お酒の銘柄と鳥の関係に迫る!札幌の居酒屋で「野鳥お勉強会」開催

居酒屋で開催される気軽な「野鳥お勉強会」

札幌の居酒屋で、野鳥とお酒との関係に関する勉強会が開催される。主催するのは、その名も「野鳥お勉強会」。1987年に設立された同会は、野鳥を主とする動物やその他自然情報の交換の場として、月1回の勉強会を実施してきた。

「鳥とお酒 ―白鶴、千歳鶴・・・、鶴の多い謎を探って―」というテーマで開催される第358回野鳥お勉強会の日程は4月15日(土)。居酒屋「鳥次郎」(住所:札幌市中央区大通西5丁目昭和ビル地下1F、アクセス:札幌地下鉄大通駅1番出口直結、TEL:011-241-9777)にて18時から開始される。

10~20人程度の少人数で会食しながら行われる勉強会で、だれでも参加可能。参加費は飲食代のみの3,500円。参加希望者は同会HPの連絡フォームにて開催日の2日前までに申し込む。

札幌の居酒屋で「野鳥お勉強会」

お酒の銘柄には「鶴」が多い

今回の講師は日本野鳥の会江別支部の松山潤氏。

日本全国の蔵で造られているお酒の銘柄には、意外と鳥の名前の付くものが多い。なかでも、「白鶴」、「千歳鶴」など、とりわけ「鶴」の付く銘柄の多さが際立っているという。

おいしいお酒を飲みながら、鶴と日本人のかかわりの歴史をひもとき、鳥とお酒の関係について語り合うという楽しいイベントだ。

(画像は「野鳥お勉強会」HPより)

外部リンク

「野鳥お勉強会」HP

http://www.toriben.org/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP