなどを紹介します。

日本最北にあるノシャップ寒流水族館って

ノシャップ寒流水族館は、ノシャップ岬の先端に位置します。その歴史は古く北海道開道100年と稚内市開基90年、市制20年の記念事業として1968年7月に開園しました。

水族館の目印は、恵山泊漁港近くの公園と隣接した科学館です。公園内では、可愛らしいイルカのモニュメントがお出迎えしてくれます。

ノシャップ寒流水族館の見どころ

日本最北端のノシャップ寒流水族館は、他の水族館にはない魅力がたくさんあります。寒流水族館ならではの見どころを集めてみました。

ゴマフアザラシの餌やり体験

ノシャップ寒流水族館で一番の見どころは、「ゴマフアザラシの餌やり体験」です。水族館に入ると、ゴマフアザラシのプールがあります。そこにゴマフアザラシの餌が入ったバケツがあるので、それを購入してゴマフアザラシに餌をあげてみてください。

のんびりしていたゴマフアザラシたちが、餌のバケツを見た瞬間に大騒ぎする姿は、ノシャップ寒流水族館ならではです。そして、餌の魚を投げると見事にキャッチします。最北の地ならではの体験を楽しみましょう。夏期限定となります。

回遊水槽で珍しい魚に会える!

可湧水槽には、漫画釣りキチ三平でも紹介されていた幻の魚「イトウ」や神の魚とも呼ばれる「オオカミウオ」、「キタノホッケ」、「カレイ」など、北の海を代表する魚が悠々と泳いでいます。

地元の漁師から提供された魚たちは、都会の水族館では見ることができない種類も多くいます。また、夏期間の毎週日曜日13時10分になると飼育員が餌やりを始めるので、さまざまな種類の魚たちの迫力ある食事風景を間近で見たい人は、回遊水槽前に集合しましょう。

フウセンウオやクリオネに会える!

北海の海に生きているフウセンウオやクリオネも展示されています。「流氷の天使」とも呼ばれているクリオネが、水中でフワフワ泳いでいる姿に視線はくぎ付けでしょう。

また、フウセンウオの可愛らしさにも驚いてしまうのではないでしょうか。泳ぐことが苦手なフウセンウオは、胸ヒレが進化して吸盤のようになっています。その吸盤を使って色々なところにくっついている可愛らしい姿に癒やされます。

アザラシやペンギンのショーが見られる

夏期間は、アザラシとペンギンの食事タイムやショーを見ることもできます。ショーを見ている人が参加できるアザラシの輪投げキャッチコーナーも人気。小さい子供から大人まで楽しめるショーは必見です。

タッチプールで磯の生き物に触れる!

回遊水槽の前に職員手作りのタッチプールがあります。タッチプールの中には、ウニやナマコ、カニ、ヒトデなど磯で生きている海洋生物を自由に触ることができます。普段、触ることのない生き物を触ってみるのも貴重な体験です。

番外編 稚内市青少年科学館もおすすめ!

ノシャップ寒流水族館に隣接して「稚内市青少年科学館」があります。稚内市青少年科学館では、プラネタリウムや最北端にある科学館らしく本物の雪上車を展示しているコーナーもあります。

この中でも一番人気は、南橋観測隊に関する展示コーナーです。南極昭和基地の居住棟も展示されているので、普段は知ることのできない南極での生活を垣間見ることができます。

他の科学館には、ないような展示物をゆっくり見学するのもおすすめです。ノシャップ観光する時は、水族館と科学館を見学すると良いでしょう。

ノシャップ寒流水族館へのアクセスや開館情報

【アクセス】
JR稚内駅より「ノシャップ行き」宗谷バスで「ノシャップ」下車。徒歩約5分。
車やタクシーを利用する場合は、JR稚内駅より約10分。

【営業期間と時間】
夏期間・4月28日から10月31日まで
営業時間・午前9時から午後5時まで(最終入館は午後4時40分)
冬期間・11月1日から11月30日と2月1日から3月31日まで
営業時間・午前10時から午後4時まで(最終入館は午後3時40分)

【休館日】
4月1日から4月27日と12月1日から翌年1月31日まで

【入館料】(水族館・科学館)
高校生以上は500円、小・中学生は400円となります。団体料金あり。

ノシャップ寒流水族館は楽しめる!

北海の生物を中心に展示している「ノシャップ寒流水族館」は、美味しい食べ方なども教えてくれます。他の水族館とは違うユーモアのある説明やイベントは、子供から大人まで十分に楽しめるでしょう。

水族館や科学館で遊んだ後は、稚内随一と言われる夕日をゆっくり鑑賞するのもおすすめです。

(画像は写真ACより)

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP