「『氷海の街』アートプロジェクト2017×東京藝術大学」3月7日(火)まで

紋別市立博物館および流氷展望室(元紋別)で開催

紋別市は、東京藝術大学との共催で「『氷海の街』アートプロジェクト2017×東京藝術大学」を平成29年2月24日(金)から3月7日(火)の期間、紋別市立博物館および流氷展望室(元紋別)で開催することを発表した。

『氷海の街』アートプロジェクト2017×東京藝術大学

鈴木 理策氏と学生8名による滞在製作

「『氷海の街』アートプロジェクト2017×東京藝術大学」は、芸術分野の最高学府である「東京藝術大学」で美術学部先端芸術表現科の准教授を務める鈴木 理策氏と、「東京藝術大学」学生8名が平成29年2月18日から23日まで紋別に滞在し製作を行う。

滞在製作では、全体を暗室にレンズをとおして外の風景を室内に投影する「カメラオブスクラ」に流氷展望室(元紋別)を改装して一般公開を行うほか、市民協働での創作活動を行い、成果を製作展示として「紋別市立博物館 市民ギャラリー」に展示するとのことだ。

展示期間は平成29年2月24日(金)から3月7日(火)の10時から17時で、展示場所は「紋別市立博物館 市民ギャラリー 製作展示」、「流氷展望室(元紋別カリヨン広場)カメラオブスクラ」だ。

紋別市立博物館

開館時間:9時30分から17時

利用料金無料(生涯学習スペースは有料)

休館日:毎週月曜日、年末年始、祝日の翌日(土・日曜日を除く)

外部リンク

紋別市 イベント情報ページ

http://mombetsu.jp/

紋別市立博物館 概要ページ

http://mombetsu.jp/sisetu/bunkasisetu/hakubutukan/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP