センチュリーロイヤルホテル×近代美術館コラボメニュー

大原美術館展Ⅱの名画がモチーフのランチメニュー

札幌市のセンチュリーロイヤルホテルでは、北海道立近代美術館で開催される「大原美術館展Ⅱ」とのコラボレーション企画として、最上階のスカイレストラン「ロンド」で特別ランチメニューを提供する。

センチュリーロイヤルホテル×近代美術館コラボメニュー

プラン名は「憧れの巴里ランチ」で、1人3,500円(税込み価格 3,780円)。2017年4月1日(土)から5月31日(水)の期間中の11:30~16:00に利用できる。メニューの中には「クロックムッシュ エッフェル塔のピクルス添え 佐伯祐三《パリ街景》をイメージして」など、展示される絵画をモチーフとした料理も提供。

メニューはホテルの調理長が考案し、北海道立近代美術館の学芸員が監修。学芸員の視点で色合い、バランス、世界観をチェックしている。なお、季節・天候等により料理内容や器、産地を変更する場合もある。

企画展チケットで割引サービスも

この「憧れの巴里ランチ」は、大原美術館展Ⅱのチケット半券を提示すれば、1枚提示で4名まで5パーセント割引となる。また、同ホテルの19階にある 日本料理「北乃路」でも、チケット提示で食事代が5パーセント割引となる。対象外のメニューもあるので、詳しくはスタッフに確認を。

(画像はセンチュリーロイヤルホテル公式ホームページより)

外部リンク

センチュリーロイヤルホテルニュースリリース

http://www.cr-hotel.com/release/pdf/20170323.pdf

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP