年越しイベント第16回「田中酒造 ゆく酒くる酒 2017」開催

年越しイベント第16回「田中酒造 ゆく酒くる酒 2017」開催

酒造で迎える「ゆく酒くる酒」

北海道小樽市の田中酒造 亀甲蔵(きっこうぐら)にて、毎年恒例となった年越しイベント「田中酒造ゆく酒くる酒2017」が開催される。今年で16回目を迎える同イベントの開催日時は、2016年12月31日(土)23:00~2017年1月1日(日)1:30となっている。

田中酒造 ゆく酒くる酒 2017

イベント概要

イベントでは、23:00から振る舞い酒と150食限定の年越し鰊(にしん)そばの振る舞いがある。振る舞い酒では、樽酒に加え、緑茶とオレンジジュースがあり、アルコールの飲めないドライバーや未成年にも対応している。

23:55からは大手締めとカウントダウンが行われ、年が明けるといよいよ新春鏡開きから縁起干支(えんぎえと)酒「初酉(はつとり)」搾り初め、祝杯へと流れる。

その後は、初荷となる縁起干支酒「初酉」の販売を開始する。また購入者限定で、購入本数に応じて抽選券が渡され、特賞でお酒1年分が当たる新春田中酒造ガラポン大抽選会に参加することができる。

最後にイベントの締めとして、餅つきと100食限定で紅白おしるこの振る舞いが行われる。

亀甲蔵とは

会場となる亀甲蔵は、JR南小樽駅より徒歩で約10分の場所にあり、明治38年頃(1905年頃)に建てられた石倉倉庫群で、現在では小樽の歴史的建造物に指定されている。

普段は営業時間9:00~18:00で、酒の製造蔵の見学と当蔵直出しの「しぼりたて生原酒」ほか、日本酒約10種類を無料で試飲できる。

亀甲蔵の特徴として、通常は寒い冬に仕込みを行う「寒造り」で酒造りを行うところ、北海道の冷涼な気候を活かして日本酒を一年中醸造することができる。

(画像は田中酒造ホームページより)

外部リンク

ゆく酒 くる酒 小樽の造り酒屋 田中酒造株式会社

http://tanakashuzo.com/hpgen/HPB/entries/132.html

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・海外旅行・ツアーのホワイトベアー・ファミリーのTOP