アイヌ古式舞踊「イオマンテの火まつり」春バージョン上演開始

阿寒湖アイヌコタンにて上演

阿寒湖のほとり、阿寒湖畔温泉街にある「阿寒湖アイヌコタン」では、アイヌ古式舞踊を見たり、アイヌの生活や文化を学ぶことが出来る。アイヌは人間、コタンは村を意味するアイヌ語である。

アイヌコタン内の阿寒湖アイヌシアター イコロでは、4月21日(金)~6月30日(金)まで、アイヌ古式舞踊「イオマンテの火まつり」の春バージョンが上演される。

イオマンテの火まつり

イオマンテの火まつり

自然を尊び、共存してきたアイヌ民族の暮らしから生まれたアイヌの踊り「アイヌ古式舞踊」は、国の重要無形民俗文化財に指定され、2009年にはユネスコ世界無形文化遺産にも登録された。その踊りには、様々なものがあり、北海道各地のアイヌに土地特有の踊りが伝えられている。

「イオマンテの火まつり」は、主に樺太アイヌに伝わる弦楽器トンコリの音色に包まれ、炎に照らされた中で繰り広げられるステージで、村の守り神であるエゾシマフクロウ「コタンコロカムイ」の語りで進行される。

入場料は、大人(中学生以上)1,080円、小学生540円。開演時間は21時となっている。阿寒湖畔のホテルから、阿寒湖アイヌコタンへの送迎もある。

問い合わせは、阿寒湖アイヌシアター イコロ(TEL:0154-67-2727)まで。

(画像は阿寒湖アイヌシアター イコロホームページより)

外部リンク

阿寒湖アイヌシアター イコロ

https://www.akanainu.jp/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP