野外で迫力ある動物の写真を!岩合光昭写真展「THE CATS ねこ科 ねこは野生動物だ」

動物写真家の目線で見るねこ

4月29日(土・祝)から7月23日(日)まで、札幌市の札幌芸術の森野外美術館で、「岩合光昭写真展 THE CATS ねこ科 ねこは野生動物だ」が開催される。

動物写真家の岩合光昭氏は、ねこをはじめ、さまざまな動物の姿をカメラに収めている。

写真展では、大型写真106点のうち屋内展示が40点、他は自然たっぷりの野外に展示される。

登場するのは、イエネコをはじめ、ライオンやチーター、トラなどねこ科の動物。最大2メートルにもなる大型写真の迫力をたっぷり味わうことができる。

会場は「ねこの橋」「ねこの丘」「ねこの森」「ねこの家」の4つのゾーンに分けられている。各ゾーンに登場するねこの姿からは、ねこの動き、たくましく生きる様を感じ取ることができる。

岩合光昭写真展

自然の森を散策できる美術館

観覧料は大人(高校生以上):700円、65歳以上:560円、中学生以下無料。観覧時間は9時45分から17時(6月、7月は17時30分まで)、会期中は無休となっている。

札幌芸術の森野外美術館は、7.5ヘクタールの敷地に、数多くの彫刻が展示されている美術館。ボランティアによる作品解説も行われている。ボランティアの作品解説は、午前が10時から12時30分(土日祝のみ)、午後が13時から15時。希望の時間やコースに対応してもらえるので、相談してみよう。

札幌芸術の森野外美術館へは、地下鉄南北線・真駒内駅より中央バスに乗車、芸術の森センターで下車のこと。

(画像は札幌芸術の森野外美術館・岩合光昭写真展より)

外部リンク

札幌芸術の森野外美術館・岩合光昭写真展

https://artpark.or.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP