中標津の冬を満喫!「白いモアン山を歩く」

冬ならでは!雪景色を堪能しよう

1月29日(日)、中標津の北根室ランチウェイのモアン山を歩く「白いモアン山を歩く」が開催される。

中標津の中心からランチと呼ばれる北根室の広大な牧場を通り、摩周湖外輪山を半周し、弟子屈町にあるJR美留和駅までの自然歩道、北根室ランチウェイ。全長71.4キロのロングトレイルは、自然の中をゆったり歩くことができると多くの人が訪れている。

「白いモアン山を歩く」は、コース内にあるモアン山をスノーシュー・スノーハイクで巡るイベント。今だけしか見ることができない冬の景色を楽しむことができる。

白いモアン山を歩く

途中でソリ遊びもできる!

当日は8時15分にトーヨーグランドホテルロビーに集合。準備運動やスノーシュー装着をして9時30分からスタートとなる。

ゴールである青い小屋到着は13時頃。休憩の後、14時には出発地であるトーヨーグランドホテルに到着予定だ。

ハイク途中、ソリで遊べる傾斜があるため、遊ぶためのソリ持参もOK。ゴール後には、おもてなしとして温泉入浴券(当日のみ有効)のプレゼントもある。

参加対象は中学生以上、参加費用は1,500円、定員は30名となっている。

北根室ランチウェイならではのイベント、中標津の雪景色を満喫してはいかがだろうか。

【日程】2017年1月29日(日)
【費用】1,500円(中学生以上参加可、保険料、バス代込)
    ※スノーシューレンタル別途 1,000円
【申し込み方法】電話、FAX、インターネットで申し込み
【問い合わせ】一般社団法人なかしべつ観光協会 TEL:0153-77-9733

外部リンク

白いモアン山を歩く

http://www.kaiyoudai.jp/cgi/snow_1601/snow.html

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP