×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

ここだけでしか食べられない!消費期限が1日だけの大沼団子

大沼の名物

大沼国定公園や横津岳をはじめ自然観光資源の多い北海道道南地方に位置する亀田郡七飯町には、自然や絶景を楽しむために多くの観光客が訪れます。全国的に人気の観光地には大抵名物があり、観光地と共に名物も有名であることが多いですが、大沼にもやはり名物があります。

大沼の名物とは沼の家が販売している大沼団子です。大沼に来た観光客はもちろんのこと、函館など近くに来た人でも土産に大沼団子だけは買うという人もいる程人気です。

団子

大沼団子の製造元である沼の家

沼の家の創業は1905年です。北海道庁が大沼辺りを道立公園とした頃です。鉄道の整備も進んでいる中、創業者が大沼の将来性に目をつけて大沼に来る観光客に向けて団子を駅で売り始めました。

創業者の先見の明によって創業から100年以上経った現在では大沼団子は大沼名物として定着しており、沼の家は創業当時から受け継がれる味や製法を守り提供してくれています。

大沼団子

沼の家では羊羹など様々な商品がありますが、購入すべき商品は大沼団子です。営業時間は決まっていますが大沼団子は人気故に夕方に行くと売り切れの場合があるので、早い時間に店を訪れて購入することをおすすめします。

大沼団子とは

大沼団子は沼の家が商標登録している製品です。団子といえば串に刺さった状態であるか、一つの大きくボリュームのある団子を想像する人が多いですが、大沼団子は折に小さな団子が串に突き刺されずに敷き詰められています。楊枝で刺して食べます。

折には小折と大折があります。味は醬油と餡、醬油と胡麻の組み合わせがありますが、創業当時から変わらないのは醬油と餡の組み合わせです。醬油と餡、胡麻の比率が同じではないのは、大沼湖と小沼湖を再現しているためです。

また、小さな団子には意味があり大沼国定公園の湖に浮かぶ島をイメージしています。一口サイズとなっているため食べやすく、手が止まらなくなる程美味しいです。

賞味期限は1日

大沼団子はうるち米で作られており、白色の見た目とつるんとした舌触りが特徴です。作りたての柔らかい団子の賞味期限はたったの1日です。

販売されている店内でも商品の横にも書き置きされていますし、購入時には「本日中にお召し上がり下さい」と店員さんに伝えられるはずです。時間が経てば固くなってしまい、本来の美味しさが失われてしまうため早く食べる程本来の美味しさを味わうことができます。

仕込みは販売当日の早朝から始まります。作り置きはしないため、販売状況を見極めながら店の奥にある作業場での折り詰め作業を進め、店頭に並べています。賞味期限の短さは、保存料や添加物など余計なものを使っていないという安心感もあります。

団子

JRの車内販売と大沼公園駅前にある店舗だけでの販売

観光地ならばどこにでも土産は販売しているものですが、大沼団子に関しては販売場所が限られていて余計に特別感があります。大沼団子の販売場所は、大沼公園前にある店舗とJRの車内販売だけです。

胡麻折に関しては製造数が少ないため、大沼公園前の店舗でのみ販売という超レアな商品となっています。何でも手に入ってしまうこの時代において大沼団子の希少性はとても新鮮で、余計に大沼団子が美味しく感じられるという人もいます。

大沼では大沼団子をご賞味あれ!

旅行で見知らぬ土地を訪れると、その土地のグルメを楽しむことも醍醐味の一つです。大沼では大沼でしか味わえない大沼団子を絶対に食べるべきです。観光中の休憩がてら店に立ち寄って食べるのもおすすめです。

店舗にはイートインスペースが設けられているので買ってその場で食べると美味しい状態で味わうことができます。人によって味の好みは異なるので、全ての種類を食べてみて自分の好きな味を見つけてみましょう。

(画像は写真AC、ぱくたそより)

北海道旅行はしろくまツアー

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP