×

メルマガ会員にご登録いただくと、メルマガ会員限定のお得なクーポンやツアーをご覧いただけます。

キャンドル灯る「第14回 啄木・雪あかりの町・くしろ」

啄木が初めて釧路を訪れた当時に思いを馳せる

1月21日(土)、釧路で「第14回 啄木・雪あかりの町・くしろ」が開催される。石川啄木は、釧路に滞在していた頃に著名な作品を数多く生み出している。このイベントは、啄木が初めて釧路を訪れた日の1月21日を「来釧記念日」とし、啄木の足跡や当時の文化を省みるものだ。

同イベントでは、釧路啄木会の「雪あかり講演会」や歌留多会、啄木・歌めぐりスタンプラリーなどが行われ、あったか屋台なども出店する。また、釧路YuKiアートプロジェクトが会場のプロデュースやアートキャンドルの展示などを行いイベントを盛り上げる。

 啄木・雪あかりの町・くしろ

「啄木・雪あかりの町・くしろ」開催概要

開催日時は、1月21日(土)、14:00~20:00。場所は、港文館・橋南西会館・啄木ゆめ公園・南大通・入船・大町界隈の各所。

中でも港文館では、14:00~15:00、「雪あかり講演会」と題して、北畠立朴(釧路啄木会会長)さんが講師となり「誰でもできる啄木研究」の講演を行う。

この他、港文館では「啄木の歌 拓本体験会」や「啄木一人百首 歌留多会」、釧路YuKiアートプロジェクト作品展「ゆきあかり」などが開催され、港文館前では点灯式や入選短歌・フォトコンテストの表彰式などが行われる。

また、各所であったか屋台やアートキャンドルなど様々な催しが行われ、啄木を体感できる1日となる。詳細はfacebook釧路YuKiアートプロジェクトに掲載されている。

(画像はfacebook釧路YuKiアートプロジェクトより)

外部リンク

釧路YuKiアートプロジェクト 啄木・雪あかりの町・くしろ

https://www.facebook.com/

釧路YuKiアートプロジェクト

https://www.facebook.com/kushiro.yuki.art.project/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP