北海道ならではの景観づくし!根室へのアクセスと人気観光スポット8選

北海道根室で北国を満喫できますよ。根室に行くと納沙布岬、レンガ造りサイロなどたくさんの観光スポットがあります。島のほぼ真東に位置しており北方領土の歯舞諸島にもすごく近いのです。そんな根室の絶景を8スポット紹介していきます。

根室はどこに位置している?

そもそも根室はどのあたりに位置しているのか。島のほぼ東に位置しています。

根室へのアクセスと人気観光スポット

北海道の中でも東に位置しているので区分けでいうと道東エリアとなります。同じ道東エリアで観光スポットとなっているのは羅臼や別海も有名です。

道東さんまはおいしいと評判です。大体夏ごろに限定で販売しているので早めにチェックすることが必要です。札幌市内からだとかなり距離があり、車では6時間程かかりますし、電車を乗り換えていくとしても同じくらいかかります。ANAで片道一時間で行くことも可能です。

時間を取れば飛行機ですが、車か電車の方が旅行費は安く済みます。納沙布岬まで行くと北方領土とわずか3.7㎞の距離まで近づくこともできます。

できればバスや電車を利用して向かうことをおすすめします。

『浜松海岸』

砂浜が数km広がっている海岸です。海岸側、海の向こうにはモユルリ島・ユルリ島の様子を観察できます。夕日に沈む地平線もとても綺麗です。

住所:〒088-1783 北海道根室市

アクセス:根室駅から車で約20分

『納沙布岬』

納沙布岬では北方領土と3.7㎞しか離れていません。オホーツク海を北側に見ることができます。北方領土返還の記念オブジェとして四島のかけ橋があります。この機会にぜひ見てほしい。食堂では新鮮なさんま丼を頂けますし、9月の中旬であればさんま祭りがあるので時期が合えば訪れてみてもいいでしょう。旬の焼きさんまを頂くこともできます。

アクセスはバスでも行くことが可能ですが、本数が少ないので自由に移動できるようにレンタカーで行くのをおすすめします。

住所:〒087-0165 北海道根室市納沙布

アクセス:根室駅から車で約30分

『明治公園』

レンガ造りのサイロが見られるのはここです。レンガ造りのサイロがあると、外国にいるような感覚になります。クリスマス時期にはちょっとしたイルミネーションも楽しめます。景観ものどかな感じなので旅行の休憩がてら訪れてみてもいいでしょう。駐車場も広いので安心です。

住所:〒087-0002 北海道根室市牧の内

アクセス:根室駅から徒歩で約15分

『風蓮湖』

道東の中では温根沼の次に大きな湖のようです。風蓮湖にはハクチョウが羽休めにたくさん集まって来ます。ハクチョウの他にも約300種の鳥を観察できます。近くにレストランもあるので湿地でのハクチョウの様子を確認しながらランチもできますよ。

住所:〒086-0072 北海道根室市川口

アクセス:根室駅からバスで30分

『モユルリ島・ユルリ島』

野生で繁殖した馬が数頭います。今は数が減ってしまっているかもしれませんが、とっても貴重な景観を撮影できるといいですね。希少鳥類であるエトピリカやチシウマガラスなどの鳥の巣が確認されています。

住所:〒088-1784 北海道根室市昆布盛

アクセス:根室駅から電車で16分

『清隆寺』

日本一遅く咲く桜を見ることができます。見逃した方は北海道で遅めの花見を始めてもいいですね。

住所:〒087-0044 北海道根室市松本町2丁目2

アクセス:JR根室駅から徒歩15分

『長節湖』

天然記念物である野生植物を観察できます。また、湖のほとりにはバンガローが設置されているのでキャンプをすることも可能です。

〒089-5466 北海道中川郡豊頃町長節

アクセス:豊頃駅から車で約40分

『温根沼』

潮干狩りもでき、とても大きい淡水と海水が混ざった汽水湖です。アクセスはスワン44ねむろを過ぎてすぐの場所にあります。

〒087-0035 北海道根室市

アクセス:旧足寄駅から車で60分

絶景スポットを効率良く見る!

絶景スポットを効率良く見て回りたい人もいるでしょう。おすすめは納沙布岬を目指して東に車で進んでいき折り返してくるルートです。距離はありますが、根室に来た際には納沙布岬は欠かせないでしょう。

また、厚岸町も上の8選以外にも観光スポットがあります。ピリカウタから見える大島・小島にはかわいい野生のアザラシも見られるかもしれません。

道東を満喫しよう

道東にはたくさん観光スポットがあります。冬に訪れるには雪の影響で交通規制がかかる可能性があります。時期的にも6月~10月あたりに秋の旬の食材がたくさんあるので訪れてみてはいかがでしょうか。

(画像は写真ACより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP