初心者にもおすすめ!ウトナイ湖・春の渡り鳥ウォッチング

初心者でも楽しめるイベント

ウトナイ湖にある「ウトナイ湖野生鳥獣保護センター」で、春のバードウォッチングイベントが開催される。題して「ウトナイ湖・春の渡り鳥ウォッチング~水鳥たちの姿を楽しもう~」。

開催日は3月19日(日)、時間は13時から15時まで。定員は20名(先着順、要申し込み)で、小学生以下は保護者の同伴が必要となる。ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(電話:0144-58-2231)で電話または直接来館にて予約申し込みを受け付け中だ。参加費は無料。

この時期にウトナイ湖を経由して繁殖地へと向かう冬鳥を観察する。特にカモ類やハクチョウ類といった水鳥、オジロワシやオオワシなどの猛禽類を見られる可能性があり、これらの多くは動きがゆったりしていて観察しやすいため、バードウォッチング初心者でも楽しめるイベントだ。

ウトナイ湖・春の渡り鳥ウォッチング

多くの渡り鳥が訪れるウトナイ湖

北海道の南西部・苫小牧市の東部郊外にあるウトナイ湖は、水鳥の生息地として国際的に重要な「ラムサール条約湿地」に登録されている。

多くの渡り鳥が訪れるこの集団渡来地では260種以上の鳥類が確認されており、日本初のバードサンクチュアリとしても知られる。国指定鳥獣保護区でもあり、春と秋には、マガンやヒシクイ、カモ類、ハクチョウ類などたくさんの水鳥を見ることができる。

(画像はウトナイ湖野生鳥獣保護センターHPより)

外部リンク

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターHP

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP