釧路湿原の「春の足音を聴きに行こう」、リニューアルオープンする温根内ビジターセンターがイベント開催

早春の釧路湿原について楽しく学べる

釧路湿原国立公園にある温根内ビジターセンター(住所:鶴居村温根内、休館:火曜および年末年始、入館料:無料)で、「春の足音を聴きに行こう」というイベントが、4月16日(日)に開催される。

釧路湿原の環境や生態系などについて学びながら、早春の木道を歩く。「温根内木道ビンゴ」も実施しながら楽しく学べる内容となっている。

釧路湿原の「春の足音を聴きに行こう」

開催概要

時間は10時から12時までで、場所は温根内ビジターセンターにて。定員は15名で、事前申し込みが必要だ。参加費は無料。

申し込みと問い合わせは温根内ビジターセンター(TEL:0154-65-2323)で受け付けている。北国・北海道への春の訪れは遅いが、いち早くその足音を実感することのできるイベントだ。

リニューアルオープンする温根内ビジターセンター

同イベントを主催する温根内ビジターセンターは、釧路湿原国立公園の利用施設として1992年に開館。このほど、施設の老朽化が進んだことや利用者のニーズに合わなくなってきたことから環境省による建替工事が行われていた。

2017年は釧路湿原国立公園が指定されてから30周年の節目。これを記念して、新しいビジターセンターが4月9日(日)にリニューアルオープンする。充実した館内展示や、木道に通じるテラスもお披露目される予定だ。

(画像は釧路湿原国立公園連絡協議会HPより)

外部リンク

環境ナビ北海道HP

http://enavi-hokkaido.net/

温根内ビジターセンターHP(釧路湿原国立公園連絡協議会)

http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/onnenaiv/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP