初夏の中標津!空と緑の大地を楽しめるマラソン大会を開催

初夏のさわやかな景色を楽しみながら走る

北海道中標津町では2017年7月9日に開催される「第9回 なかしべつ330 開陽台マラソン」の参加者募集が、3月27日より開始される。

初夏の中標津!空と緑の大地を楽しめるマラソン大会

高低差は約76m。街を抜けると空と緑の大地が目の前にひらけ、武佐岳の景色を楽しむことができる、自然いっぱいのマラソンコースを走ることができる。

申込期間は2017年3月27日(月)~5月22日(月)。ハーフマラソン(21.0975km)は、男子が、高校生~39歳の部、40歳~59歳の部、60歳以上の部、女子が、高校生~29歳の部、30歳~49歳の部、50歳以上の部の各3部門で競う。

また、5kmは男女とも、高校生以上の部、中学生の部、小学4年~6年生の部、2kmは男女とも、小学4年~6年生の部、小学1年~3年生の部の各3部門に加え、家族で参加できるファミリーの部を用意。

和気あいあいと参加できるファミリーの部も

ファミリーの部は、大人1名と小学1年~3年生の子ども1名に加えて2名まで、合計4名まで一緒に参加できる。一緒にフィニッシュしない場合は失格となる。

参加資格は、小学生以上で支障なく完走できる人。ただし、高校生以下の参加者は保護者の承諾が、小学生の参加者は保護者の引率が必要。

当日はチップを使用して記録計測を行い、完走者全員に完走証が渡されるほか、オリジナルTシャツや特製パンなどの中標津特産品をプレゼント。完走後はスポーツドリンクやアイスクリーム、汁物もふるまわれる。詳しくはウェブサイトで。

(画像は開陽台マラソン公式サイトより)

外部リンク

なかしべつ330 開陽台マラソン(2017年)

http://www.zncs.or.jp/330.html

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP