×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

根室のご当地グルメ!エスカロップって何?

朝日に一番近い街の名物料理

朝日に一番近い街。根室市の公式サイトに書かれている同市のキャッチフレーズです。根室市は北海道の最東端の市。つまり日本最東端の市なのです。

根室といえば、鮭、イクラ、ウニ、サンマ等の海産物、なかでもタラバガニや花咲ガニがグルメをうならせる名産品です。そして、根室のご当地グルメとして必ずといっていいほど紹介されるのが「エスカロップ」という料理です。さて、どんな料理なのでしょう。

エスカロップ

「エスカロップ」にまつわる話あれこれ

どんな料理?

「エスカロップ」、略して「エスカ」とは、筍入りのバターライスに豚カツをのせ、ドミグラスソースをかけた一品です。同じ皿にサラダが添えられることが多いようです。

バリエーションとしてケチャップライスを用いたものもあり、「赤エスカ」と呼ばれます。最初にご紹介した、バターライスを用いるのは「白エスカ」です。

名前の由来

「エスカロップ」という名は、「薄切りの肉・魚」を意味するフランス語の「escalope」に由来するといわれています。フランス料理でも薄切り肉を使った料理一般を、「escalope」と呼ぶようです。

昭和38年(1963年)頃、根室市の洋食店「モンブラン」のシェフが考案し、根室市内に広まった、という説が一般的なようですが、かつて、そのシェフが勤務していた新橋の洋食店で類似のメニューが出されていたので、エスカロップの原型はこちらだ、という説もあるそうです。

エスカロップの変遷

根室で最初にエスカロップが登場した頃は、豚カツではなく牛カツまたは仔牛のソテーが用いられ、バターライスではなく、スパゲティナポリタンだったといいます。その後、牛カツが豚カツになり、ナポリタンの代わりにケチャップライスが用いられるようになったのだとか。「赤エスカ」の始まりです。

さらにその後、バターライスが用いられるようになりました。始めはマッシュルームが使われていたようですが、後にみじん切りにした筍が定着しました。

ご存知のように根室はサンマの町でもあります。豚カツの代わりにサンマをカツにしてトマトソースをかけた「サンマ・エスカロップ」が登場したことがありましたが、残念ながら一般的にはならなかったようです。

エスカロップの今

「モンブラン」はその後閉店しますが、同店にゆかりのあるシェフがその後「ニューモンブラン」を開店し、さらにそこから食事・喫茶の店「どりあん」が生まれ、現在では、本物のエスカロップが食べられるお店としてマスコミにも多く紹介されるようになりました。

「ニューモンブラン」と「どりあん」は現在でも営業しており、エスカロップの名店として人気です。

人気の名店

ニューモンブラン

エスカロップ発祥の店といわれる「モンブラン」の味を受け継ぐ「元祖エスカロップ」の名店で、創業50年を越えました。

住所は、北海道根室市光和町1丁目1番地。JR根室駅から徒歩約3分です。

どりあん

こちらも、「モンブラン」の味を受け継ぎ、本物のエスカロップが食べられるお店お店としてマスコミでもよく紹介されています。

住所は、北海道根室市常盤町2丁目9番地。JR根室駅から徒歩約9分です。

他にもあります根室独自の洋食

根室には、エスカロップの他にもご当地一皿料理があります。ふたつご紹介しましょう。

スタミナライス

ごはんの上に豚カツをのせ、さらに野菜炒めのせ、仕上げに目玉焼きや生卵をのせた一品です。

オリエンタルライス

ドライカレーカレーに牛サガリの焼き肉をのせ、ステーキソースまたはドミグラスソースをかけます。

まとめ

道東旅行の際、カニを求めて根室へ行く、という方は多いと思いますが、エスカロップを始めとした洋食を織り交ぜるとより根室を満喫できることでしょう。根室を訪れる際は、エスカロップをお忘れなく。

(画像は写真ACより)

北海道旅行はしろくまツアー

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP