古い建物の魅力を再発掘「Small Town Market ~坂の途中のちびマルシェ~」開催

古い建物にしかない魅力

4月23日(日)、函館市の「大三坂ビルヂング」にて、'街を一つの家に見立てる'ことを提案するイベント『Small Town Market ~坂の途中のちびマルシェ~』が開催される。

坂の途中のちびマルシェ

同イベントでは無料のワークショップなどが開催され、子供から大人まで楽しめる個性的な出品が行われるなど、魅力満点の催しとなっている。

イベントには、自然と歴史ある古い建物が残る函館市において古民家などに新たな価値を見出す活動を行う合同会社箱バル不動産も酸化する。

箱バル不動産は経年変化していく建物を古さの魅力という観点から価値を見出し、人工的に作り出せないこれらの魅力を発掘し、利用希望者とオーナーを結びつける事業を行っている。

思い描く「函館」の姿

建築設計士や宅地建物取引士、古民家鑑定士、デザイナー、プランナー等各分野のプロフェッショナルが参加する同社は、函館市の街並み保存・活性化を主な目的としながら、世界中の人が住みたくなる街、古くて新しい「函館」を共に作っていく仲間を募っている。

また先ごろの3月24日・25日の両日には、「地域を繋ぐ小商いmeeting in 函館西部地区」と題した交流イベントが市内の古民家にて催され、小商いの役割、地域活性化のヒントなどについて参加者全員が思いを共有した。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

箱バル不動産 プレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p

箱バル不動産

http://hakobar.com/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP