地元の味を堪能!情緒あふれる大門横丁とは?

ひかりの屋台 大門横丁とは?

JR函館駅からほど近い「ひかりの屋台 大門横丁」。駅から徒歩7分というアクセスのよさと、情緒あふれる店が軒を連ねる、人気のスポットです。

数多くの店でにぎわう大門横丁は、まさに【屋台村】といったところ。居酒屋やラーメン、北海道ならではのジンギスカン料理など、バラエティに富んだ味覚を味わえるのが魅力のエリアです。

函館駅前にある大門地区は、駅前広場の再整備や、映画館やホテルの新設など、街の活性化に向けて大きく動いてきました。

その勢いを後押ししながらも、昔懐かしい情緒を守っているのが、大門横丁です。

観光地を巡るだけでは味わえない楽しみや親しみ、そして地元のぬくもりを感じる旅になること間違いなしの大門横丁について、その魅力を紹介します。

情緒あふれる大門横丁

函館を味わい尽くす

大門横丁の魅力は、豊富な種類の店舗はもちろんのこと、定番の寿司やラーメンだけでなく、函館の地元の味を堪能できるところです。

ホルモン専門店はジンギスカンやビールにぴったり。また、焼き鳥と言うと鶏を想像するでしょうが、函館では豚肉が出てきます。普段は味わえない豚の焼き鳥を注文するのも楽しいもの。

このほか、家庭的な料理やおでんなど、立ち食いやちょい飲みでも楽しめる、ディープな味覚が集まっているのが大門横丁なのです。

初めてでも気軽に楽しめる雰囲気

多くの店舗が連なる大門横丁は、敷居の低さも魅力の1つ。1人でもグループでも、気兼ねなく地元の味を食するだけでなく、地元の人たちとの交流を楽しむのもよいでしょう。

1人旅や観光目的で訪れると、どうしてもメジャーな店舗や北海道を代表する料理ばかりに目が行きがちですよね。

しかし、せっかく訪れる北海道だからこそ、地元のディープな味を知るのも醍醐味です。

1度に多くの店を巡る

大門横丁は実に26もの店舗が軒を連ねています。そのため、1つの店でじっくり過ごすもよし、複数の店をはしごして、様々な味を堪能することもできるのです。

大門横丁には【大門バル】と言って、500円で1ドリンク1フードを味わえるイベントも開催。格安で楽しめるからこそ、ついついいろいろな店をのぞいてみたくなりますよね。

また、大門バルでは、スタンプラリーも開催。スタンプを5つ集めると、抽選で景品が当たるので、ぜひとも5店舗以上巡って、スタンプを集めてみてください。

また、屋台村と言うと夜のイメージが強いですが、大門横丁はランチも充実。昼でも夜でも、気が向いた時に足を運べる、うれしいスポットなのです。

昼の顔と夜の顔。どちらの大門横丁も魅力が満載です。どちらか1つしか行かないなんてもったいないので、ぜひ、昼も夜も、大門横町でおいしいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

函館の裏の魅力

函館と言えば、夜景が有名ですよね。北海道ならではの夜景や、おいしい膿の幸やラーメン、スープカレーなど、北海道にはおいしいグルメがあふれています。

しかし、それは北海道の表の顔。一歩踏み出せば、そこには普段見ることができない、ちょっとおいしい裏の顔がありますよ。

せっかく北海道を訪れるのですから、函館に立ち寄ったら、ぜひ大門横丁にも足を向けてみましょう。いつもとは違う、少しディープな旅を、思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?

(画像は写真ACより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP