×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

利尻島・礼文島の温泉があるお宿は?

温泉天国の北海道は、利尻島・礼文島などの離島にも温泉があります。ゆっくり温泉に浸かって素晴らしい海と自然を味わえるのは、離島の旅ならではの醍醐味と言えるでしょう。今回は、利尻島・礼文島にある3つの温泉とおすすめのお宿を紹介します。

礼文島温泉とは?

礼文島は、道北の稚内から60kmほどの海にあります。緯度の関係から本土では、高山でしか見ることができない植物が多く自生して、「花の浮き島」と呼ばれています。

礼文島は火山島の利尻島と違い、温泉が出ないと言われてきましたが、2008年に地下1300mほどのところから掘削されました。現在は、町営の日帰り温泉「礼文島温泉うすゆきの湯」や温泉宿に供給されています。

礼文島温泉の効能と泉質

礼文島温泉の泉質は、塩化物・硫酸温泉 ナトリウムです。神経痛や関節痛、疲労回復などに効果があるとされる礼文島温泉は、お湯に含まれている芒硝によって慢性婦人病にも効果が期待できると言われています。透明なお湯は、入浴後も体が温かいと好評です。

礼文島おすすめの温泉宿

礼文島でゆっくりと温泉を楽しめるおすすめのお宿を紹介します。

三井観光ホテル

晴れた日には、目の前に利尻富士が見える自慢の温泉は、広々として綺麗です。露天風呂に出れば、最北の島らしい冷涼とした空気や目の前に広がる広大な海に感動するでしょう。時間や季節、天気によって変わる利尻富士や海の光景は、いつまでも見ていたくなります。

礼文島名物の生ウニや島の名産品を楽しめる食事もおすすめです。

【所在地】北海道礼文郡礼文町香深トンナイ277
【電話番号】0163-86-1717
【部屋数】100室
【チェックイン・アウト】イン 15:00~ アウト ~10:00
【アクセス】香深フェリーターミナルより徒歩約10分または、車で約2分 送迎:あり。事前に連絡をすること。ホテルからは定刻になります。

旅館かもめ荘

全8室の小さな旅館ですが、北海道の幸をふんだんに使った料理は品数も多く、美味しいと評判です。ウニや、じゃがいもまんじゅうカニ餡など趣向を凝らした料理の数々は、ぜいたくな気分にさせてくれます。利尻富士を眺めながらゆっくりとした時間を過ごせる旅館です。

【所在地】北海道礼文郡礼文町香深村字トンナイ
【電話番号】0163-86-1873
【総室数】8室
【チェックイン・アウト】イン 14:00~ アウト ~10:00
【アクセス】香深港フェリーターミナルより徒歩約13分、車で約5分 送迎:応相談

利尻ふれあい温泉とは?

利尻島の利尻町沓形にある温泉です。利尻ふれあい温泉は、日本でもトップクラスの炭酸水素を含んだお湯で「高濃度炭酸泉」と呼ばれています。

利尻ふれあい温泉の効能と泉質

利尻ふれあい温泉の効能は、神経痛、関節痛、筋肉痛、疲労回復などに効果があると言われています。泉質は、炭酸水、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄分 塩化物・炭酸水素塩泉で、空気に触れると茶褐色に変化します。

利尻富士温泉とは?

1996年に採掘された利尻富士町鴛泊にある温泉です。「利尻富士温泉」と名付けられた温泉は、町民や観光客に愛されて数多くの人に利用されています。

利尻富士温泉の効能と泉質

利尻富士温泉は、ナトリウム 塩化物・炭酸水素塩泉で、神経痛、慢性消化器病、筋肉痛、慢性皮膚病などに効果があると言われています。

利尻島おすすめのお宿

利尻島で温泉を楽しめるおすすめのお宿を紹介します。

利尻マリンホテル

トロッとしたお湯が特徴的な温泉は、「旅の疲れが取れて温まる」と評判です。利尻マリンホテルの料理は、利尻島名産のウニやカニ、ホタテなどボリューム満点の海の幸が楽しめます。また、ホテルから徒歩20分ほどのペシ岬からは、利尻山と鴛泊市街が一望できる散策コースになっています。

【所在地】北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字港町81-5
【電話番号】0163-82-1337
【部屋数】49室
【チェックイン・アウト】イン 15:00~(最終19:00) アウト ~10:00
【アクセス】鴛泊フェリーターミナルより徒歩約7分、フェリーターミナル、利尻空港への送迎あり。

利尻富士観光ホテル

利尻富士観光ホテルの大浴場は、お肌がツルツルになると評判の利尻富士温泉の源泉を利用しているため、「美人の湯」とも呼ばれています。料理にも力を入れており、四季を通じて最高の海鮮食材の使用を心掛けているため、いつも美味しい料理が食べられると評判です。

【所在地】北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字94-2
【電話番号】01638-2-1531
【室数】45室
【チェックイン・アウト】
イン 15:00~(18時以降の場合は要連絡) アウト ~10:00
【アクセス】鴛泊フェリーターミナルより徒歩約2分、空港までの送迎あり

道北でも最北の島で温泉三昧はいかが?

トレッキングなどで人気の利尻島や礼文島は、日帰り温泉も充実していますが、ゆっくり宿泊して道北の離島らしい温泉を楽しむのもおすすめです。島に来なければ味わえない料理と、効能や泉質の違う温泉で思い出深い休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

(画像は写真ACより)

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP