ポーランド映画祭2017in札幌 開催

巨匠アンジェイ・ワイダ監督を追悼して上映

3月18日(土)、狸小路の「札幌プラザ2・5」にて、ポーランド広報文化センター主催「ポーランド映画祭2017in札幌」が開催される。

ポーランド映画祭

この映画祭は2014年から毎年札幌で開催されているが、今回は昨年急逝した巨匠アンジェイ・ワイダ監督を偲んで上映される。上映作品は、ワイダ監督代表作『灰とダイヤモンド』と、『夜の終わりに』のデジタル・リマスター版だ。

『灰とダイヤモンド』は、ポーランド映画史において最も重要な作品と位置付けられている青春劇だ。また、『夜の終わりに』の脚本は、映画監督のイエジー・スコリモフスキ氏と、作家のアンジェイェフスキ氏が共同執筆したという異色作だ。

『夜の終わりに』の上映前には、ワイダ監督とスコリモフスキ監督のロング・インタビュー映像が特別上映される。この映像は、ワイダ監督の急逝直前に収録したものだ。

開催概要

開催日時は3月18日(土)、12:15~17:30。会場は、「札幌プラザ2・5」2階劇場(札幌市中央区南2条西5丁目)。料金は、一般1,000円、学生500円。問い合わせ先は、(宣伝・運営)小野朋子、Eメール: ono.tmk@gmail.com、電話番号080-1876-5061。

上映スケジュール

12:15開場、13:00久山宏一(ポーランド広報文化センター職員)の映画解説トーク、13:15『灰とダイヤモンド』上映(103分、15:00終了予定)

15:30スコリモフスキ監督/アンジェイ・ワイダ監督インタビュー映像(約30分)、16:00『夜の終わりに』上映(87分、17:30終了予定)。

(画像はポーランド映画祭2017in札幌ホームページより)

外部リンク

ポーランド映画祭2017in札幌

http://tab-sapporo.com/poland/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP