ドキドキ!ミクロの世界をのぞいてみよう!

もっともっと見たくなる!

北海道札幌市の札幌市青少年科学館にて2017年1月5日(木)から、冬の特別展「小さな世界を見てみたい!~ワクワク・ドキドキ、ミクロの世界~」が開催される。

普段見ることができないミクロの世界を、顕微鏡などの拡大鏡を使って観察し、これまで知ることのなかったモノや生き物を実際に目で確認することができるイベントだ。

会場内にはたくさんの顕微鏡が用意されており、昆虫・植物・プランクトン・菌・鉱物・雪の結晶・細胞など様々な種類のモノを見ることができる。また、自分のスマホやデジカメでミクロの世界を撮影するコーナーもあり、顕微鏡写真でも簡単に撮影できることを体験できる。

小さな世界を見てみたい

ワークショップで遊ぼう

様々なワークショップがあり、「ぬり絵ワンダービジョン」は小さなこどもたちでも楽しむことができる。他にも、「ペットボトルのフタでつくるミニミニ顕微鏡」、「砂のプレパラートをつくろう~石狩浜の宝物~」、「光る細胞カプセルをつくろう!」などがほぼ毎日行われる。

これらのワークショップに参加するには、当日の9時45分から会場前にて配布される整理券が必要となる。問い合わせ先は札幌市青少年科学館、011-892-5001まで。

それ以外にもスペシャルサイエンスショーやトークイベントなどがあるので毎日イベント盛りだくさん。この冬の特別展は2017年1月5日(木)~2017年1月22日(日)まで休みなく行われ、開催時間は9:30~16:30。

料金は大人700円、中学生以下は無料の展示室観覧料のみで楽しめるイベントなので冬休み期間中1度は足を運んでみてほしい。

(画像は札幌市青少年科学館公式サイトより)

外部リンク

札幌市青少年科学館イベント情報

http://www.ssc.slp.or.jp/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP