礼文島・利尻島へのアクセスとエリア内交通手段

北海道稚内市から100kmもしない位置にある礼文島と利尻島。あまりメジャーな観光スポットではないものの、北海道の富士山とも言われる利尻富士を見ることができます。

稚内市は北海道のほぼ真北、最北に位置しており、礼文島・利尻島へ行くにはフェリーでの移動となります。ツアーで申し込むと本州からでもお得に旅行を楽しむことができます。

礼文島・利尻島へのアクセス

稚内市から西に進んだところに礼文島があり、そのほぼ真下に利尻島があります。アクセスについては稚内から利尻島まで約1時間40分、稚内から礼文島まで約1時間55分で到着します。

利尻島には利尻空港があるので稚内市まで行かなくとも、札幌市内、新千歳空港から1時間程度で行くこともできます。稚内や礼文島・利尻島など、この北海道北部エリアは宗谷郡と呼ばれています。

礼文島・利尻島へのアクセスとエリア内交通手段

『スコトン岬』

主な観光スポットとして、礼文島の北端にスコトン岬があります。岬から北を見ると海馿島がすぐ近くにあります。

スコトン岬にはアザラシも海岸に休みにくるようで、アザラシを見ながら宿泊できる宿も近くにあります。季節によって岬に咲く花の種類も変わり、訪れる季節で様々な景色を楽しめます。

1泊ではなく2泊以上で観光した方が楽しめるでしょう。のんびり岬を散歩して写真を撮っていると時間を忘れてしまいそうです。稚内市からスコトン岬に行くには、スコトン岬行きのバスがフェリー乗り場から出ていますので利用するといいかもしれません。ただし、バスの時刻は朝から夕方までの間に限られていますので注意が必要です。休日であれば午前中に2便、午後に2便あります。平日の方が本数が多いようです。

〒097-1200 北海道礼文郡礼文町船泊村 礼文町大字船泊村字スコトントマリ

『利尻礼文サロベツ国立公園』

先ほどのスコトン岬もこの利尻礼文サロベツ国立公園の一部です。他にも観光スポットがあり、桃岩歩道や利尻山、オタマトリ沼もあります。桃岩歩道のトレッキングコースでは、花畑を見ながら散歩をした後、美しい海を一望することができます。まるでアルプスのような壮大な景色、雰囲気を味わえそうです。

〒097-1201 北海道礼文郡礼文町香深村 北海道礼文郡礼文町香深村モトチ

登山をしたい方は利尻山を登ってみてもいいでしょう。頂上までは5時間ほどかかるようですが、山頂からの景色を絶景です。

島内での移動手段

島内を観光するには車移動が主になります。バスやタクシーの交通手段を使うのもいいですし、島を移動して片方の島の観光もするのであれば、レンタカーを借りて出発地とは別の場所で乗り捨てるのもオススメです。

バスは宗谷バスを利用するといいでしょう。飛行機で島に行くには夏季のみの運行の場合があるので、行く前には時期と運行状況を確認しておく必要があります。

道北を楽しもう

道北の稚内市には、雄大な自然を堪能できるスポットが多くあります。日常では味わえない、非日常をたっぷりと感じさせてくれる観光旅行ができることでしょう。

観光地の散歩をメインとするなら春先に訪れて見るのがオススメですよ。

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP