大自然の中で二度寝ができる「牧草ベッド」登場

雲海テラスへの途中でお昼寝

星野リゾートは2017年7月1日に、「星野リゾート トマム」に牧草を敷き詰めた「牧草ベッド」をオープンすることを2017年3月21日に発表した。

牧草ベッド

「ザ・タワー」「リゾナーレトマム」を中心に形成する「星野リゾート トマム」は、北海道のほぼ中心に位置し、四季折々のシーズンを楽しめる。

ダイナミックな雲海を眺める雲海テラス。大自然を感じるラフティング、真夏を思わせる波のあるプール・ミナミナビーチ、その他色々なアクティビティを備えている。アクティビティの詳細は下記のURLを参照。

牧草ベッド

北海道の自然を思い出に

雲海テラスに行く途中の小さな広場に、星野リゾートは小さなベッドを用意し観光客の思い出の場所を演出する。

ベッドには牧草が敷かれ、ブランケットとクッションを用意している。牧草の匂いやふわふわの草ベッドで寝ることができ大自然を満喫する。

ベッドの周りには牧草ロールが置かれている。牧草ロールは、北海道の夏の風物詩である。冬に餌が不足したときに牛などの家畜に食べさせる。牧草を運搬しやすく、蓄えしやすくロール状にした。

このベッドは7月1日から8月31日まで楽しめ、時間は9:00から11:00のサービスの予定。料金は無料で、予約も不要。ベッド数は1台(3名程度が使える大きさ)、「星野リゾート トマム」を訪れた人なら誰でも利用可能。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社星野リゾート プレスリリース:

https://www.value-press.com/pressrelease/179400

星野リゾート トマム夏の魅力:

http://www.snowtomamu.jp/topics2016/

国内旅行・国内ツアーのしろくまツアーのTOP