大自然と海の幸が迎えてくれる奥尻ムーンライトマラソン

のれん分けマラソン大会が来年も開催

沖縄県伊平屋島で20年以上の歴史を誇るムーンライトマラソン。ここ北海道奥尻町(奥尻島)のムーンライトマラソンは、本場ムーンライトマラソンののれん分け大会で、来年(2017)で第4回目を数える。

コースは大自然が豊かに残る奥尻島東側の海岸沿いに設定されており、海の香りをいっぱいに吸い込んで気持ちよく走ることができそうだ。

奥尻ムーンライトマラソン

走りながら楽しめる奥尻の絶景と幻想的な夕方から夜

スタートが午後遅くなので、明るいうちは、鍋釣岩や宮津弁天宮などの観光名所もある奥尻の海岸線を楽しみながら走り、夕暮れにさしかかると今度は刻々と変化する空の色に目を奪われること請け合いだ。

暗くなれば月明かりとイカ釣り漁船の漁火が現れる。他では味わえない雰囲気を味わえるマラソン大会だ。

本州以南では梅雨が気になり出す時期だが、奥尻の6月はとても過ごしやすく、また走る時間帯が午後遅くから夜にかけてなので、日差しが気になる女性ランナーでも気軽に参加することができる。

マラソン以外のお楽しみも盛りだくさん

マラソンだけでなく、前夜祭・後夜祭ではイカやあわび等の島の味覚が振る舞われ、ステージイベント等も行われる。マラソン以外の楽しさも満載だ。

【開催日程】
2017年6月16日(金)
前夜祭2017年6月17日(土)マラソン・後夜祭
【開催地】
北海道奥尻町(奥尻島)
【種目】
フルマラソン42.195km(制限時間:6時間)
ハーフマラソン21.0975km(制限時間:4時間)
【定員】
500名(フル・ハーフ合計)
【募集開始】
2017年3月1日(予定)

(奥尻島観光協会公式ホームページより)

(画像は奥尻島観光協会公式ホームページより)

外部リンク

奥尻島観光協会公式ホームページ

http://unimaru.com/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP