いつ行くのがいい?知床・根室の季節の魅力とは

知床・根室と聞くと世界遺産を思い出す方もいるでしょう。その通り、自然豊かな北海道の中でも知床は神秘的な地でもありますよね。知床・根室付近には珍しい地名がたくさん並んでいますし、歴史をたどるとアイヌ民族とも関係のある地だそうです。観光などで行く機会がない方であると、何が有名なのかとか何から見に行けばいいか迷うかもしれませんね。

今回はそんな神秘的な雰囲気に包まれている知床・根室の魅力についてご紹介します。

知床・根室はどこにある?

知床・根室は北海道全体から見てみると根室はほぼ東端に位置しており、知床は北東の方角に位置しています。さらに知床から北西に進むと、斜里に着き、さらに進むと網走に着きます。知床の近くには有名な観光地で言うとウトロ崎灯台や、知床五湖があります。海と陸両方楽しめそうですね。知床自身は島の北東端に位置しているのですごく国後島に近いのです。

また、根室に関しては島の本当に東端に位置しているのですごく歯舞諸島に近いのです。なので北方領土に関係する観光物などもあります。

知床・根室の季節の魅力

有名なスポットは?

知床と根室について有名な観光地を紹介していきます。知床については、知床八景が有名ですね。

『知床五湖』

有名なのが知床五湖です。ここは世界遺産にも登録されていますね。とても静かで自然に囲まれており、水面に浮かぶ原生林の姿がとても綺麗です。景色を見ていると精神的に休まるようなそんな場所です。自然豊かな知床五湖は動物も姿を現します。その動物というのもヒグマなのですが、この知床五湖には2つの散歩ルートがあります。一つが高架木道、そしてもう一つが地上遊歩道です。

後者の地上遊歩道ですが、残念ながらヒグマがでた際には通ることができません。天気によっても歩きにくくなるので注意が必要です。

〒099-4100 北海道斜里郡斜里町遠音別村

アクセス:釧路空港から車で3時間半

では根室をご紹介しましょう。

『納沙布岬』

北方領土問題について深く考える機会になるかもしれません。歯舞諸島とは3.7km程度しか離れていないので、島を遠くから見ることもできます。ロシアとの関係も、ここで理解できるものがあるかもしれません。

〒087-0165 北海道根室市納沙布

アクセス:JR根室駅より根室交通バスで約44分

『温根沼』

ここは日本でも有数の湿地です。春と夏には渡り鳥が羽を休めにくるらしいので、運が良ければその様子が見られるかもしれません。また、潮干狩りをすることもできるのでちょっとした天然のお土産も持ち帰ることができますね。時間帯によっては朝日と夕日に染まる湿地の様子を見ることができます。

〒089-3964 北海道足寄郡足寄町茂足寄

アクセス:札幌から特急スーパーあおぞらで約4時間弱

『風蓮湖』

白鳥の飛来地として有名です。他にも300種ほどの野鳥がやってきます。近くにはレストランもあるので食事をしながら観光することができますよ。

http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/

〒087-0001 北海道根室市(別海町)

アクセス:根室駅からバスで30分

『カムイワッカ湯の滝』

ウトロ市街から、334号線を北東に向かって進みます。途中分かれ道で93号線に切り替え、ずっと進んでいくとカムイワッカ湯の滝があります。天然の温泉が流れる川として有名です。川の中を歩きたい場合は滑りにくいサンダルを用意しておくことです。

http://center.shiretoko.or.jp/guide/kamuiwakka/

〒099-4356 北海道斜里郡斜里町遠音別村

アクセス:知床斜里駅からバスで120分

最寄りバス停から500メートル(徒歩約10分)

おすすめの季節は?

おすすめの季節は大体6〜10月中に観光されるといいでしょう。それ以外は冬の季節になるので雪が降り積もっていて交通規制をかけられていたり、中々観光スポットを巡ることが困難となります。

特に秋の季節に行くことで、秋鮭を食べることもできます。野生動物が活発に動いている様子を見るのにも夏から秋にいくのをお勧めします。

北海道観光は季節を夏と秋に

知床半島には自然植物や野生動物を間近で観察できるスポットがたくさんあります。ただ、野生動物が出現することで危険なのはヒグマが出ることです。

知床五湖だとヒグマが出没した場合は特定のルートは通行禁止になってしまうので、着いてからも掲示板など確認するようにしましょう。

(画像は写真ACより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP