特別展「デンマーク・デザインの魅力 織田コレクションと旭川」

織田コレクションの中から選りすぐって展示

4月21日(金)~6月25日(日)、道立旭川美術館にて同美術館の開館35周年を記念して特別展「デンマーク・デザインの魅力 織田コレクションと旭川」が開催される。

デンマーク・デザインの魅力 織田コレクションと旭川

この特別展で展示されるのは、世界的にも貴重なデンマーク・デザインの巨匠たちの椅子や日用品。これらの展示品は、近現代の椅子の研究者として著名な織田憲嗣氏のコレクションの中から選りすぐられたものだ。同展では、旭川と織田コレクションとの30年に及ぶ関わりについても紹介される。

開催概要

開催日時は、4月21日(金)~6月25日(日)(月曜休館)、9:30~17:00(入場は16:30まで)。会場は、道立旭川美術館(旭川市常磐公園内)第1展示室。電話番号0166-25-2577。観覧料は、一般1,000円、大学生600円、高校生以下無料。

織田コレクションとは

織田コレクションとは、東海大学名誉教授の織田憲嗣氏が研究対象として収集してきた近現代のデザイン性に優れた生活日用品の資料群のことだ。このコレクションは、家具のまち「旭川」の織田コレクション協力会で受託管理されている。

コレクションの内容は、椅子・テーブル・キャビネットなどの家具や、食器、カトラリー、花器、キャンドルスタンドなどのテーブルウエアの他、照明器具や木製玩具など多岐にわたっている。

中でも椅子は中心的な存在で、世界各地の名作椅子と呼ばれるものが1350点以上もある。特に北欧モダンと呼ばれる品々のコレクションが多い。

(画像は旭川美術館トップページより)

外部リンク

北海道教育委員会広報(6ページの道立旭川美術館4月事業の案内)

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/

織田コレクション

http://odacolle.org/index.html

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP