居酒屋「鳥次郎」で会食しながら「野鳥お勉強会」

野鳥や自然に関する情報交換の場

「野鳥お勉強会」は12月17日(土)、恒例の勉強会を開催する。昭和62年設立の「野鳥お勉強会」は、毎月1回、野鳥を主とした動物や、自然情報を交換する場として勉強会を実施している。

同会は、毎回自然や野鳥に関心がある学識経験者や大学の教師、会社員などをボランティア講師として招き、身近な野鳥情報や講師が得意な分野の講義を行っている。

野鳥お勉強会

第354回の今回は、「クマタカ・オオタカ 巣に登ってわかったこと」をテーマに、10名~20名程度の少人数で会食しながら勉強する。

講師は、北海道クマタカ研究グループ/地球環境計画の嘉藤慎譲氏。発表内容は、クマタカ、オオタカの巣の大きさや巣材の違い、巣に登ってわかったことやわからなかったこと。画像を交えて紹介するという。

開催日時・会場

開催日時は、2016年12月17日(土)18:00〜20:30(集合は17:50)。会場は、札幌市中央区大通西5 昭和ビル地下街 鳥次郎。

参加定員・料金・参加申し込み・問い合わせ先

参加自由だが、定員は20名程度。料金は飲食代のみで、3500円。参加申し込みは、12月15日までに連絡。連絡先と問い合わせ先は、090-4874-1705 野鳥お勉強会 代表・富川氏。

外部リンク

野鳥お勉強会

http://www.toriben.org/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP