珍しい縄文土器を作って学校で自慢しよう!

気分は縄文人

北海道江別市の江別市郷土資料館にて、2017年1月14日(土)に冬休みのイベント「縄文土器を作ろう」が開催される。縄文人になりきって土器作りにチャレンジするイベント。使われる粘土が、焼かなくても乾かすだけで固まるのでその日のうちに持ち帰ることができる。

また、参加者全員に郷土資料館特製ストラップもプレゼントされる。申し込みは2016年12月24日(土)から、電話か直接行う。対象となるのは、小学4年生~6年生までで、先着15名となっているので早めに予約してほしい。

珍しい縄文土器を作って学校で自慢しよう

準備はしっかりと!

「縄文土器を作ろう」は2017年1月14日(土)の9:00~12:00まで開催され、料金は無料となっている。当日は汚れてもいい服装をして、完成した土器を持ち帰るための箱またはバケツを持参すること。

直径20センチ、高さも20センチほどの土器を作ることができるこのイベント。冬休みの自由研究にしても、部屋に飾ってみても珍しいので学校でも自慢できるのではないだろうか。

この機会に、参加した子どもたちが歴史に興味をもち始めるかもしれないので、親子で参加してみても面白いだろう。冬休み最後の思い出作りとして是非足を運んでみてほしい。

(画像は江別市郷土資料館公式サイトより)

外部リンク

江別市郷土資料館イベント情報

http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/soshiki/kyodo/

北海道旅行・北海道ツアーはこちらから

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP