×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

日本で一番早く秋を感じる!北海道の紅葉名所!

北海道紅葉01

北海道は日本の中で一番北側に位置し、四季の移り変わりの様子も本州とは少し異なります。避暑やスキー・スノボだけではない!
北海道で秋を一足先に体験してみてはいかがでしょうか。

1. 日本の紅葉・北海道の紅葉

 紅葉といわれると、夏の暑さと打って変わって気温も落ち着き、過ごしやすい季節。秋も深まって肌寒くなってきた、コートもそろそろ着ないといけないかな・・・
そういった季節も思い浮かべることと思います。
 日本の紅葉で人気の場所といえばドラマなどで使われることも多い「神宮外苑のいちょう並木(東京)」や都心からもアクセスのしやすい「高尾山(東京)」、ほかには「北野天満宮(京都)」や真っ赤な太鼓橋が有名な「伊香保温泉(群馬)」などがあります。
こういった本州の多くの紅葉の名所と呼ばれる地域では11月上旬、はやくても10月下旬ころから12月の上旬にかけての見ごろとなっていきます。

 一方、北海道の紅葉はどこも見ごろが本州とは1~2か月ほど異なります。特に、日本で一番早い紅葉と呼ばれる「大雪山国立公園」の紅葉は例年9月の上旬から見ることができ、大沼国定公園などの北海道の南側では11月上旬まで楽しむことができます。
この北海道ならではの早い紅葉は季節感を先取りできるため非常におすすめです!
北海道は山や渓谷が多く、その分紅葉も壮大なものになるので一度その目で確かめてみてはいかがでしょうか。

2-1. 層雲峡

北海道紅葉02

 層雲峡は日本でも有数の温泉街ですが、そのすぐ北西に位置するのが【大雪山】です。
大雪山ときくと大きな山だろうと想像する方もいるかもしれないが大雪山とは、1つの山の名称ではなく、北海道の中心あたりに連なる2000m級の火山群の総称です。大雪山連峰と十勝岳連峰で構成される日本最大の国立公園'大雪山国立公園'の中に存在しており、1つの山ではないことを明確にするため'大雪山系'と呼ばれることも多いです。
また、その場合は一般的に十勝岳連峰を含む大雪山国立公園のことを指します。

 そんな大雪山は日本で一番早い紅葉といわれており、9月上旬から紅葉が始まり、ナナカマドのはっきりと色濃い赤やダケカンバの黄色が織り成すコントラストはまさに息をのむ絶景です。この紅葉は日を重ねるごとに山頂から麓へと下りていくため、長期間の滞在でも楽しむことが可能です。

北海道紅葉03

 加えて夜になるとライトアップのイベントも行っています。2019年は9/14~10/14までの1か月間にわたって、層雲峡の紅葉谷で行われ、「もりのおとしもの」というインタラクティブプログラムも初開催されました。地面に投影された落ち葉が歩く人々の動きに反応して変化するというデジタルコンテンツは大人から子供までが楽しめる演出でした。

北海道紅葉04

 北海道の中で一番の標高を誇る、【旭岳】もこの大雪山系には含まれていますが、標高2291mのうち1300mまではロープウェーでの移動も可能ですので山の中腹からの紅葉を楽しむこともできます。約10分ほどで5合目に到着可能で、展望台では360°を紅葉に囲まれた壮大な自然を体験することもできます。また、早朝にロープウェイに乗ることで人気の雲海を見られることも!層雲峡まで行ったならぜひ見てみたい景色のひとつです。
 ほかにも断崖絶壁の崖を流れる水墨画のような雰囲気すらある流星の滝、銀河の滝は木々が赤く染まり世界観までもが大きく変化して見えるのでお勧めです。

北海道紅葉05


【層雲峡】
・アクセス 列車 札幌→上川:特急で約2時間20分
      バス 上川→層雲峡 道北バス:約35分 旭川→層雲峡  道北バス約110分
      車  旭川→層雲峡:66km 約1時間30分 札幌→層雲峡:205km 約2時間30分
・大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ TEL:01658-5-3031


2-2. 定山渓

北海道紅葉06

 日本でも屈指の紅葉、また温泉の名所として知られる定山渓温泉です。
温泉街のわりにはアクセスが良いところにあるのも特徴の一つで札幌からも車であれば1時間ほどで移動が可能です。渓流沿いには散策路があり、イタヤカエデやナナカマドなど多彩な紅葉が一気に飛び込んできます。やはり、その中でもおすすめは「錦橋と舞鶴の瀞」。
瀞という言葉はあまり聞きなれないかもしれないが川の水が深くて流れが非常に静かな所のこと。つまりここでは錦橋と紅葉の真っ赤な赤と水面に移る紅葉とのコントラストをのんびりと楽しむことができます。

 また、定山渓温泉からさらに車で30分ほど奥に進むと豊平峡ダムがありますが、こちらも紅葉の名所として挙げられます。電気バスが通っているのですが、その車窓から見る九段の滝や展望台など多くの見所があるダムです。ここでは10月上旬から10月下旬までモミジやカエデ、カツラなどの紅葉を見ることができます。


【定山渓温泉】
・アクセス バス JR札幌駅(約60分)→定山渓温泉  
         新千歳空港(約100分)→定山渓温泉
      車  札幌からで約45分 新千歳空港から約1時間30分


2-3. 札幌

北海道紅葉07

 札幌の中でも紅葉といえば、という名所がいくつかありますがとくに有名なものといえば【北海道大学】のイチョウ並木ではないでしょうか。札幌駅からも北海道大学までは歩けば10分ほど・・・ですが、北海道大学のイチョウ並木まではさらに少し時間がかかります。歩けば20分ほどでしょうか。一番近い最寄駅は南北線の「北12条駅」でそこからであれば5分ほどの距離となります。ただ電車で1駅ですので秋と札幌の雰囲気を楽しむために歩いてみるのもいいかもしれません。イチョウ並木は通り両側に70本あり、400mほどの距離が一面黄色に色づきます。通りに入ってしまうと360°、視界がすべて黄色で埋め尽くされるのは圧巻というほかにないです。

また、毎年【北大金葉祭】というライトアップイベントも開催されており、賑わいを見せております。
また違ったイチョウ並木の雰囲気も味わうことができるのでこちらもおすすめです。
※2019年は中止が発表されております。

札幌でそのほかでは意外かもしれませんが大通公園でも紅葉を楽しむことができます。
これまで紹介したスポットとは異なり、派手な紅葉というものではありませんが1.5キロもの長い通りをハルニレ、カエデ、サトウカエデ、イチョウ等の100種類近くの多種多様な植物を横目に散策すればきっとあなたのお気に入りの紅葉も見つかるはずです!

北海道紅葉08


【北海道大学】
・アクセス JR札幌駅より徒歩15分 札幌市営地下鉄北12条駅より徒歩4分


2-4. 見晴公園・旧岩船氏庭園(香雪園)

北海道紅葉09

こちらに関してはあまり覚えのない方も多くいるかもしれません。
こちらは北海道で唯一の国指定文化財庭園に選定されている総合公園です。アクセスは函館駅からバスで40分ほどと少し遠めではありますがこちらもおすすめの紅葉スポットです。1898年ごろから市内有数の豪商の別荘として造られた風景式庭園で書院風の園亭、渓流、レンガ造りの温室など、多彩な庭園空間が広がっています。
秋になると、雰囲気は一変し、紅葉の名勝地としてたくさんの人が訪れるようになります。カエデを中心に、庭木は約150種も存在しています。園内をじっくりと散策するには十分な時間をとったほうがいいかもしれませんね。
また、こちらは毎年夜の紅葉を楽しむためのライトアップのイベントが開催されています。こちらもぜひ目的としてはいかがでしょうか。


【見晴公園・旧岩船氏庭園】
・アクセス バス JR函館本線函館駅から函館バスで40分


3. おわりに

 北海道の紅葉についていかがでしたでしょうか。北海道は日本で一番早く紅葉が見られる以外にも雪も同時期に見ることができるなど行ってみると楽しい発見がたくさんあります。思ったよりも寒いということがあるので防寒具だけはしっかりして旅行に言っていただければと思います。
また、毎年の傾向として紅葉のシーズンはイベントなども多くなる過ごしやすい季節のためどうしても早くから混雑が予想されるものでもあります。
なるべく早いうちにご予約しておくことをおススメいたします。

北海道旅行はしろくまツアー

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP