西山スノーシュー散策 「洞爺湖ビジターセンター」

水蒸気を利用してミートボールを温める

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館では、3月18日(土)に「西山スノーシュー散策」を開催する。有珠山・西山散策路は、今でも火山活動の様子を見ることができる。スノーシューを使い、地熱や水蒸気を観察する。また、水蒸気を利用してミートボールを温めて食べるという。

有珠山 「2000年噴火」

有珠山では、2000年に山麓噴火があった。今後もこの地域が火山と共生していくため、被害を受けた災害遺構を保存し、減災啓発に役立てる活動が行われている。

2000年の噴火では60個以上の火口ができたという。西山の火口群には、現在でも水蒸気を上げている場所があり、それらの火口をつなぐように散策路が整備され、地元の人や観光客に2000年の噴火の様子を伝えている。

「西山スノーシュー散策」 詳細

「西山スノーシュー散策」の申し込み・問い合わせは、洞爺湖ビジターセンター・火山科学館(電話:0142-75-2555)まで。定員は10名となっている。申し込み締め切り日は3月17日(金) 17:00までである。

帽子・手袋・長ぐつ・タオル・ストック(必要な場合)など、冬の野外活動に適した服装で参加のこと。スノーシューは必要な人には用意がある。集合は、西山散策路北口売店前。時間は13:30~15:30まで。参加費は300円。(未就学児は保護者同伴にて参加のこと)

(画像は洞爺湖ビジターセンター・火山科学館HPより)

外部リンク

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館 イベント情報

http://www.toyako-vc.jp/event03.php/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP