ニセコ・洞爺湖・登別へのアクセスとエリア内交通手段

北海道旅行となると気になるのは現地での交通手段。札幌や函館など電車やバスが頻繁に出ている地域ならそれほど困りませんが、何と言っても北海道は広いので交通手段をどうするかで観光の充実度も変わってくると思います。今回はニセコ・洞爺湖・登別へ行く際のおすすめの交通手段を紹介していきます。

ニセコ・洞爺湖・登別へのアクセスとエリア内交通手段

ニセコまでのアクセスとエリア内交通手段

新千歳空港出発でニセコ駅を目的地とするならバスが便利です。JRでも行けますが、乗り換えがあるので旅行者には大変かと思われます。北海道中央バスなら乗り換えなしで札幌からニセコへ行けます。降車場所は駅前ではありませんが駅まで歩いていける距離の「ニセコ本通り停留所」です。1日3本の運行で8:25発・10:15発・13:45発となっていて、札幌駅前ターミナルを出発し3時間弱でニセコ本通りに到着します。予約もいらないのでその日の気分で時間を変えたり、交通手段を変えることもできます。料金は片道2040円・往復3640円となっています。「ニセコいこいの湯宿いろは」までは3時間で片道2240円・往復4000円となっています。

また、スキーバス(要予約)を利用だと新千歳空港からヒルトンニセコヴィレッジまでの直行便があります。ウィンタースポーツを楽しむならこのバスが1番便利です。

ニセコに着いてからは観光タクシーでニセコを周るのがおすすめです。指定の場所までタクシーが来てくれて、そこからツアーのように観光コースを運転手さんが案内してくれます。ちょっと贅沢にプライベートツアーもいいですよね。ツアー内容や料金はそのタクシー会社によって変わってくるので気になる方はチェックしてみて下さい。また、倶知安のニセコマウンテンリゾートグランホテルではシャトルバスがエリア内を巡回しているので買い物や食事などお出かけの足として利用することができます。

洞爺湖までのアクセスとエリア内交通手段

新千歳空港から洞爺湖までのアクセスはJRが便利です。JR千歳線 札幌行で南千歳まで行き、そこからJR千歳線 特急スーパー北斗4号 函館行へ乗り換え洞爺駅で降ります。そこからバスで洞爺湖まで行けます。また、洞爺 湖畔亭では札幌駅から旅館までの無料送迎バスがあり、とても便利です。予約制なので希望するなら早めの予約をおすすめします。

洞爺湖周辺を観光するなら路線バスがおすすめです。北海道にしては本数も多いですし、観光名所である昭和新山まで洞爺湖温泉からバス1本で行けます。また外国人観光客やバックパッカーに人気のユースホステル前にも停留所があるのでユースホステル利用者にも便利です。

登別へのアクセスとエリア内交通手段

新千歳空港から登別へはレンタカーがおすすめです。高速道路利用で約1時間、一般道路利用で約1時間半。時間に余裕があるなら一般道で寄り道しながら行くのがおすすめ。国道36号線沿いには道の駅ウトナイがあり、ラムサール条約の登録湿地であるウトナイ湖を眺めることができるので是非立ち寄ってほしい。名産のハスカップを練りこんだご当地ソフトクリームも人気です。登別の手前の町ではアイヌ民族の暮らしぶりを復元したポロトコタンがあり、アイヌ民族の伝統と歴史を学べます。

登別に着いてからもレンタカーでの移動がおすすめです。地獄谷や大湯沼川の天然足湯などは1か所に密集していますが、そのほかの人気観光スポットは散らばっているのでレンタカーがあると便利です。大きい道路もそんなにないので初めて訪れる方でも運転しやすいと思います。

いかかでしたか?

都会のように駅があちこちにあり数分おきに電車が通っているわけではなく不便かもしれませんが、そこが逆に北海道のいいところですよね。ゆっくりのんびり時間に追われず旅行を楽しんでください。

(画像はぱくたそより)

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP