車で北海道を観光 レンタカーの基本情報と道路事情

北海道を観光するならレンタカーがおすすめ。広大な大地を自分の運転で走ると気分爽快でしょう。レンタカーの借り方・返し方・料金などレンタカーの仕組みを紹介します。

レンタカーの基本情報と道路事情

レンタカーの借り方

レンタカーを借りるには予約が必要で、最低2日前までに予約するのがいいでしょう。当日の利用もできますが、北海道は他県に比べてレンタカーの利用率が高いので予約をしておいた方がいいでしょう。早めの予約で割引もある会社もあります。

車種の指定はそのプランによりできたりできなかったりです。指定したい方は車種指定可能プランをお選びください。その他のプランはクラス指定のみで、そのクラスの中の車種を選べます。

新千歳空港・函館空港などどこの空港でも空港内にレンタカーのカウンターがあるので、飛行機で北海道へ来る方は空港内カウンターを利用するのがいいでしょう。また、ホテルからレンタカー店舗までの送迎も行っている所もあるので、借りる前に確認しておきましょう。

レンタカーの返し方

レンタカーを返却する際は、最寄りのガソリンスタンドでガソリンを満タンにして返却しましょう。万が一ガソリンを入れなかった場合は走行距離に応じて料金が発生します。また、カーナビの履歴も消去しておきましょう。

車を返却したらスタッフがキズの有無や車内の汚れなどの確認、超過時間・燃料代などの追加料金の有無を調査し清算となります。車を返してすぐ帰れるというわけではないので、飛行機や電車の時間が決まっている場合は、道路情報を確認し時間に余裕を持って返却しに行きましょう。

乗り捨てもできるプランや、追加料金を払えば乗り捨てできる会社もあるので乗り捨てを考えているなら事前に調べておく必要があります。確認しておきましょう!

北海道の道路の特徴

北海道は広い土地から分かるように、真っ直ぐの一本道が非常に多い。その為、いつの間にかスピードを出しすぎていることがあります。こまめにスピードを確認しましょう。また、周りの景色がとても綺麗なので思わず見入ってしまいわき見運転になってしまいがちなので、景色を見るなら車を止めてゆっくり鑑賞しましょう。

動物の飛び出しにも注意が必要。キツネ・ウサギ・タヌキなどの小動物から、シカ・ウマなどの大きい動物が出てくることもあります。はねてしまったら車にも傷が付きますし、何と言っても悲しい気持ちになるのでせっかくの旅行も楽しめなくなってしまいますよね。動物は急に出てくるので防ぎようがないですが、前方に注意してスピードを出しすぎないようにするとリスクは減らせます。

冬の運転の注意点

雪国ですので冬は特に注意が必要。都会のように道路に少し雪が積もっているというレベルを遥かに超える位の雪が積もっています。道路も狭くなっていますしわだちになっているとハンドルを取られてしまいます。一番危険なのは道路の雪が完全に凍結して、新しい雪が降っていないツルツル状態の道路です。晴れた日の雪が解けかけた道路も滑りやすいので要注意。

交差点で曲がる際もスリップしやすいです。早めにブレーキをかけ、十分にスピードを落とした状態で曲がる時はブレーキを踏まずアクセルを少し踏みながら曲がると滑りにくいです。とにかく、急ブレーキ、急発進には気を付け車間距離を広めにとりましょう。

北海道観光にはやっぱりレンタカー

自然が多い北海道は駅やバス停が頻繁にあるわけではありません。函館や札幌など繁華街を観光するならレンタカー無しでも不便はありませんが、自然を感じたいならレンタカーがおすすめです。早めにレンタカーの予約をして、できれば雪がない季節に行くことをおすすめします。

(画像はぱくたそより)

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP