×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

北海道のリゾートと呼ばれるニセコ!おすすめ温泉をご紹介

記事更新日:2021/12/28

1.はじめに

「2022年・冬」少しずつ日常を取り戻しながら、旅行を計画したり、既に予約されたりと準備されている方もいるかと思います。
そして、冬といえば温泉と考える方も多いのではないでしょうか?

今回は全国津々浦々、沢山の温泉の中でも北海道のリゾートとも呼ばれており、スキーが有名なエリアのニセコの温泉についてご紹介いたします。

北海道ニセコ温泉イメージ


2.ニセコ温泉とは?

凛とした立ち姿が美しい羊蹄山と雄大な山ニセコアンヌプリ。その山々の裾野に位置するのがニセコです。自然に囲まれスキーやトレッキングなどアウトドアスポーツが盛んなニセコ、近くにあるアンヌプリやヒラフは冬には有名なスキー場として海外からもスキーを楽しみに多くの人が訪れます。
エネルギッシュな山々に囲まれたこの場所は温泉が潤沢に湧く土地でもあります。ひらふ温泉、東山温泉、アンヌプリ温泉、昆布温泉、五色温泉など。ニセコ温泉とはこれら全ての温泉を総称した呼び名です。
1つの温泉にゆっくりつかるのもいいですが、個性ある温泉を巡るのも楽しみの1つです。肌触り、香り、効用の違いを確かめてみましょう。
大半の温泉地は源泉掛け流しになっていて、源泉スポットからは湯がとうとうと湧いて、泉質は硫黄分が多いものやアルカリ性が強いのも特徴です。
女性に圧倒的人気なのは硫黄泉 炭酸水素塩泉 硫酸塩泉。この3つの泉質はとくに美肌効果が高いとされ「三大美人泉質」と呼ばれています。
温泉に入った後は肌の変化に驚くはず。ニセコ温泉を訪れる際には泉質のチェックもお忘れなく。

3.大人の別荘「ニセコ昆布温泉 鶴雅別邸 杢の抄」

モダンでラグジュアリーな空間。和の美意識が研ぎ澄まされるような大人の別荘体験はいかがでしょうか。照明が落とされたラウンジスペースに流れるのはジャズ。中央ではストーブの火が爆ぜています。JBLスピーカーからの音楽に耳を傾けたり、本をめくったりとゆったりした陰翳礼讃の世界にひたりましょう。
木々のそよぐ音を聞きながら湯浴みを楽しむ露天風呂。壁一枚隔てた向こうから聞こえる小鳥のさえずりも楽しめます。透明度の高い塩化物泉は肌なじみがよく湯上がりはしっとりと落ち着きます。
汗を流した後にいただく料理は、まるで芸術作品のような美しさです。新鮮な魚介やみずみずしい野菜など旬の食材を使った創作日本料理。素材の味を堪能できるラグジュアリーな和の食膳は忘れられない旅の思い出になるでしょう。

北海道ニセコ温泉イメージ


住所:北海道虻田郡ニセコ町ニセコ393

4.体がポカポカ秘湯の湯「湯元ニセコプリンスホテル ひらふ亭」

ホテルの自慢は自家源泉からひいた純度100%の湯です。水で薄めるのではなく湯をオリジナル設備に通して適温にしています。高い濃度のお湯につかれば体は芯からポカポカに。妊婦さんの体にも優しい温泉です。
もう1つの自慢、それは露天風呂つきの客室が62室も用意されていること。朝焼けの羊蹄山やナイタースキーを眺めながら、誰にも気兼ねせず湯浴みを堪能できます。
地元の新鮮素材を使った料理バイキングでは50のメニューからお好きなものをチョイスできます。揚げたての天ぷら、炭火焼、川魚の刺身など豊富な海の幸、山の幸をいただきましょう。

北海道ニセコ温泉イメージ


住所:北海道虻田郡倶知安町字山田204

5.森に囲まれた癒しのホテル「ニセコ・甘露の森」

森林浴と入浴を同時に楽しめる広々とした森の天空露天風呂。湯船に入ると森の中に浮かんでいるような気分に浸かれます。
ホテル甘露の森の温泉は近くを流れるニセコアンベツ川支流の河川敷に湧く源泉を引湯しており、ほんのり硫黄泉特有の香りが心地よい湯で、ほぼ無色透明な美肌効果抜群のお湯です。「美白・つるつる・しっとり」の美肌効果が得られ、さらに硫酸イオンも多く含んでいるので、肌に潤いを与えてくれる効果も期待できる『美人の湯』と呼ばれています。
お食事は旬な食材・道産食材をふんだんに使用し、季節に合わせた色とりどりで選ぶ楽しさを両立させた『和洋折衷ハーフビュッフェ料理』木の温もり溢れる「森の隠れ家」でリフレッシュしてはいかがでしょう。

北海道ニセコ温泉イメージ


住所:北海道虻田郡ニセコ町415番地

6.羊蹄山を近くに感じる「ヒノデヒルズ ニセコビレッジ」

490ヘクタールにも及ぶ広大な敷地を誇るマウンテンリゾート、ニセコビレッジ中心地に立地し、夏は美しい芝生でゴルフ、冬は上質なパウダースノーの中でスキー。四季折々の北海道ニセコの自然を楽しめる多彩なアクティビティときめ細やかなサービスが体験できる場所、ヒノデヒルズは2019年12月にそんなニセコビレッジに誕生しました。

ニセコの象徴、羊蹄山を眺めるヒノデヒルズは、ニセコビレッジスキー場からスキーイン、アウトを可能にし全てのスキーヤーを満足させてくれます。
ライトグレーを基調としたモノトーンの落ち着いたインテリアに高級感のあるモダンでシックな印象の客室はニセコでの滞在をより一層特別なものとしてくれ、館内の温泉は美肌効果のある成分が多く含まれており別名「美人の湯」とも呼ばれています。ミネラル分を含んだ効能豊かな温泉が日々の疲れた体を優しく癒してくれます。

住所:北海道虻田郡ニセコ町東山温泉

7.おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は北海道の通年型リゾート地「ニセコ」の温泉、ホテルに関してご紹介させて頂きました。
冬はウィンターリゾートとしてスキー、夏は青空の下で爽快なアクティビティなど、四季を通じて家族みんなで楽しめる場所、それがニセコです。
北海道旅行を計画されている方々の参考になれば嬉しいです。

北海道ニセコ温泉イメージ

ニセコビレッジのツアー予約はこちら

ニセコアンヌプリのツアー予約はこちら

ニセコグラン・ヒラフのツアー予約はこちら

北海道温泉旅行のプランを探す

北海道ツアーはこちら

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP