明治より続く華やかなまつり「北海道神宮例祭(札幌まつり)」

札幌の神様の例祭

6月14日(水)から16日(金)まで、札幌市で「北海道神宮例祭(札幌まつり)」が開催される。

明治2年、蝦夷地から名称が変わった北海道。その年の9月には、天皇により、北海道の開拓と発展の守護神として三柱の神々が鎮祭された。

御霊代は東京より移され、仮社殿でのお祀りなどを経て、明治4年に現在の地である札幌神社、のちの北海道神宮に鎮座された。

「北海道神宮例祭」は、北海道神宮が明治4年に国幣小社となったことに始まるまつりで、明治7年より、毎年6月15日に例祭が行われている。

北海道神宮例祭

時代絵巻を見に行こう

6月14日(水)と15日(木)には、巫女による「浦安の舞」や神職奉納の「蘭陵王」、三条神楽「悪魔祓」、「古式大的式」や「太鼓奉納」、子どもによる「福井ばやし」が奉納される。

「北海道神宮例祭」の見どころでもある渡御では、笛や太鼓の音とともに、神輿と山車が市中を巡幸。

8つの祭典区が異なる拍子を打ち、華やかな山車とともに賑やかに練り歩く美しい装束の人々は、1,200人にも及ぶ。

「北海道神宮例祭」は、「宵宮祭」が6月14日(水)18時より、「例祭」が6月15日(木)10時より、「渡御」が6月16日(金)9時から行われる。

北海道神宮へは、地下鉄・東西線円山公園駅下車:徒歩約15分、バスの場合、JRバス神宮前停留所下車:徒歩約1分となっている。

「北海道神宮例祭」に関する問い合わせは、北海道神宮社務所(電話:011-611-0261)まで。

(画像は北海道神宮「札幌まつり」HPより)

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP